TOEIC900点は日常英会話よりも簡単なワケ|英語講師がくわしく解説します

TOEIC対策コース

 

みなさま、こんにちは。英語講師のまのともです。

「英語ができるようになりたい」といっても、具体的な内容は人それぞれです。

TOEICで900以上取りたい

海外のドラマが字幕なしで見れるようになりたい

英語のニュースが聞き取れるようになりたい

日常英会話ができるようになりたい

映画を字幕なしで見たい

洋書や英字新聞が読めるようになりたい

これらは、誰もが一度は夢見たことではないでしょうか?

「TOEIC900点なんてムリ!」と思う人も多いでしょう。

しかし、実はTOEIC900点突破することより、ネイティブの生英語の方が難易度が高いです。

ネイティブのセリフを聞き取ることや、英会話は、TOEIC900点をとるより難しいのです。

今回は、これらの目標についての難易度レベルを解説します。

気軽に始めた勉強が、意外にも「難易度マックス」ということもあるかもしれません。

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

TOEIC900点はかんたんってホント???

alt="陽気な男性の画像"

TOEICで900以上取りたい

海外のドラマが字幕なしで見れるようになりたい

英語のニュースが聞き取れるようになりたい

日常英会話ができるようになりたい

映画を字幕なしで見たい

洋書や英字新聞が読めるようになりたい

これらは、誰もが一度は思うもの。

英語ができるようになったら、本当にうれしいですよね。

これらの目標は、みんな同じレベルではありません。

難易度がそれぞれ違うのです。

どれがいちばん「かんたん」だと思いますか?

結論からいうと、TOEIC900点です

生徒さん

えっウソ!

まのとも

そう思うよね。

TOEIC900点は上級者レベル。一番難しいと思うのは当然のことです。

しかし、ほかのものはTOEIC900点よりも難しいです。

いったいどういうことでしょうか?

まずは、難易度レベルを見てみましょう。

いちばん簡単なものから順に並べてみました。

TOEICで900点取る(いちばん簡単)

↓↓

洋書・英字新聞が読める

↓↓↓

英語のニュースが聞き取れる

↓↓↓

日常会話ができる

↓↓↓

海外のドラマが字幕なしで見れる

↓↓↓

洋画が字幕なしで見れる(いちばん難しい)

このような感じで難易度が違うのです。

もちろん、単純に比較できるわけではありません。

洋書は読む内容によって難易度が変わりますし、海外のドラマや映画もテーマによっては字幕なしでも簡単に聞き取れるものもあります。

また、ふだん本を読む習慣のない人の場合、洋書を読むのはかなり大変かと思います。

それでも、これらの中では「TOEIC900点がいちばん簡単」ということができるのです。

TOEIC対策コース

TOEIC900点がいちばん簡単な理由とは

TOEIC900点というと、留学経験のある人か、もともと英語ができる人じゃないと取れない点数だと思いませんか?

実際に、誰もが簡単に取れる点数ではありません。

TOEIC900点あれば、就職・転職・昇進にかなり有利になるレベルです。

「神レベル」だという人もいるくらいです。

しかし、そのTOEIC900点がいちばん簡単というのは、どういうことなのでしょうか?

まのとも

なぜなら、TOEICはノンネイティブ用の試験だからです。

TOEICのリスニング音声は、生の英語ではありません。

ハッキリとわかりやすく発音し、スピードも速くはありません。

その上、話されている英文は、学習用のていねいな表現だけです。

ネイティブが実際話している英語とは違うのです。

一方、洋書や英字新聞、海外のニュース、ドラマ・映画は、ネイティブ用です。

英語を「母語」とする人たちのために作られているので、私たちのようなネイティブでない人には、配慮が一切ありません。

スピードが速く、英語特有の音声変化が激しいので、何て言っているのか聞き取れません。

また、スラングや学校では習わない「生きた表現」がたくさんあるので、理解するのが難しいのです。

「TOEICのリスニングは速くて難しい」と思う人はたくさんいるでしょう。

しかし、「ネイティブではない英語学習者向けの試験」なので、生英語よりも簡単なのです。

TOEIC900点以上であっても、海外の映画やドラマのセリフは聞き取れない人が多いのが現実。

それほどまでに、「生英語」はとても難しいのです。

生英語の中でも難易度が違う理由とは

英語を学習するうえでの難易度は以下のとおりであることを先ほどお話ししました。

TOEICで900点取る

↓↓

洋書・英字新聞が読める

↓↓

英語のニュースが聞き取れる

↓↓

日常会話ができる

↓↓

海外のドラマが字幕なしで見れる

どのような違いがあるのでしょうか?

理由をくわしくご紹介します。

いちばん簡単なのは洋書と英字新聞

もちろん、内容が難しい洋書は、読むのは簡単ではありません。

英字新聞も、記事のテーマによって難易度が違います。

経済や政治については、日本語でも意味がわからないこともありますよね。

専門用語がたくさんあるので、難しいのです。

それでも、洋書と英字新聞がいちばん簡単なだという理由は自分のペースで読むことができるから」です。

時間をかけてゆっくり読める

わからない単語があれば、意味を調べながら読むことが出来る

時間を掛ければ、読み進めることができるのです。

むずかしい単語がなければ、洋書や英字新聞は読みやすいです。

TOEIC500点や600点レベルでも読める洋書はたくさんあります。

しかし、リスニングは、自分のペースで聞くことができません

どんどん勝手に音声が流れてしまうので、自分ではコントロールできないです。

「聞いた瞬間に理解しないといけないリスニング」と、「時間を掛ければ理解できるリーディング」を比較すると、リーディングの方がハードルが低いです。

このような理由で、洋書や英字新聞を読むのは「かんたん」といえるのです。

英語のニュースのリスニングが簡単な理由

洋画やドラマと比較してニュースが簡単な理由は「発音がはっきりしている」からです。

実際にニュースを見るとわかりますが、キャスターはハッキリと大きな声で話しています。

ニュースは公共性の高いものなので、言葉遣いがていねいです。

分かりやすい表現を使っているので、比較的理解しやすいのです。

海外のドラマより洋画の方が難しい理由

 

海外のドラマより映画の方が難しいってご存じですか?

その理由は、「ドラマは映画より時間が短いから」です。

ドラマが30分前後であるのに対し、映画は2時間前後です。

映画はドラマの4倍近くの長さがあります。

英語の勉強をする場合、時間が長いと集中力が続きません。

何度も繰り返して見るのも大変です。

ドラマが映画より簡単な理由は、それだけではありません。

ドラマは、シリーズ化されているものが多いです。

海外のドラマは、シーズン1、シーズン2というように、長く続いているものが多いです。

登場人物や状況設定が同じなので、何度も見ているうちに慣れてくるんですね。

はじめはわからない単語が多くても、同じ単語が何度も出てくるので、話の流れで意味を想像できるようになるのです。

「ドラマで英語をマスターした人が多い」というのは、そのような理由もあるのでしょう。

英会話が難しい理由とは

英会話はTOEIC900点より難しいと言われています。

英会話スクールやオンライン英会話では、初心者レベルでも習うことができるので、TOEIC900点より難しいだなんて思いもしませんよね。

しかし、TOEIC900点でも、英語が話せない人がいます。

英会話は、多くの人が思っている以上に難しいのです。

英作文が苦手な人は多いですよね。

じっくり考えて、やっと1つの文章を仕上げるといった感じではないでしょうか?

英会話は、英作文をスピードアップしたものです。

会話はキャッチボールなので、英作文のように時間をかけて考えることはできません。

相手が話した後にすぐに話すためには、瞬時に英語をアウトプットする力が必要なのです。

英会話が難しいのは、それだけではありません。

相手が何て言っているのかわからないと、返事ができません。

リスニングができないと、会話が成り立たないのです。

そして、英会話は、インプットした英文を「瞬間に」アウトプットする高度なスキルが必要

日常会話の場合は、話のテーマは無限です。

旅行、料理、趣味、子育て、学校のこと、仕事、恋愛などなど、ありとあらゆる話題があるので、オールマイティに対応するのは大変です。

特に、固有名詞がわからないと、言えないし聞き取れません。

だからこそ、英会話レッスンで多くの人たちが、挫折してしまうのです。

まとめ

alt="登頂成功の画像"

今回は、英語の目標のレベルについてお話ししました。

「英語ができたらいいな」となんとなく勉強したものの、さっぱりできなくて挫折してしまった。

これは、目標が高すぎたことが原因である可能性が高いです。

英会話スクールやオンライン英会話は、「初心者でも英語が話せるようになる」と宣伝するので、かんたんだと思ってしまうのもムリありません。

はじめから難易度がわかっていれば、目指すものが違ってきます。

TOEIC900点の方が簡単と知っていれば、軽々しくは考えなかったでしょう。

しかし、英会話は、TOEICのように難しい単語は必要ありません。

中学レベルの単語と文法をしっかり勉強すれば、話せるようになります。

自分の興味のあるテーマに絞るなど、話す内容の幅を狭くすれば、難易度をぐっと下げることも可能です。

問題集を解くだけでなく、しっかり頭に叩き込むことが必要です。

口から英文がスラスラ出てくるまで、何度も練習することが大切です。

さいごに

「ネイティブの会話が聞き取れない」

「英語では言いたいことの半分も言えない」

「オンライン英会話がだんだん苦痛になってきた…」

そう悩む人が多いですね。

英語が話せない原因は、「話す練習が足りないから」と言われています。

だから、英会話教室やオンライン英会話が大人気。

入会者がどんどん増えています。

しかし、入会する人が増える一方で、退会者も増えているそう。

「結局英語が話せるようにはならなかった」と辞める人が後を絶たないのです。

話せるようにならないのは、英語の高速処理能力が身についていないからです。

英語を日本語に訳す習慣をなくさなければ、あの速いネイティブのセリフを聞き取ることはできません。

日本語に訳していたら、英語長文や洋書をスラスラ読むことも出来ません。

頭の中で、日本語⇔英語をしていたら、話せるようにはならないのです。

英語を日本語に訳さずに理解するスキルが必要です。

英語を英語のままダイレクトに理解し、使えるようになるのです。

どうすれば、日本語に訳すクセをなくすことができるのでしょうか?

つづきは、こちらの記事をごらんください。

英語脳を身につければ、

TOEICで900点以上取りたい

海外のドラマが字幕なしで見れるようになりたい

英語のニュースが聞き取れるようになりたい

日常英会話ができるようになりたい

映画を字幕なしで見たい

洋書や英字新聞が読めるようになりたい

これらの目標を達成することはむずかしくはありません。

学校の授業でしか英語を勉強したことがないと、「英語はむずかしい」と思うのは当然のこと。

英語ができるようになるには、学校では習わない勉強方法があるのです。

英語をダイレクトに理解し、使いこなせる楽しさを実感して欲しい!

さっそく、英語の勉強をスタートさせましょう!

JJ ENGLISHエクササイズ