洋画で英語を勉強するなら日本語字幕はNG!その理由を英語講師が解説します

 

みなさま、こんにちは。英語講師の『まのとも』です。

洋画や海外のドラマで、英語の勉強をするのは楽しいですよね。

リスニングの勉強しなるし、英会話で使えるフレーズを探すにはもってこいの素材です。

しかし、洋画や海外ドラマで英語を勉強する場合、注意しなければいけないことがあります。

それは、「日本語の字幕」と「英語の字幕」、どちらで見るべきか、ということ。

結論から言うと、「日本語の字幕」で見ても、英語の学習効果はあまり期待できません。

日本語字幕は、もとの英文を忠実に日本語に訳しているわけではありません。

文字数の制限など、さまざまな理由で、正確な和訳ではないこともあるのです。

その点も踏まえて、今回は、洋画を使った効果的な学習法を、英語講師がくわしくお話しします!

洋画や海外のドラマは、リスニングの勉強だけではもったいないです。

とっておきの勉強法をご紹介するので、参考にして頂けたらうれしいです。

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

洋画を使った英語の効果的な勉強方法とは

洋画を見るとき、「英語のまま見れたらいいな」って思いますよね。

字幕なしで洋画を理解できたら、俳優さんのセリフがダイレクトに伝わって、もっと感動できるはずです。

そのためには、英語の勉強をがんばりたいですよね。

洋画で英語の勉強をする際、どのような方法で勉強すればいいのでしょうか。

多くの人がやっている方法は、

①「日本語の字幕」や「吹替」で見て、内容を理解する。

②「英語の字幕」見ながら「英語の音声」を聞く

③字幕なしで見る

多少の違いはあると思いますが、このような方法で英語の勉強をしているかと思います。

しかし、洋画で英語の勉強するのは、思った以上にハードル高いです。

セリフが早口で聞き取るのが大変

英語の字幕を見ても、読み終わる前に次のシーンに変わってしまう

英文の意味が把握しきれない

このような悩みを抱えている人がとても多いのです。

こうなると、頼りになるのは「日本語字幕」。

英文と日本語訳を照らし合わせ、ひたすら英文の意味を理解していきます。

しかし、日本語字幕に頼りっきりでは、英語の勉強にはなりません。

それは、なぜでしょうか。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

日本語字幕は正しい翻訳ではない!?

映画字幕は翻訳ではない」。これは有名な映像翻訳家である戸田奈津子さんの言葉です。

スクリーンで話しているセリフと、字幕の内容は合致していると思っている人が多いのですが、実は「全く同じ」というわけではありません。

時には、実際のセリフとは違う内容のこともあります

なぜなら、日本語字幕には、「文字数と表示時間の制限があるからです。

具体的にお話しします。

字幕翻訳のルール

英語から日本語に訳して字幕にするには、いくつかのルールがあります。

①字幕の文字数はセリフ1秒につき4文字

字幕翻訳は、セリフ1秒につき、文字数が4文字に制限されています。

たとえば、俳優さんがセリフを3秒間しゃべっている場合、3秒×4文字で、日本語で字幕にできる文字数は12文字まで、ということです。

しかし、なぜ日本語字幕には文字数に制限があるのでしょうか?

言葉を耳で「聞く」より、目で文字を「読む」方が時間がかかるからです。

セリフを全部翻訳していたら、字幕が長くなります。

長いと読むのに時間が掛かり、まだ字幕を読み終わっていないのに、次のシーンに変わってしまいます。

極端な例では、俳優さんがセリフをとっくに言い終わっているのに、まだ字幕が続いているなんてこともあるのです。

「セリフ1秒につき4文字のルール」は、観客の負担をなくすためのもの。

快適に映画を楽しむためにあるのです。

②1行の文字数は12文字から14文字程度。2行まで

字幕が長いと読み切れないので、「1行当たり12から13文字、1つの画面につき2行まで」というルールがあるのです。

行数がたくさんあったら、目を動かすのが大変ですからね。

ぱっと見て、すぐに理解できる。

日本語字幕は、わかりやすい翻訳をすることが大切なのです。

日本語字幕は正しい翻訳ではない

ここまでで、日本語字幕のルールをご紹介しました。

 日本語字幕は、文字数や行数が制限されています。

制限内にまとめるためには、セリフをカットしたり、表現の仕方を変える必要があります。

つまり、日本語字幕は、英語のセリフを正確に翻訳しているわけではないのです。

 日本語字幕を見て「このセリフかっこいい!いつか使ってみたい!」ってメモすることありますよね。

話の流れをスムーズにするために、原文とは違う訳になっていることもあることもあります。

そのためニュアンスが違ってくることもあるので、注意が必要です。

 

 

セリフと日本語字幕に「違い」がある実例 

実際の俳優さんのセリフと、日本語字幕では意訳されていることが多いとお話ししました。

意訳が残念なケースもありますが、逆にもっとよくなっていることもあります。

本当セリフより、字幕の方が心打つものもあるのです。

今回はステキな日本語字幕をご紹介します。有名なものばかりなので、皆さんご存じかもしれません。

カサブランカ

“Here’s looking at you, kid”

直訳すると「君を見ていることに乾杯」になります。

“Here‘s ~"は乾杯の時につかわれます。

結婚式、開会式、歓送迎会などでの締めの言葉や、乾杯の音頭を取る時にも使いますね。

ハンフリー・ボガードが、イングリッド・バークマンに向かって言う、あの有名なセリフ。

君の瞳に乾杯」です。

直訳のままだと、「君を見ていることに乾杯」です。「君に乾杯」でも心に響きませんよね。

それを、プロの手で、キザなセリフに変えてしまうのだから、字幕翻訳の世界は本当にすごいと思います。

ゴッドファーザー

“I’m going to make him an offer he can’t refuse”

直訳すると「彼が拒絶できない申し出をするつもりだ」となります。

文法的には正しくても、意味が伝わりません。

これが字幕では、「文句は言わさん」になります。

マフィアの凄みが、この一言で感じてしまいますよね。

タイタニック

“I’m king of the world!”

レオナルド・ディカプリオの有名なセリフです。

「私は世界の王です!」が直訳ですが、字幕では「世界は俺のものだ!」と表現されています。

ものすごい躍動感がありますよね。

主人公の想いがダイレクトに伝わってきます。

日本語字幕が英語学習の弊害になる理由とは

alt="イライラする女性"

ここまでで「映画の字幕は日本語と英語では全く同じ内容で訳されているわけではない」とお伝えしました。

ステキな意訳もありますが、本当のセリフとは全然違う意訳をしていたり、情報が思いっきり削られていることも多いです。

「英会話に使えそうなフレーズだ!」と、せっせとストックしたものの中には、英語原文と日本語訳が違うものがある可能性が大です。

英語を勉強する方にとっては、英語と日本語が一致している文章でないと、混乱するかもしれません。

特に初心者の方にとっては、意訳は応用レベル。

「どうしてこのセリフが、この日本語訳になっちゃうんだろう…」と思うこともあるでしょう。

気になるセリフがある場合は、自分で調べて正確な意味を確認することも必要です。

日本語字幕より英語字幕で勉強するべき理由とは

alt="映像の写真"

英語の字幕は、英語の音声を正確に表現しています。

洋画で英語の勉強をするには、日本語字幕ではなく英語字幕を表示させることが大切です。

「そうはいっても、英語の字幕では映画の内容が全く理解できないよ」という人が多いのではないでしょうか?

「英語字幕を見ても映画の内容が理解できない」という場合、リスニング力の不足が原因というわけではありません。

聞き取る力がないのではなく、単語力、文法力、読解力が不足しているのです。

単語がわからない

文法力が足りない

処理スピードが遅い

これらは、読解力が不足しているのが原因です。

英語の字幕が読み切れない場合は、リスニングの練習をするより、読解力をつけることが大切。

単語力をつける

文法の基礎力をつける

英語を理解する瞬発力をつける

この3つを心掛けると、、洋画は理解できるようになるのです。

はじめは、画面を一時停止しながら、英語字幕を読む練習をするでしょう。

どんどん読めるようになってきたら、一時停止せず、映画のスピードに合わせて字幕をどんどん読んでみましょう。

「映画のスピードに合わせて英文を読む」ということは、素早く読まなければいけませんね。

この練習を続けていくと、字幕だけでなく、ほかの英文がも読めるようになります。

つまり、英語長文を読むスピードが、格段に速くなるのです

緊張感をもって集中することで、リーディングスピードが上がります。

洋画を見ることが、「単なる娯楽」で終わるのか、「英語の勉強」につなげるのかは、やり方次第。

この機会に、しっかり英語の勉強が出来たらいいですね。

まとめ

alt="登頂成功の画像"

今回は、洋画を使った英語勉強についてご紹介しました。

日本語字幕のデメリットについてお話ししましたが、それは英語を学習することが目的の場合だけのこと。

日本語字幕は、自分では絶対表現できないセリフが多くあるので、翻訳家さんたちの才能に感動するばかりです。

しかし、いつかは字幕なしで映画が楽しめるようになりたいですよね。

少しでも英語のセリフを聞き取れたら本当にうれしい。

自分でも行ってみたいセリフを集めて言えるようにすれば、英会話のバリエーションも広がります。

ぜひ、楽しみながら英語に触れてください。

あなたの英語力がもっとアップすることを願っています!

JJ ENGLISHエクササイズ