主婦がもっと自信をもって、自分らしく輝き続けるためにできること

主婦って、大変ですよね。

何が大変って、家事や子育てで、休む暇がありません。

がんばったって誰も評価してくれないし、「ありがとう」も言ってもらえない毎日です。

だから、自信を失っている主婦の方がとても多いです。

今回は、「どうすれば主婦がもっと自信をもって輝けるのか」ということについて、お話していこうと思います。

本来持っている輝きを取り戻し、充実した毎日を過ごしていきましょう。

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

主婦はとにかく報われない

alt="絶望の女性"

わたしも、英語講師になる前は主婦でした。

実家のお手伝いは、一切なかったので、家事や子育てはぜんぶ自分でやりました。

優雅なランチをしているマダムたちを見るたびに、

「いったいどうすればキラキラできるの?」

「どうして、そんなに余裕があるの?」

と疑問でいっぱい。

髪の毛振り乱して、服が毛玉だらけでも気にならないくらい。

もはや女を捨て、オババになり果てていました。

上の子どもが小学生の時、PTA本部役員を経験しました。

これが本当に大変。

PTA=報われない仕事です。

「わたしは働いているからPTA役員なんてできません」

「暇な主婦の人がやればいい」

そんな心ない声をたくさん聞き続けるうちに、

「働くってそんなに偉いことなんだ」

「主婦って見下されるんだ」

と主婦であることに自信を失っていきました。

がんばっても評価してもらえない。しかも、PTAもがんばってもお金がもらえるわけではないから、どこに達成感を見出していいかわかりません。

主婦で報われない。PTA役員でも報われない。

ダブルパンチです。

当時の私は、キラキラしている人を見ると「うらやましい…」とひがみ妬みがひどい女になっていました。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

人生は思うようにいかない

alt="孤独・絶望の画像"

学生時代から、英語は好きな教科でした。

出来るわけではないけれど、「英語の音が好き」で、英語の勉強はイヤではなかったのです。

このまま自信を失ったままでは、一生変われない。

そう思い、英語の勉強を始めることにしました。

そうはいっても、英語の勉強はずいぶんブランクがります。

久しぶりの勉強で、何からやっていいのかわかりません。

決めた目標は、「とりあえずTOEICを受けよう」ということだけ。

英会話は、過去に挫折した経験があるので、出来る気がしません。

TOEICでいいスコアが取れれば、自慢できると思ったのです。

けれど、英語の勉強は思うように進みません。

英語長文が読めないし、リスニングも聞き取れない。

文法問題も、何度やっても出来るようにならない。

努力しても、できない。

ただでさえ主婦であることに自信がないのに、打撃がひどすぎます。

「もう疲れた…」

TOEICの勉強を諦めたのです。

希望の光が見えた時

alt="達成感の写真"

仕事をしていない主婦は、自由に使えるお金がありません。

子どもの教育費が優先。

自分のことは後回しで、やりたいことも出来ない状態でした。

「自立したい」

はじめてそう思ったのです。

仕事をするには、履歴書に書ける資格が欲しいです。

TOEICでハイスコアが出れば有利になるはず。

そう思って、英語の勉強を復活させることにしました。

今までやった方法では、英語力がつかないことは分かっています。

じゃあ、どうすればいいのか

これがこれからの課題でした。

試行錯誤しながら、勉強方法を工夫した結果、半年でTOEICのスコアが800点を越えたのです。

当時は、勉強時間の確保が問題でした。

朝4時に起きて勉強しました。子供たちが起きてくるまでが集中できる時間です。

夜は、疲れて子どもと一緒に寝てしまうので、すき間時間がいのち。

歯を磨きながら単語を覚える。トイレも単語。

アイロンしながら、お皿を洗いながらリスニングの勉強をしました。

お料理をするときは、作業に集中するので、英語の音声が耳に入ってきません。

たんなるBGMになってしまっていて、リスニングの勉強にはなりませんでした。

人間、切羽詰まると、本気になります。

すると、神がかるのか、自分を超えた力が発揮させるのです。

どうすれば、英語ができるようになるのか。

具体的な方法がわかるようになりました。

それから、英語力がアップしました。

TOEICのスコアが半年で、200点アップです。

でも、もっととれたはず。

というのは、リーディングの問題を解いていた時に、激しい腹痛に襲われたのです。

あと30分もあるのに

「とっトイレに行きたい…」

でも、私は、この日のために全力で勉強してきたので、トイレに行く暇はありません。

時間のロスで、スコアを上げることが出来なくなるからです。

必死にこらえながら、英語長文を読みますが、痛みで集中できず意味が取れません。

最後の方は、勘でマーク。

ボロボロでした。

結果を見ると、案の定、腹痛が起こった後のスコアがひどかったです。

勘は、ぜんぶハズレでした。

しかし、リスニングは満点です。

リーディングの文法問題も満点近い正解率でした。

腹痛がなければ、900点超えていたかも。

いや、確実に900点超えていました。

結果的には、大飛躍とまでいかなかったけれど、勉強の成果が見えて本当に良かった。

リスニングが、「かんたんすぎ」と感じた自分にビックリです。

文法問題も、見た瞬間に答えがわかってしまう。

「勉強のやり方次第で、英語力はすぐにつく」ということがわかったのです。

今は、そのノウハウを生かして、高校・大学受験塾で英語講師をしています。

英語が苦手だった子たちが、ドンドンできるようになる姿を見るのは本当に楽しい。

主婦だって、輝けるチャンスがあるのです。

もし、「何かに挑戦したいけれど何をやっていいのかわからない」という方は、英語の勉強を始めてみてください。

英語は、自分に自信をつけるためには、よいツールになります。

英語ができると、世界が広がります。

一歩踏み出すことで、今の状況が変わります。

主婦の方向けに、英語の勉強のやり方を紹介しています。

詳しくは、こちらの記事をごらんください。

あきらめないことが大切です。

本来の輝きを取り戻して、充実した毎日を過ごしていきましょう!

JJ ENGLISHエクササイズ