主婦のための英語勉強法|元英語講師がTOEIC800点取る方法を伝授します!

高校・大学受験の塾で英語講師をしている『まのとも』です。

主婦は、毎日忙しいです。

家事や子供のお世話で、休む時間がありません。

それでも、「英語を勉強したい」という方が、たくさんいらっしゃいます。

自分を高めたい

英検やTOEICの資格が欲しい

子育てがひと段落したら仕事を始めたい

もっと上の人生を目指して、努力している仲間がたくさんいます。

今回は、忙しくて勉強する時間がない主婦でもできる英語勉強法をご紹介します。

TOEIC800点が目標。英語も話せるようになることを目指します。

今回は、本気で英語の勉強をやりたい人向けの勉強法です!

では、早速はじめましょう。

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

忙しい主婦でも絶対に目標達成ができる理由

alt="飛躍する男性"

「英語を教える仕事がしたい」

わたしも、本気で英語の勉強をしました。

3カ月でTOEICのスコアが200点アップ、900点を超えです。

念願の英語講師になることが出来ました。

はじめから、順調に勉強できたわけではありません。

子どもの世話だけで疲れ果て、勉強どころではありませんでした。

そんなとき、衝撃を受けたのがTOEICの試験会場でのことです。

会場の雰囲気が、ピリッとしています。

受験者たちは、試験が始まる直前まで、ずっと問題集に目を通していました。

必死に勉強したことが一発でわかる問題集や単語帳。

何度もページをめくった跡が残っています。

試験が始まると、彼らの問題を解くスピードがぜんぜん違います。

わたしが、もたもたしている間に、彼らはどんどんページをめくっていく。

本気で努力をした人の実力を肌で感じた瞬間でした。

「くやしい…」

自分に腹が立ってしかたない。

それから、本気で勉強しよう、と心に誓いました。

まずは、勉強する時間を何とかしなければいけません。

こどもが一緒だと、思うように勉強できません。

イライラして子供に当たるのが目に見える…。

ムリはしないようにしました。

そうすると、勉強時間は子供が寝ている時間と、幼稚園に行っている間です。

子どもは6時に起きてくるので、4時起きなら2時間確保できます。

幼稚園は14時帰りなので、家事を済ませて12時から14時までの2時間確保。

トータル4時間の勉強時間を作りました。

1日のスケジュールは、こんな感じです。

1日のスケジュール

4時:起床。英語の勉強

6時:子供が起きる。朝食作成

7時:朝食・子供の世話

8時:登園・洗濯

9時:掃除・犬の散歩(1時間)

11時:買い物

12時:昼食・勉強

14時:子供帰宅 公園遊び

16時:こども習い事

18時:帰宅

19時:夕食

20時:お風呂・休憩

22時:就寝(子供と一緒に寝る)

勉強すると決めてから、禁酒しました(笑)

今回の本気度は今までとは違います。

1日4時間。2か月で結果を出す。

わたしが何をやって900点超えしたか。

具体的な勉強法をご紹介します。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

主婦が英語を勉強するには「勉強する順番」が超重要な理由

alt="分かれ道"

TOEIC800点が取れて、英語が話せるようになる。

そのためには、何をすればいいのでしょうか?

重要なことは「勉強する順番が大切」ということ。

何を優先するかが、超重要です。

TOEICと英会話は、勉強のやり方が違います。

TOEICは、リーディングとリスニングのテスト。

単語・英文法・長文読解など、学校と同じ勉強方法です。

一方、英会話は、基礎の反復練習です。

勉強というよりトレーニング。

英語が口から出てくるまで、何度もフレーズを口ずさむ練習をします。

口を動かす練習ですね。

極端な表現をすれば、TOEICは受験勉強、英会話は筋トレのイメージ。

勉強方法がぜんぜん違うのに、どうやってTOEIC800点と英会話のマスターの両方をゲットできるのでしょうか?

TOEICも英会話も基礎の部分は、同じです。

基礎とは、発音・文法・単語の学習。

そして、音読です。

ポイントは音読。

TOEIC対策の音読

英語が話せるようになるための音読

目的ごとに音読方法が違います。

どちらを優先すればいいのでしょうか?

主婦が効率よく英語を勉強するには「話す」ことを優先しよう

alt="電話する女性"

TOEICと英会話、どちらを優先するのが効果的なのでしょうか?

結論から言うと、英会話を優先したほうが、効率的に英語力をつけることが出来ます。

その理由をお話しします。

英会話は基礎力の集大成

英語が話せるようになる、ということは、「英語を自動化できる」ということです。

頭の中で英作文をしません。

考えなくても、口から英文が出てくるようにします

わかりやすい例でいうと、掛け算の九九

大人になっても、スラスラ言えますよね。

考えなくても、口から出てきます。

九九がスラスラ言えるのは、すごいことではありませんよね。

できて当たり前だし、九九を知らないと不便。

計算がスラスラできません。

じつは、英語の基礎も九九と同じくらい覚え込まないと意味がないのです。

単語は1秒以内に意味が言える

中学レベルの英文がスラスラ言える

スラスラ言えるまでやるのが、本当の基礎作りです。

スラスラ言えるということは…。

英語を話していることと同じ、ですよね!!

基礎の完成=英会話

英語を話すことは、基礎力の強化そのものです。

TOEICより、話す練習を先にすることをおススメします。

実際、英語が話せると、TOEICでハイスコアを出せる人は多いです。

リーディングが苦手でも、リスニングスコアがダントツで高い。

この傾向を利用するのが得策。

先に話す練習をした方が、結果的にTOEICもハイスコアを狙えるのです。

基礎力をつけるには音読が効果的

alt="音読画像"

中学レベルの英文がスラスラ言えるようになるには、音読が効果的です。

何度も口に出していれば、自然に英文を覚えてしまいます。

歌は、何度も聞いて口ずさんでいると、いつの間にか覚えてしまいますよね。

英文も、歌と同じように覚えることが出来ます。

TOEICの音読ではなく、「英会話のための音読をしましょう」とお伝えしました。

英会話のための音読とは、会話文の音読です。

自分が話したい言葉を音読しましょう。

話すことを意識しながら音読します。

ポイントは、感情を込めること。

実際に、自分がそのセリフを話しているイメージをしながら音読すると、リアル感が出ます。

俳優さんがセリフを覚えるような感じで、音読すると記憶しやすいです。

主婦のための英語勉強法|TOEIC800点+英会話マスターまでの道のり

alt="未来に向かって歩く女性"

それでは、TOEIC800点とれ、英語が話せるようになる具体的なステップをご紹介します。

まずは、基礎力の強化です。

発音、単語、文法の勉強をします。

具体的な勉強法をご紹介します。

基礎力マスター編

発音

いちばんはじめに、発音の勉強をしましょう。

なぜなら、発音がわからないと、「読めない」「聞き取れない」「話せない」の三重苦だから

「書く」以外は、すべて発音が必要なのです。

正しい発音方法を知らないまま音読すると、間違えて覚えてしまう可能性大です。

カタカナ英語のクセがつかないよう、早目に発音の勉強をしましょう。

発音の勉強にオススメは『あいうえおフォニックス』です。

英語圏では、こどものうちからフォニックスをつかって発音の勉強をします。

もちろん、大人でもだいじょうぶ。

お子さんと練習すれば、親子で発音がキレイになるから、やる気が出ますよ。

単語

まず中学レベルの単語をマスターしましょう。

おすすめのテキストは、『速読英単語 中学版』です。

ふつうの単語帳ではなく、文章で単語を覚えます。

文章の中で覚えるほうが、覚えやすいし、忘れにくい。

効率よく単語を覚えることが出来ます。

無料の音声ダウンロードつき。

音読のテキストとしても使えるので、コスパ抜群です!

文法

文法は、中学レベルからやり直しをするのがおススメです。

わたしが塾で使っているのが、『中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。』です。

必要最低限の知識だけのテキスト。

逆に言えば、絶対必要なことしか載っていません。

このテキストを使った勉強法は、

①解説を読む

②問題を解く

③音声を聞く

④音読する

⑤テキストを見ながら音声に合わせて音読する(オーバーラッピング)

5つのステップで文法をマスターします。

音読を繰り返すことで、一生忘れない文法力をつけていくことが出来ます。

テキストを見ないで英文がスラスラ言えるようになるまで、音読を繰り返しましょう。

基礎力がついたあとは音読

発音、文法、単語の学習が出来たら、音読です。

英会話のための音読は、自分が話したいフレーズが載っているテキストがオススメ。

むずかしいものはNG.

中学英語がベースの会話文で音読しましょう。

おすすめは、『JJENGLISHエクササイズ』です。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ
alt="JJENGLISHエクササイズ"

音読に特化した英会話教材です。

学校で習った中学英語をどうやって使えばいいのか、具体的な解説動画があります。

話せるようになる音読とは、実際にどういうものなのか。

JJENGLISHエクササイズで体験することが出来ます。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

TOEIC対策

会話文の音読が進んだら、TOEIC対策に入ります。

TOEICは、リーディングセクションとリスニングセクションに分かれます。

Part1からPart7までありますが、全部勉強すると時間がかかります。

今回は、忙しい主婦の方向けなので、ポイントを絞って勉強することにします。

リスニング、リーディングの両方で必要なのは「単語」です。

おすすめの単語帳は、『TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ』です。

これだけでOK。

どんどん覚えていきましょう。

リスニング対策

まず先に、リスニングの学習をします。

リスニングなので、聞き取る練習をするのが一般的です。

しかし、効率性を上げるには「音読」が効果的です。

リスニングセクションの英文を音読します。

自分が発音できる音は聞き取れます。

発音できない音は聞き取れません。

音読でスラスラ言えるようになれば、リスニング聞き取れるようになります。

Part1からPart4までの英文をスラスラ言えるようになるまで、何度も音読しましょう。

おすすめの教材は、『TOEIC(R)テスト新形式精選模試リスニング』です。

もう、リスニングはこれだけでOK。

具体的な勉強のやり方は、

①英文の意味を理解する

②テキストを見ながら音声を聞く(発音の仕方を確認する)

③音読する

④テキストを見ながら音声に合わせて音読する(オーバーラッピング)

⑤テキストを見ないで音声を聞きながら音読する(シャドーイング)

先に英文の意味を理解することが大切です。

なぜなら、意味がわからない英文を音読しても、聞き取れるようにならないから。

リスニングができるようになるには、音読で「音」「文字」「意味」を一致させることが必要なのです。

シャドーイングは難しいので、ムリしなくても大丈夫です。

この練習をしてからリスニング問題を聞くと、確実に聞き取れるようになります。

リーディング対策

リーディングに必要なのは、文法と長文読解です。

文法

TOEICのPart5が文法問題です。

満点を目指します!

初心者でも満点を狙えるのがPart1,Part2,Part5です。

基本的な問題で対策が取りやすいから、初心者でも満点が可能です。

ちなみに、この3つのPartをすべて満点なら「255点」です!

すごくないですか?

Part1で30点、Part2で75点、そしてPart5で150点です。

Part7の長文問題は、量が多く時間何解くのが難しいです。

主婦の方が短期間で800点取るのなら、Part5で満点を取る方が効率的です。

おすすめのテキストは、『TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問』です。

分厚いテキストですが、これ1冊でOK.

問題を解いたら、問題文を音読します。

音読に必要な、音声つき。

文法テキストでの音声付きは貴重です。

音読・音読・音読、何度も音読しまくってください。

音声に合わせて音読(オーバーラッピング)することで、音読スピードが速くなります。

すると、英文がスラスラ読めるようになるのです。

Part5の英文を見た瞬間に、答えがわかるようになります。

TOEICはスピードが命。

じっくり考える暇はありません。

音読で瞬発力をつけていきましょう

リーディング

長文読解の対策でおすすめのテキストは、『TOEIC(R)テスト新形式精選模試リーディング』です。

これも、今までと同じように問題を解いたら、音読しまくります。

オーバーラッピングで、リーディングスピードを底上げしましょう!

本番に向けて

さいごにTOEIC公式問題集で仕上げます。

大切なことは、時間を計って行うこと

時間配分を間違わないよう、事前に慣れておくことが大切です。

本気でやると、かなり疲れます。

やり終わった後はクタクタ。

クタクタになるくらい本気で挑戦しましょう。

慣れたら、本番は楽になります。

少しでも緊張しないよう、慣れておくことは大切だと思います。

まとめ

alt="希望の朝"

今回は、本気の勉強法をご紹介しました。

すべてを完璧にやり遂げるのは難しいかもしれません。

もし時間が足りない場合は、基礎力をつけるだけでも、かなり英語力がアップします。

ネイティブのようなカッコいい発音が出来るようになれば、テンション上がりますよね。

発音の勉強は、効果がすぐに出るからおススメです。

そして、音読。

中学レベルの英語がスラスラ言えるようになると、英語が話せるようになります。

九九のようにスラスラ言えることが目標です。

英語が話せるようになると、自分の世界が広がります。

いろいろなことに挑戦して、楽しみを増やしていきましょう!

JJ ENGLISHエクササイズ