【社会人向け】英語独学勉強法|やる気がなくても目標達成できる秘訣とは!?

alt="ジャンプする女性"

英語講師の『まのとも』です。

最近は、独学が流行っていますね。

わざわざスクールに習いに行かなくてもYouTubeを見れば、何でもできてしまいます。

楽器もYouTubeでマスターできるし、お料理教室に行かなくても無料動画で学べてしまうのだから、独学で勉強する方がいいに決まっています。

しかし、信頼性の欠ける情報もたくさんあるので、正しい勉強法なのかを見極める力が必要。

間違っていてもだれも教えてくれないので、独学はけっこう危険なところもあるのです。

とくに、英語は危険です。

いろいろな情報がありすぎて、結局どうやって勉強すればわからなくなり、振り回されてばかりです。

独学で、いちばん大切なことは、「正しい勉強法」を見極めること。

勉強方法が正しければ、独学で英語はマスターできるのです。

今回は、独学で英語を勉強したい方向けに「しっかり効果が出る勉強法」をご紹介します。

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

英語を独学で勉強する人が挫折する大きな原因とは

alt="絶望する男性"

英語の独学で挫折する大きな原因は、「いろいろなことに手を広げ過ぎること」があげられます。

口コミ評価の高い無料アプリをいくつもダウンロードしたり、人気のYouTubeにチャンネル登録したり、よさそうなものは、どんどん試していきます。

いい教材があればすぐに購入するので、自宅にはテキストや通信教育の教材がズラーっとあるのです。

独学は、学習計画を立てることや、モチベーションの維持をすべて「自力」でやらなければいけません。

だからこそ、独学は戦略が大切。

いちばんはじめに、戦略を立てないでスタートするのは、とても危険なのです。

「ガチガチに計画通りにやるより、楽しく勉強する方がやる気が出る」と思う人も多いでしょう。

しかし、楽しく勉強しても成果が出ないのであれば、もっとやる気を失います。

独学を成功させるには、正しい勉強方法を把握し、無理のない計画を立てることが大切です。

具体的にどうすればいいか、これからお話しします。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

英語を独学で勉強するには「楽しく」では続かないワケ

英語の勉強を始める前に、目標を決めますよね。

ゴールは1つであっても、そこに至るまでの方法はいくつもあります。

「3キロ痩せる」が目標でも、ダイエットのやり方は人それぞれ。

食事制限したり、運動したり、痩せる方法はたくさんあるのです。

しかし、必ずしもすべての方法が痩せるわけではありません。

自分に合わない方法や、成果が出ない方法、かえってリバウンドする逆効果な方法、最悪なことに体調を崩してしまう方法もあるのです。

間違ったダイエット方法が多いので、安易に試すと大変なことになってしまいます。

英語の独学は、ダイエットと同じ問題点があります。

独学での勉強方法は、探せば山ほどあります。

自分に合う方法を探すのはとても大変です。

また、確かな方法ではないものもあるので、しっかり見極めなければいけません。

英語の勉強は、勉強する順番を間違えると効果が出にくいので、正しい勉強法を知ることが大切。

そうはいっても、「何から始めていいのかわからないと」いう人がとても多いのです。

リスニング力をアップさせる勉強方法だけでも、たくさんあります。

  • リスニング教材で勉強
  • アプリで学習
  • 音読
  • 単語の学習
  • 文法の学習
  • YouTubeで学習
  • 発音の勉強
  • ニュースでリスニング
  • 海外の映画やドラマでリスニング

ほかにも学習方法はたくさんあるでしょう。

その中から、効果的で自分に合う方法を自分で探す必要があるのです。

独学の最大の難関は、山ほどある学習方法・教材の中から、自分でベストなものを選ぶ必要があるのです。

スタート地点で失敗したら、ゴールにたどり着けません。

では、どうすれば失敗することなく、社会人が独学を成功することができるのでしょうか?

具体的に見ていきましょう。

独学で失敗しない学習プランの決め方

alt="努力の画像"

では、実際に学習プランを立てる方法を考えていきましょう。

今回は、TOEIC800点を目指す社会人の方(現在のスコアは600点くらい)を例に考えていきます。

まず決めることは、

ゴール(独学を終える時期)

毎日の学習計画

使用する教材

これらを間違えてしまうと、結果は出ないので注意が必要です。

TOEIC600点の社会人が800点を目指す場合の参考例

ゴール(独学を終える時期)⇒半年

毎日の学習計画⇒1日3時間の学習。朝早起きして出社前に2時間。通勤時間内で1時間)

使用する教材(単語帳、文法問題集、リスニング教材など)

忙しい社会人にとっては、1日3時間の勉強はキツイかもしれません。

しかし、工夫すれば、3時間といっても大変には感じないのです。

いちばん即効性のある方法は、達成感を出来るだけ多く得ること。

かんたんな勉強なのに学習効果が高い勉強なら、いくらでもやることが出来るでしょう。

多くの人たちが失敗するのは、「教材の選定ミス」です。

「難しい問題をやらなければTOEIC800点は取れない」と思い込み、いきなり難しい問題をやり始める人がとても多いのです。

むずかしい勉強は、なかなか理解できません。

わからないことだらけでは、前に進めない。

ストレスがたまり、やる気を失うのです。

いちばんはじめは、基礎的なことを勉強することがおススメです。

かんたんな問題集であれば、どんどん解くことができます。

小さな成功体験が積めるので、自信がつくのですね。

基礎力がつけば、難しい問題に挑戦しても理解できるようになります。

するとまた達成感が得られる、プラスのスパイラルでどんどん英語力がついていくのです。

私は元CAなので、飛行機の話を例に出してお話ししますね。

クリティカルイレブンミニッツ(critical eleven minutes)って聞いたことがありますか?

「魔の11分」ともいわれています。

飛行機が離陸した後の3分間と着陸前の8分間が、飛行機事故が起こりやすい最も危険な時間帯のことです。

飛行機は、離陸と着陸に失敗したら、大惨事になってしまいます。

ですので、この11分間は、パイロットも神経を集中させ、CAは緊急時を想定し、すぐ動けるようにも頭の中でシミュレーションをするのです。

クリティカルイレブンミニッツは、新しいことを始めるときも同じです。

英語の勉強を始めるときも、最初が肝心。

スタート時点から、真剣に取り組む必要があります。

「今日は疲れたから勉強しない」「時間が取れないから勉強ができない」「今日はやる気がしない」では、勉強の習慣がつきません。

勉強する習慣が身につけば、やる気がなくても英語の勉強を続けることができるのです。

習慣にするには、かんたんなことから始めることが秘訣です。

がんばらなくても出来ることを探していきましょう。

計画の見直しをして問題改善に取り組もう!

alt="ピストルとバナナを間違える男性"

英語の勉強を順調にスタートしても、どこかでつまずくことが出てきます。

そんな時は、どこが問題なのかをつきとめ、軌道修正することが必要です。

計画通りに進まなくても心配する必要はありません。

無理のないよう、計画の見直しをしていきましょう。

やる気がある時に計画を立てると、やたらなんでも詰め込みたくなります。

その結果、ハードな計画を立ててしまいがちなのです。

無理のない計画をたてること、計画通りに実行すること。

これは、多くの人が苦手と感じているのです、

英語の勉強は、独学で続けることは想像するよりむずかしいです。

挫折しないように、大金を払ってコーチングを受ける人もいるのです。

他力を借りるか、それとも自力でやり通すのか。

せっかく決めたのだから、あなたには独学で頑張って欲しいです。

今回、ご紹介したことがお役に立てたら嬉しいです。

まとめ

alt="成功への道"

独学さえできれば、ほぼ無料でなんでもマスターできてしまいます。

これから先は、独学できる人とできない人で、どんどん差がついてしまうでしょう。

独学できるかどうかは、やる気や環境の問題ではありません。

勉強を習慣化させることができたら、独学は成功するのです。

習慣化するには、かんたんな勉強をすることがオススメ。

中学英語の単語と文法の復習から始めましょう。

基礎力がつけば英語力はぐんとアップします。

中学英語の勉強方法は、こちらの記事をごらんください。

あなたが独学で英語力をアップさせることができるよう応援しています!

JJ ENGLISHエクササイズ