【初心者向けTOEICリーディング対策】公式問題集をおススメしない理由とは!?英語講師が解説します。

 

高校・大学受験塾で英語講師をしている「まのとも」です。

TOEICの長文が苦手という人がとても多いです。

実は、私も同じく苦手(笑)

時間内に終わらなくて、最後はいつも慌ててマークシートを塗りつぶすだけ。

どうしたら、こんなに大量の英文を時間内に読めるようになるのだろうと悩んだことがありました。

TOEICのスコアが800点を超えても、満足に長文を読むことができなかったのです。

読解力を鍛えるためには、「TOEICの公式問題をやるのがいちばん」と多くの人がいいます。

それを信じて、私も公式問題集をやりまくりましたが、結果としてスコアが伸びることはありませんでした。

そこで私は、TOEIC公式問題集をやめて、勉強方法を切り替えました。

その結果、長文を読むスピードが速くなり、TOEICのリーディングが時間内に終えることが出来たのです

なぜ公式問題集をやめることで、TOEICのスコアを上げることができたのでしょうか?

今回は、TOEIC公式問題集が初心者向けではない理由と、効果的なリーディング対策法をご紹介します。

TOEICのリーディングスコアがアップするので、ぜひお試しください!

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

TOEICの公式問題集をいきなりやるのは逆効果なワケ

TOEICの公式問題集を解くことで問題の傾向がわかり、最短で効率よくTOEICの対策を取ることが出来ます。

しかし、いきなりTOEIC公式問題集に手を出すのはオススメできません。

TOEIC公式問題集は、受験者すべてをターゲットにしたもの。

スコアによってレベル分けされているものではありません。

そのため、中級者や上級者の人にとっては実力試しになりますが、初心者の人にとっては難しく感じるはずです。

公式問題集を解いて、わからないところの解説を読んでも、理解できないケースが多くあります。

基礎的な解説は省略されていることが多いため、納得するまで勉強を進めることが出来ないのです。

TOEIC公式問題集は、試験の直前対策として使うことが効果的です。

本番と同じように時間を計って実施することで、より実践的な勉強をすることができます。

初心者よりも、中級者や上級者向けの問題集。

初心者の方は、公式問題集に取り組むより、自分のレベルに合った「レベル別の問題集」に取り組む方が、はるかに効果的なのです。

 

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

TOEICのリーディングのスコアが伸びない理由は3つ

TOEICのリーディングのスコアが伸びない理由は、主に3つあります。

1.文法力が不足している

2.間違った単語の覚え方をしている

3.日本語に訳して意味を理解している

具体的にみていきましょう。

 

1.文法が不足している

リーディング力をアップするには、「文法力」が必須です。

「文法より単語が大事」という人が多いのですが、私はそうは思いません。

なぜなら、単語が大事という人は、基礎的な文法力がしっかりある人ばかりだから

長い文章でも、どれが主語で述語なのか、英文の構造がすぐに見抜ける

基礎力が十分にあるので、英語に対する勘が働く

日本語の運用能力が高い

このような特徴があります。

このような人は、語学力があるので、単語の意味さえ分かれば英文が理解できてしまいます。

だからこそ、単語力が大事だというのですね。

しかし、文法力が不足している人の場合は、単語がわかっても英文の意味がわからないことがよくあります。

たとえば、次の英文をご覧ください。

I just don’t like him.

I don’t just like him.

この2つの英文はどこが違うのでしょうか?

「don’t 」と「just」の位置が違いますよね。

実は、この位置の違いだけで、ぜんぜん意味が違ってくるのです。

I just don’t like him.は、「私は彼がぜんぜん好きではない」

I don’t just like him.は、「私は彼をただ好きなだけではない」すなわち「めちゃくちゃ好き♡」ということになるのです。

「don’t 」と「just」の位置が変わるだけで、意味が正反対になってしまうのです。

これは、「否定語not」と「justという副詞」の位置の関係が重要なポイント。

①は、just 「まったく」が、don’t という否定語を修飾しているので、否定が強調されています

②はdon’tがjust「ただ単に」を修飾しているので、「単に好きというだけではない」⇒「ものすごく好き」ということになるのです。

 単語も大事だけれど、文法を知らないと意味が理解できないことがあるのです。

英文法は、英語のルールです。

ルールを勉強しないと、英語を正確に理解するのは難しいのです。

Simple English Magic 81/シンプルイングリッシュ

 

2.間違った単語の覚え方をしている

さきほど、単語よりも文法が大事だとお伝えしました。

しかし、あまりにも知らない単語が多いと、文法力があっても英文を理解することが出来ません。

TOEICのPart6.7の長文問題も、わからない単語が多いと内容が理解できないのです。

そのため、単語力がないまま公式問題集を解いても、なかなか英語力がアップしません。

単語力が不足していると思う人は、単語を集中して覚えるようにしましょう。

 しかし、なかなか単語を覚えられないという方も多いのではないでしょうか?

私も単語を覚えるのは苦手。

努力だけでは、覚えられない時もあります。

私が単語を覚えるときに工夫したのは、次の3点です。

①何度も繰り返す

②夜寝る前に暗記する

③語呂合わせで覚える

具体的にご紹介します。

 ①何度も繰り返す

「人の名前をなかなか覚えられない」という経験はありませんか?

私は、人の名前を覚えるのが苦手で、初対面の人の名前を覚えられないのです。

でも、さすがに何回も会っていると覚えますよね。

単語も同じで、何度も勉強すれば記憶に残ります。

しかし、単語だけ長時間勉強するのは、おススメできません。

記憶を強化するには、繰り返しが重要ですが、長い時間同じことを繰り返していると飽きてきます。

集中していないので、勉強をやっていても頭に入りません。

単語を覚えるコツは、短時間の勉強を何度も繰り返すこと。

一度に完璧に覚えようとせず、忘れてもいいので、何度も目を通すことがポイントです。

5分、10分など、短い時間に区切って勉強すると、飽きることなく集中して勉強できます。

「机で勉強すると全然覚えられないのに、通学や通勤時間で勉強した単語が意外に記憶に残っている」という経験はありませんか?

電車に乗る時間は決まっているので、降りるまでが勉強時間。

電車に乗っている20分、30分(それよりも多い人もいるでしょう)が勝負です。

机でなんとなく勉強するより気合が違うのです。

また、体を動かしながら勉強すると暗記しやすいと言われています。

部屋を歩き回りながら暗記すると、じっと座って勉強するより頭に入りやすいです。

ぜひ、試してみてくださいね。

 

②夜寝る前に暗記する

寝る前に単語を勉強すると、記憶に残りやすいと言われています。

マンガ「ドラゴン桜」でも、わかりやすく解説してあります。

覚えたことは、まず短期記憶として保存される。

これはすぐに忘れる。

長期記憶に変わるのは寝ている時だ。

だから寝る直前まで必死に勉強を続けろ。

これは、桜木先生のアドバイスです。

寝る前に単語の勉強をすると、次の日にはけっこう覚えていてビックリした経験があります。

だから、わたしは、覚えにくい単語を寝る前に集中してやるようにしています。

朝起きて覚えているか確認すると、けっこう覚えているのです。

達成があるので楽しい。

楽しいから、前向きになれます。

それでも、覚えられない単語ってあります(T_T)

そんな時は、最終手段。語呂合わせです(笑)

 

③語呂合わせで覚える

語呂合わせは、最後の手段で使っています。

何回やっても、どうしても覚えられない単語ですね。

その場合、私は語呂合わせで覚えています。

mend( 修正する)→【面倒】だけど修正するしかない

detergent (洗剤)→【出たー!ジェント】ルマン専用の洗剤が新発売

このような感じです。ちょっとバカバカしくて笑えませんか?

けれど、くだらなすぎて一度覚えたら忘れないんです!

バカバカしいけれど、結果を出すことができたので、語呂合わせも悪くないと思っています。

自分で語呂合わせを考えるのは大変だと思う方は、こちらの本を使ってみてください。

イラストもあるので、かなり覚えやすくなっています。

イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語

 

語呂合わせで覚える方法は、向き不向きがはっきりしています。

興味のある人は試してみてください。

ただし、全部の単語を語呂合わせで覚えることはオススメしません。

正しい発音ではないので、リスニングで聞き取れない可能性があるからです。

どうしても覚えられない単語だけにしましょう。

 

3.日本語に訳して意味を理解している

英文を日本語に訳して理解していませんか?

学校の授業では、日本語に訳して英語を理解してきたので、無理もありません。

しかし、英文を日本語に訳していると、英語はできるようにはなりません。

日本語に訳す作業に追われ、英語長文を読むスピードがどうしても遅くなってしまうのです。

日本語に訳すには、「返り読み」の作業が必要です。

英文を一度読み、その後、日本語に訳すために英文の後ろの方から焼く仕上げていきます。

この作業が「返り読み」です。

英語の語順を無視して、うまく日本語に訳せるよう、目線をあちこち移動させる必要があります。

長い英文の場合は、返り読みの作業で頭が混乱し、1度読んだだけでは意味が理解できません。

また、最後まで英文を読んでも、頭の中に内容が残っていないというケースがよくあります。

これは、返り読みの作業に集中しすぎているため、内容を記憶しておく余裕がないから

英文を読むには、返り読みのクセをなくす必要があります。

英文を英語の語順のまま理解する。

すると、英語長文の読解スピードは、飛躍的にアップします。

英文を英語の語順のまま読めるようになるには、「音読」が効果的です。

音読の具体的やり方については、こちらの記事をご覧ください。

音読は、ただ単に声を出して読んでも、効果が上がりません。

英語力を上げるためには、音読のやり方が大事なのです。

効果的な音読方法で英語力を飛躍的にアップさせる方法と、おすすめの教材については、こちらの記事をご覧ください。

しっかり音読することで、短期間でダイレクトに英語が理解できる「英語脳」を身につけることが出来ます。

英語脳を身につければ、TOEICの英語長文も速く読めるようになります。

TOEICは、短時間で大量の情報を処理する「高速処理能力」が必要です。

ぜひ、効果的な音読でトレーニングをして、英語脳を身につけていきましょう!

まとめ

今回は、TOEICの公式問題集をいきなりやるのは逆効果な理由と、リーディング力をアップさせる方法をご紹介しました。

高校入試や大学受験も、過去問をやることで、効率よく志望校対策を取ることが出来ます。

TOEICも同様で、公式問題集を解くことで、TOEICの問題に慣れることが出来るのです。

しかし、公式問題集をいきなり解いても、英語長文は読めるようにはなりません。

実践問題に挑戦するより、基礎力をつけたほうがスコアアップにつながるのです。

単語力、文法力をつけ、日本語に訳さずダイレクトに英語を理解できる力がつけば、TOEICのリーディングでハイスコアが期待できます。

英語脳をマスターできる音読を、ぜひ試してみてください。

3カ月後、あなたのリーディング力は、想像以上にアップしているでしょう。

【英語脳を身につけるパワー音読】JJENGLISHエクササイズ JJ ENGLISHエクササイズ