【TOEIC勉強法】800点の壁を超えるためにやるべきことはたったの1つだけ!英語講師が徹底解説!

TOEIC対策コース

高校・大学受験塾で英語講師をしている『まのとも』です。

TOEIC800点というと、リーディングもリスニングも結構できて、外国人とスムーズに会話ができるイメージです。

TOEIC800点あれば、会社での評価は高く、転職にも有利になります。

人に自慢できるし、「英語ができる人」として羨望のまなざしで見られます。

しかし、800点はひとつの山場。

700点台までいけても、800点はなかなか越えられない」という人が少なくないのです。

 今回は、忙しい社会人向けに、TOEIC800点を取るための勉強法をご紹介します。

800点は簡単ではありませんが、勉強方法に間違いがなければ、誰でも取れる点数です。

では、さっそくいってみましょう!

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

TOEIC800点はどのくらいメリットあるの?

大学生にとって、TOEICのスコアをアピールできるのが「就活」

就職活動の際に履歴書に書けるスコアは600点以上と言われています。

TOEIC Program DATA&ANALYSIS 2020

実際の数字を見てみると、大学生のTOEIC平均スコアは574点です。

600点以上あれば、平均以上の大学生として認められるでしょう。

しかし、600点の場合、アピールポイントとしては少し弱いかもしれません。

800点以上あれば、英語の能力があることだけでなく、努力したことも企業側に伝わります。

同期たちに差をつけるためにも、800点は何とか欲しいものです。

 

社会人の場合は、会社内での「昇進や昇給」にTOEICのスコアが考慮されます。

一般社員の平均スコアは488点であるのに対し、課長は506点、部長531点、役員539点

役職が上がるほどTOEICのスコアも高くなっています。

昇進に求められるスコアは企業によって違いますが700点以上が多いので、800点以上取っていると有利になるでしょう。

TOEIC800点の英語力とは

こちらの表は、2019年TOEIC公開テストでの受験者をスコア別に示したものです。

800点以上取った人の割合は、全体の約14%でした。

受験者の約1割程度しか、800点以上取れていないのです。

TOEICで800点以上取ることが、いかに難しいかがわかりますね。

では、TOEIC800点超えの人の英語レベルはどのくらいなのでしょうか

800点台の英語レベルは、英検準1級と同じくらいです。

この表で示されているレベルは860点以上なので、800点台の人すべてに当てはまるわけではありませんが、文法的に正しい英語をスムーズに使いこなすことができるレベルといえます。

しかし、実際のところ「TOEIC800点を越えても英語があまり話せない」という人は、少なくありません。

TOEICL&Rという試験は、リスニングとリーディングのみの試験です。

ほとんどの人がリーディングとリスニングに絞って勉強しているので、TOEIC800点という高いレベルであっても、話せない人もいるのです。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

TOEIC800点を越えるために必要な勉強時間はどれくらい?

800点を超えるためには、どのくらい勉強すればいいのでしょうか。

この図は、社会人の方々の英語学習状況を表しています。

英語活用実態調査 

全体の約40%の人が、普段から英語の学習をしていることがわかります。

1週間の勉強時間は「平均で3時間42分」であるのに対し、「800点以上の人は6時間4分」と大きな差があります。

800点以上の高得点を目指すためには、より多くの時間をかけて勉強する必要があります

忙しい社会人にとっては、時間のやりくりは大変ですね。

通勤時間や休憩時間など、すき間時間を有効活用して、少しでも勉強時間を確保する必要があります。

TOEIC800点越えする方法 やるべきことはたったの1つ

そうはいっても、勉強時間を確保するのは、難しいですよね。

時間がないのであれば、効率よく学習するしかありません。

単語・文法・長文読解・リスニングは、どれも大切。

しかし、時間がないのであれば、優先順位をつけて勉強することも、効率性を上げるひとつの方法です。

結論から言うと、TOEIC800点越えするために最優先すべきことは「文法」です。

「単語の方が大事」という人も多いですが、「文法」と「単語」のどちらを優先すべきかは、人によって違うのではないかと思っています。

英語講師として多くの生徒さんを指導して思うことは、

「文法力がついていない段階で単語ばかり勉強しても、英語はできるようにはならない」ということです。

その理由を、英語ができない原因を踏まえて、お話しします。

英語が英語ができない(主にリーディング)理由は、大きくわけて3つあります。

①単語がわからない

②文法がわからない

③単語も文法もわからない

詳しくご説明します。

単語がわからない人の場合

単語の意味がわかれば、英文を理解することができます。

これは、あたりまえのように思われますが、実はみなさんが気づいていないポイントがあります。

それは、「単語がわかれば英文は理解できる」という人は、「文法力がかなりある人」ということ。

1つの文が、2行も3行も続く長い英文もあります。

修飾している部分が1つの文の中にあちこちあるので、文法力のないと「主語」と「動詞」をすぐに見つけることができません。

しかし、文法ができる人は、かんたんに見抜くことができます。

ひとつの文が長い英文でも、すぐに文の構造がわかるのです。

このように文法ができる人は、単語力さえつければ、読解力がぐんとアップします。

もし、あなたがこのタイプでしたら、TOEIC800点を突破するための対策はかんたんですね。

単語単語・単語です!

単語を覚えることに集中しましょう。

それだけで、TOEICのスコアは一気にアップしますよ。

②文法がわからない人の場合

長文が読めないのは、「文法力不足」というケースもあります。

文法力が不足している」ということに気がつかず、「単語さえできればわかるようになる」と単語の勉強を一生懸命している人が多いです。

なぜ多くの人は、「単語を覚えれば英語はできるようになる」と思うのでしょうか。

「学校で勉強をしたから文法の基礎力はある」と思っているからですね。

しかし、自分が思っている以上に、英文を読むための文法力が不足しているのです。

新しく塾に入ってくる生徒さんは、「単語の意味さえわかれば長文は読める」と思う人が多いです。

私は、読めない原因を見極めるために、初回の授業では、単語の意味を最初に教えてから長文を読んでもらうようにしています。

生徒さんに長文の内容を聞いてみると、間違えて解釈していることが多いのです。

なかには、全然違う話になっていることもあり「どうしてそんな話になっちゃったんだろう」と苦笑する生徒さんもいらっしゃいます。

「単語を知っていても長文が読めなかった」

生徒さんは、この経験をして初めて自分自身の「文法力不足」に気づきます。

そして、文法を基礎からやり直すと、みなさん長文の読解力がぐんと伸びていきます。

短期間で、難関大学の問題も解けるようになる生徒さんもいます。

文法は、難しい文法問題を解くためのものだけではありません。

基礎的な文法は、リーディング力をアップさせるためには必須です。

リーディングだけでなく、リスニングや会話ができるようになるためにも、文法は必要なのです。

TOEIC800点クラスになると、「文法力はある」と思う人が多いですが、実は基礎力が不足しているケースがよくあります。

リーディングスピードが遅い場合、「文法力不足」が原因になっていることもあります。

「リーディングが速く読めない」という方は、まず文法の勉強をやってみてくださいね。

③単語も文法もわからない場合

わからない単語が多すぎると、短くてかんたんな文法の英文でさえ理解できません。

単語も文法も両方足りない場合は、単語の勉強を優先するほうがいいでしょう。

単語がわかれば推測を働かせることが出来るので、なんとか英文が読めるものです。

本当は文法力も欲しいですが…、時間が全くないのであれば単語を勉強しましょう。

単語学習で大切なことは、

・見た瞬間に意味が分かる

・日本語ではなく英語のままで理解する

・発音も一緒に覚える

この3点は必ずできるようにしたいです。

TOEIC800点を越えるには、やはり文法力は必要です。

英文を読むスピードを上げ、リスニングを瞬時に聞き取るには、英文の文構造を理解し、英語を英語のまま理解する力が必要なのです。

英文法は理解できるだけでは、じゅうぶんではありません。

使いこなすようになれたその時、TOEIC800点に手が届くでしょう。

具体的な学習方法については、これからご紹介します。

TOEIC800点の壁を越えるためには「文法」を攻めるべし

「文法の勉強しなくても英語はできるようになる」という人がいますが、その方たちは間違いなく文法力がある人たちです。

この言葉に惑わされることなく、文法の勉強をしっかりしていきましょう。

  • 5文型(とくにSVOO,SVOC)
  • 受動態
  • 現在分詞・過去分詞
  • 分詞構文
  • 仮定法
  • 比較
  • 倒置

これらはすべて中学・高校で勉強するところです。

多くの方が苦手意識を持っているところですが、TOEICで800点を超えるためにはしっかり学習する必要があります。

「公式問題集を何度も解けばできるようになる」と、ひたすら問題を繰り返し解いている人も少なくありません。

しかし、基礎力がないまま応用問題ばかりやっても、なかなか理解できません

「どうしてそうなるのか」という理屈がわからないと、いつも同じような問題でミスを繰り返すのです。

文法問題は、解いて理解して終わり、ではありません。

・必ず音声を聞く

・音声を聴いたら音読する

・何度もリスニングと音読を繰り返す

これらのステップが必要です。

何度も音読していると、自然に暗記できてしまいます。

暗記して、初めて「使える文法」になるのです。

文法問題は、じっくり考えて解くのではなく、問題を見た瞬間に英文のパターンを理解し、考えなくても自動的に解けるようになることが目標です。

英文を何度も繰り返しリスニングし、音読しましょう。

音読の回数は、1つの文につき50回以上が目安です。

できれば、100回以上繰り返すことをおススメします。

それくらい積み重ねれば、英語を英語のまま理解できる「英語脳」が完成し、日本語を介さず英語のまま理解できるようになります。

Part5の英文をきちんと品詞分解して読めるようになれば、Part6、Part7の英文もスラスラ読めるようになるので、大きな手ごたえを感じることができるでしょう。

英文法は、ネイティブの音声を聞きながら音読をするのが効果的です。

必ず音声付きの教材を選びましょう。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

TOEIC800点の壁を超える勉強法 リスニングは音読が効果的

リスニング力をアップさせるには、「聞く力をつけなければいけない」と思う人が多いです。

しかし、聞き取れないのは「耳」だけのせいではありません。

リスニング力をアップさせるには、「リスニングができない原因」を知ることが必要です。

リスニングができない原因

①英語特有の音が聞き取れない

②英語を英語のまま理解できない

大きくこの2つに分けることができます。

①英語特有の音が聞き取れない

英語特有の音とは、日本語にない音のことです。

母音の発音の仕方は、日本語と違います。

子音は日本語にはありません。

また、英語には音声変化があります。

となりの単語と単語の音がくっついたり、なくなったりすることで音が変化するのです。

例えば、「Check it out」が「チェック イット アウト」ではなく、「チェケラゥ」と聞こえるのです。

この音声変化を、ひとつひとつ学ぶのは大変なことではありません。

音声変化のパターンは数が限られているので、集中して勉強すれば短期間でマスターできます。

そして、発音は一度身につければ、一生モノです。

単語のように、覚えてもすぐに忘れてしまうことはないのです。

なにより発音がネイティブのようにかっこよくなるので、自分に自信を持つことができるのです。

英語特有の音声変化の勉強方法については、こちらの記事をご覧ください。

②英語を英語のまま理解できない

音は聞き取れるけれど意味が理解できない」という人もいます。

私もこのパターンで、どうして理解できないのか非常に悩みました。

試行錯誤した結果、音は聞き取れるけれど意味が理解できない」理由は、「文法力不足」ということが分かったのです。

「リスニングと文法がどう関係するの?」と思いますよね。

「リーディング」と「リスニング」は別物だと思われがちですが、根本は同じです。

元の英文は同じでも、目で見て読むのがリーディング、耳で聴きとるのがリスニングなのです。

 

しかし、この2つには大きな違いがあります。

リーディングは自分のペースで読むことができますが、リスニングは自分でコントロールできません。

TOEICのリスニングは、速いスピードで流れます。

ネイティブの生英語であれば、もっとスピードは速くなりますよね。

速いスピードで話される英文を、たった1回聞いただけで理解しなければならないのだから、リーディングよりリスニングの方がはるかに難しいのです。

英文を聞いた瞬間から理解できるようになるには、「音読」が効果的です。

音読をすることで、文法を頭に叩き込むことができます。

 

英語を高速に処理できる「英語脳」を作り上げることができるのです。

「音は聞き取れるけれど意味が理解できない」理由は、文法をしっかりマスターしていないので、英語を理解する瞬発力が足りないからです。

試しに、聞き取れない英文を読んでみてください。

おそらく、読むのに時間が掛かると思います。

今度は、聞き取れる英文を読んでみてください。

あっと言う間に、読めてしまうはずです。

リスニングは、リーディング力に比例するのです。

音読を繰り返し、スラスラ読めるようになった英文は、聞き取れます。

「音が聞き取れない」のか「音は聞き取れるけれど意味が理解できない」のかによって、取るべき対策が変わってきます。

あなたは、どちらのタイプでしょうか?

聞き取れない原因を見極めて、自分に合った勉強をしましょう。

TOEIC800点の壁を超える勉強法 リーディングスピードを上げる秘策

TOEICの最大の悩みとして「時間内に終わらない」ということが挙げられます。

TOEIC800点クラスでも、リーディングが時間内に終えることができない人が多いです。

時間内に終えるためには、読むスピードを上げることが必要です。

スピードを上げるには、時間を計って早く読むようにするなどいろいろな方法がありますが、私のおススメは「オーバーラッピング」です。

オーバーラッピングとは、音声を聞きながら音読すること(テキストを見ながら)です。

「音声を聞きながらテキストを声に出して読む」ことは、けっこう大変です。

単なる音読なら、自分のペースで読めますが、オーバーラッピングはネイティブの音声に合わせて読む必要があります。

強制的に速く読まされるので、リーディングスピードをアップさせるには、最高の訓練方法なのです。

はじめは大変ですが、慣れてくるとどんどん速く音読できるようになります。

速く音読できれば、リスニング力もアップします。

速く読めれば、速いスピードのリスニングも楽に聞き取れるようになるのです。

音読の効果はこれだけではありません。

くわしくは、こちらの記事をご覧ください。

TOEIC800点を越える勉強法のまとめ

今回は、TOEIC800点を越えるための勉強法をご紹介しました。

英文を速く読む方法をマスターした後は、多読をおススメします。

英語の勉強というと、とかく問題集を解くことに専念しがちです。

問題集やテキスト以外の英文に触れたことがない、という人も少なくありません。

英語が読めるようになるには、問題を解くだけでなく、たくさんの英文に触れることも必要です。

そして、TOEIC800点を越えるには、実はもっと大切なことがあります。

それは、「国語力」です。

「第二外国語は母語を超えることはない」とよく言われます。

日本語の力がなければ、英語をどんなに一生懸命勉強しても、頭打ちになってしまうのです。

日本語でも本を読むのが苦手な場合、英語の長文を読むのも苦手という人が多いです。

まれに、国語はできても英語ができないという人がいますが、それは英語の正しい勉強方法がわからなかったために成績が伸びなかっただけです。

これから、TOEIC800点を目指すのであれば、英語だけでなく日本語も読む力をつけていくことが大切です。

普段から本や新聞を読み、長い文章に慣れていきましょう。

さいごに

「リスニングが速くて全然聞き取れない」

「英語長文を読むのに時間がかかる」

「長文問題を読み終わった後、内容が頭に残らない…」

そんな経験はありませんか?

英語が「読めない」「聞き取れない」原因は、英語の処理能力が遅いから。

英語を英語の語順のまま理解できないので、英文を読むスピードが遅く、聞き取ることができないのです。

学校の授業では、英文を日本語に訳して理解します。

英語を正しい日本語に訳すには、返り読み」が必要です。

たとえば、I play tennis.を日本語に訳す場合、英語の語順では、「①私は」「②する」「③テニスを」です。

日本語に訳すと「①私は」「③テニスを」「②する」です。

英文を頭から読んでいたのに、途中で目線を文の後ろに向けなければいけませんよね。

「英語長文を最後まで読んだけれど、内容が頭に残らない」というのは、「返り読み」の作業に集中して、意味を取る余裕がないからです。

「返り読み」のせいで、英語ができない人が大量に増えています。

リスニングが聞き取れないのは、何が原因でしょうか?

「ネイティブの速い音が聞き取れない」と思いがちですが、原因は「音」だけではありません。

聞き取った英文を頭の中で和訳しているので、リスニングが聞き取れないのです。

リスニングは一発勝負です。

聞いた瞬間に理解しなければ、間に合いません。

日本語に訳さず、英語のまま理解できるようになるには、英語脳を身につける必要があります。

英語脳が育てば、英語長文がスラスラ読め、リスニングも聞いた瞬間に理解することが出来るようになります。

英語脳を身につける勉強方法とお勧めの教材については、こちらの記事をごらんください。

英語力を身につけるまで、妥協しない、あきらめない。

もっと欲張りな人生を送りましょう!

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ JJ ENGLISHエクササイズ