TOEICリスニングが聞き取れない人の共通点は「発音が下手」という衝撃な事実!英語講師がくわしく解説します。

TOEIC対策コース

こんにちは。英語講師のまのともです。

「TOEICのリスニングが速くて聞き取れない」と思う人はとても多いです。

リスニングが苦手な場合、多くの人は「英語をたくさん聞けば聞き取れるようになる」と信じています。

しかし、聞き取れないのは、「耳」のせいではありません。

たくさん英語を聞いて耳を鍛えても、リスニング力はアップしないのです。

実は、リスニングが苦手な人にはある共通点があります

それは、「発音が悪い」ということ。

正しい発音ができていない人がとても多いのです。

逆に言えば、リスニング力がある人は、発音がとても上手。

英語特有のリズムを完全にマスターし、日本人が苦手な「R」の発音もネイティブ並みにきれいに発音できるのです。

しかし、リスニングと発音には、どのような関係性があるのでしょうか?

今回は、その秘密と、発音の勉強をすることでリスニング力をあっという間にアップさせる方法をご紹介します。

それでは、早速はじめましょう!

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

どうしてリスニングができない人は英語の発音が下手なのか?

リスニングが苦手な人の多くは、ネイティブの話すスピードがとても速いと感じています。

「早すぎてスピードについていけない」「何を言っているのかさっぱり聞き取れない」そう思う人がとても多いのです。

確かにネイティブのスピードは速く感じますが、実は聞き取れないほど速くはないのです。

英語はリズムがあります。

強く発音したり、弱く発音したり、メリハリのあるリズムです。

一気にスピードにのって発音し続けると思ったら、ゆっくり発音するところもある。

平たんな発音の日本語に比べて、かなりアップダウンがあるので、速く感じるのです。

この英語のメリハリは、英語特有のリズム・アクセント・イントネーション・音声変化が要因となっています。

日本語にはない音が多いので、英語特有の音を理解していないと、意味の分からない雑音のように聞こえてしまうのです。

「聞いたことがない音」や「正しく発音できない音」は、聞いても理解できません。

勉強したことがある単語であっても、リスニングでは聞き取れないことがあるのです。

その逆に、英語特有の音を理解し、正しく発音できる人は、リスニングでも聞き取ることができます。

なぜなら、正しく発音できる音は、耳で聞いても聞き取れるから

正しく発音できるということは、正しく音を聞き取り再現できるということ。

英語の正しい発音方法を理解し、音を聞き分けることができるので、自分でも正確に発音できるのです。

正確に発音できるということは、ネイティブに近い発音ができるということ。

だからこそ、発音が上手なのです。

TOEICのリスニング対策には発音が重要な理由

「たくさん聞けばリスニングは出来るようになる」

そう信じている人がとても多いです。

しかし、ただひたすら聞く量を増やしても聞き取れるようにはなりません。

耳が慣れて聞こえるようになる」ということはないのです。

聞き取るためには、単語や英文の正しい発音方法を理解することが必要です

理解するだけでなく、実際に発音できることが大切です。

発音の勉強は、ネイティブのようなきれいな発音ができることだけが目的ではありません。

正しい発音ができるからこそ、音を聞き分けることが出来る。

発音の勉強は、リスニング対策としても大きな効果があるのです

リスニングが聞き取れない人がやっている間違った発音方法

リスニングが聞き取れる人と、聞き取れない人の違いは、正しい発音方法をマスターしているかどうかということです。

聞き取れない人はどのような発音をしているのでしょうか?

①カタカナ英語で発音している

英語の発音方法を知らないと、ローマ字読みで発音しがちです。

いわゆる「カタカナ発音」ですね。

文章や単語をそのまま読むと、カタカナ発音になります。

tomato   トマト

banana   バナナ

Japan     ジャパン

America アメリカ

このように、ローマ字読みでもなんとか発音できるのです。

しかし、ローマ字読みは、正しい発音ではありません。

tomatoは「タァメェィトォゥ」と発音します

カタカナ英語の「トマト」とはずいぶん違いますよね。

日本人が英語をカタカナ読みしてしまう一番の理由は、「ローマ字表記」に慣れてしまっているからだと言われています。

ローマ字読みをすれば、英単語は読めてしまいます。

しかし、ローマ字読みは、あくまで「アルファベットを使った日本語読み」でしかありません。

正しい英語の発音には、対応していないのです。

カタカナ英語は、実際の英語の発音からかけ離れています。

カタカナ英語は間違った発音方法。

まちがった音で覚えてしまうと、リスニングは聞き取れません。

単語を覚えるときは、必ず音声を聞いて正しい発音方法を確認することが大切です。

 

②単語をひとつずつ発音している

発音の仕方がわからない単語は、発音記号を調べて正しい発音をする必要があります。

しかし、単語を正確に発音できても、リスニングでは聞き取れないこともあるのです。

その理由は、ネイティブは単語をひとつひとつ発音しないから。

単語ごとに発音するのではなく、単語同士の音をくっつけて発音するのです。

単語と単語をつなげて話すと、音は変化します。

たとえば、「check it out」ですが、「チェック・イット・アウト」とは発音しません。

チェケラゥです。

それぞれの単語の、頭とおしりをくっつけたので、音が変化していますよね。

この音声変化を知らないと、リスニングは聞き取ることが出来ません。

「check it out」=「チェケラゥ」と知らなければ、聞いても理解できません。

チェケラゥ」というひとつの単語があるのかと勘違いしてしまいそうです。

なぜ、音が変化するのでしょうか?

その理由は、「言いやすいから」です。

ひとつひとつの単語を正確に発音すると、言いにくくて大変だからです。

日本語も音声変化があります。

せんたくき ⇒ せんたっき

たいいく ⇒ たいく

これらは、正しく発音すると言いづらいですよね。

だからこそ、言いやすいように音を変化させているのです。

リスニング力をつけるには、英語の音声変化の学習も大切なのです。

 

③日本語のリズムで英語を発音している

日本語は、全ての音を同じリズムで発音します。

平たんな発音ですね。

棒読みに近いのが、日本語です

一方、英語は強い音、弱い音があり、強弱をはっきりつけリズミカルに発音します。

たとえば、「banana」。

日本語は「バナナ」。「バ・ナ・ナ」の3つの音は、おなじ強さです。アクセントもリズムもありません。

一方、英語は「バ・ーナ」

はじめの「ナ」にアクセントがあり、「バ」と「ナーナ」の2拍です。

外国人は、「こんにちは」ではなく、「コチハ」と言いますよね。

日本人は「こ・ん・に・ち・は」と、どれもおなじ強さで発音し、文字の数と同じ5拍のリズムです。

しかし、英語はリズムとアクセントがあるので、「コ・チハ」と「ニ」にアクセントを置き、2拍で発音するのです。

英語のリスニングができる人は、英語のリズムとアクセントをマスターしています。

英語が聞き取れるようになるためには、このリズムとアクセントを身につける必要があります。

TOEICのリスニングが聞き取れるようになる「正しい発音練習法」とは

英語が聞き取れないのは、

「カタカナ発音をしている」

「単語をひとつずつ発音している」

「日本語のリズムで発音している」

が大きな原因です。

この3つの問題を解決するには、どのような勉強をすればいいのでしょうか?

それぞれについて、具体的にご紹介します。

 

①フォニックスで英語の正しい発音をマスターする

フォニックスとは、「英語のつづり」と「音」の法則です。

日本の子どもたちが、ひらがなを「50音」で覚えるように、アメリカやイギリスなど英語圏の子どもたちは、「フォニックス」で英語を学びます。

フォニックスをマスターすることで、英語を正しく読むことができます。

はじめてみた英単語を正しく発音できる

耳で聞いた音で単語のつづりを正しく書ける

つまり、単語のつづり(スペル)と発音を、同時に理解することができるようになるのです。

フォニックスは、子供向けの英会話教室でレッスンすることが多いです。

小さいうちから発音を学ぶと、ネイティブに近い発音がマスターできますからね。

しかし、大人になってからでも遅くはありません。

今から、しっかり勉強していきましょう。

この動画は、子供向けのフォニックス講座「あいうえおフォニックス」の大人向けバージョンです

 

ぜひ、楽しみながら練習してみてください。

 

②英語特有の音声変化を学ぶ

英語特有の音声変化とは、お隣同士の単語と単語の音がくっつくことで、音声が変化することです。

Just a little」(ちょっとだけ)は、日本人が発音すると「ジャスト・ア・リトル」です。

 

しかし、ネイティブの場合、「ジャスタリゥになります。

単語をひとつひとつ発音しないので、単語同士がくっつき、音声変化を起こすのです。

I’m not sure」(よくわからない)は、「アイム・ノット・シュア」ではありません。

アイナッシュオと発音します。

英語の音声が変化することを知らないと、「ジャスタリゥ」や「アイナッシュオ」と聞いても理解できませんよね。

この音声変化をマスターすれば、英語のリスニングはかなり聞き取れるようになります。

この音声変化にはルールがあります。

音声変化のルールを覚えてしまえば、どの英文にも使えるので応用がききます。

たくさんの音声変化を全て学ぶ必要はないので、安心してください。

音声変化についての詳しい解説はこちらの記事をご覧ください。

まとめ

今回は、リスニング力と発音の関係についてご紹介しました。

「リスニングができない原因は聞く量が足りないから。たくさん聞けば聞き取れるようになる」と信じている人があまりにも多いのです。

そのため、音声をひたすら聞きまくりますが、ほとんど聞き取れるようになりません。

自分には、英語の能力がないのだと諦めてしまう人がとても多いのです。

英語は、世界中の人が話している言葉です。

才能など関係ありません。

正しい方法で勉強すれば、リスニングも出来るようになるのです。

英語の発音は、一度マスターすれば一生モノです。

車の運転と一緒。

できるようになったら、忘れないのです。

短期間で集中して学び、TOEICのリスニングスコアをガンガン伸ばしていきましょう。

JJ ENGLISHエクササイズ