【英会話で挫折した人向け】「Simple English」がオススメな理由|英語講師がくわしく解説します

Simple English Magic 81/シンプルイングリッシュ
alt="空港"

英語講師のまのともです。

英語をやるために、時間とお金を結構使いませんでしたか?

それでも、英語が話せない。

諦めてしまうのも無理はありません。

しかし、英語が話せないのは、必ず原因があります。

今まで何をやっても上手くいかなかった。

そんな人々からの評価が高いのが、英会話教材【Simple English】。

「Simple Englishで、初めて英語が話せるようになった」という人が多いのです。

なぜ、【Simple English】がオススメなのか。

その理由を、英語講師まのともが、くわしくご紹介します!

英語が話せないのは思い込みのせい?

alt="イライラする女性"

英語を母国語とするネイティブの割合をごぞんじですか?

なんと、世界中でたったの2割

世界中で英語を話す人の8割は、ネイティブではないのです。

ネイティブ:2割

ノンネイティブ:8割

「80%はネイティブではない」って、驚きですよね。

かんたんだからこそ、世界中の人が英語を話しているのです。

「英語はむずかしい」と言うのは、思い込み。

強い思い込みのせいで、心にブレーキをかけてしまっています。

Simple Englishは、潜在意識のメカニズムを活用したメソッド。

「潜在意識」を使うことで、ネガティブ思考を排除し、イメージ通りに英語が話せるようになります。

潜在意識を活用するのは、成功者にとって当たり前のこと。

スポーツ選手と同様に、メンタルを重視したトレーニングなのです。

どの英会話教材もボリュームが多すぎる

alt="独学の画像"

英会話教材をいろいろ試した人なら、わかると思います。

ボリューム多すぎです。

CDやテキストがいっぱいあります。

はじめは、「これを全部やれば英語が話せるようになるんだ!」とワクワクしますが、だんだん飽きてきます(笑)。

「なんでこんなに量が多いの?」とうんざり。

まぶしく見えた教材が、やっかいものに思えてくるのです。

【Simple English】は、本当にシンプル。

必要のないことは、すべて排除しています。

「学校の勉強って将来何の役に立つの?」って思いませんでしたか?

正直、日常生活にいらない事ばかり。

「勉強しておいてよかった♡」なんてこと、ありません。

たとえば数学。

微分積分やベクトルなんて、一生いらないでしょう。

足し算、引き算、割り算、かけ算など、計算が出来ればじゅうぶんです。

それと同じように、英語を話すには、中学レベル英語ができればOKなのです。

「get」「take」「let」「have」などの「基本動詞」を使えることが重要。

かんたんな単語で、日常会話からビジネス英語まで使いこなせるようにするのが、Simple Englishのメソッドです。

Simple English Magic 81/シンプルイングリッシュ

今までのやり方では英語ができない理由

alt="絶望する男性"

英語が話せるようになりたいから、英会話レッスンを受けよう

TOEICでハイスコアをとれるまで勉強すれば、英語が話せるようになる

字幕なしで洋画が見たいから、リスニングの勉強を集中してやる

これらは、すべて間違った勉強法です。

「読む」「書く」「聞く」「話す」をバラバラに勉強しても、英語力は身につきません。

先に、英語のコアな部分を、長期記憶に落とし込むことが必要。

かけ算の九九のように、英語の基本文がスラスラ出てくるよう訓練することが、何よりも大事なのです。

【Simple English】では、必要な英文を81文に絞っています。

そのような教材はたくさんありますよね。

しかし、【Simple English】での81文は、選別の仕方に秘密があります。

他の教材のように、基礎的な英文をまとめただけではありません。

だからこそ、特許庁に認められた独自なメソッドなのです。

Simple English Magic 81/シンプルイングリッシュ

【Simple English】の口コミがひどいワケ

alt="失敗した女性の写真"

【Simple English】の口コミを検索すると、いいことない(笑)。

「これだけで英語は話せない」っていう声が多いのです。

しかし、ホームページをよく見るとわかるのですが、教材の製作者である酒井先生は、「Simple Englishだけでペラペラになる」とは言っていないのですね。

英会話ができるようになりたい

TOEICでハイスコアをとりたい

リスニング力をつけたい

そのためには、「話す練習」「TOEICの勉強」「聞く練習」が必要です。

でも、それらを「バラバラ」にやっても効果が出にくいです

まず、「話す」「聞く」「読む」「書く」に応用できる「土台を作ることが先」。

会話、リスニング、リーディングなどの勉強は、その後にやるのです。

英会話レッスンや英会話教材で効果がないのは、「土台づくり」の工程がないから。

いきなり話そうとしたり、単なるフレーズのインプットでは、英語は話せるようにならないのです。

他に多い口コミは、

こんなフレーズは、ふつうのテキストに載っている

結局は音読なんだ

このような口コミが多いです。

【Simple English】とほかのテキストの例文の違い

英語講師
まのとも

パッと見るだけでは、【Simple English】とほかのテキストの例文の違いを見分けることは難しいかもしれません。

たろうくん

すっすげえ!ぜんぜん違うじゃん!!

英語講師
まのとも

なんて一発で違いが分かる人、そうそういないでしょう。

どこにでもありそうな英文だと思うかもしれません。

しかし、指示通りに練習すると

口からスラスラ英文が出てくるようになります。

そして、81文の相乗効果がスゴイことに気がつきます。

大量の英文をインプットしなくても、英語脳が身につくのだから効率性バツグン。

きちんと練習した人なら、ふつうのテキストと【Simple English】の英文の違いを、実感できるでしょう。

音読に関しては、単なる音読ではありません。

小学校の宿題のように、ただ声を出して英文を読んでも、効果はないです。

学校英語の影響で、受け身の姿勢になってしまいがち。

「読む」のではなく「話す」という意識を持つことが大切です。

「話す」ということは、自分の感情を込めること。

「このフレーズ話したい」と思い、そのシーンをイメージすれば、自然に気持ちが入ると思います。

英語というと、どうしても「勉強」という意識が強くなりがちですね。

今までの認識を覆すことが大切。

【Simple English】を経験すると、常識が非常識になります。

「今までの勉強は何だったんだろう…」という人が多いのもうなずけることなのです。

まとめ

英語教材で、挫折する人がとても多いです。

問題は、多くの人が「1つの教材だけで英語力がつく」と思い込んでいるということ。

「オールインワン」が可能なら、英語教育に革命が起こるくらいすごいことです。

英語が話せるようになるには、基本的な英語の構造をマスターすることが大切。

そのためのトレーニングが、【Simple English】です。

教材は、テキスト1冊とCD2枚だけ。

この中に、ほかの教材にはない「特許済みのメソッド」があるのです。

今まで何をやっても結果が出せなかった。

そんな方は、今すぐ【Simple English】を実践してみてください!

Simple English Magic 81/シンプルイングリッシュ