【英語リーディング】スピードアップの攻略法を英語講師が徹底解説|やるべきことはたった1つ!

TOEIC対策コース

こんにちは。英語講師の『まのとも』です。

大学受験の英語やTOEICなどの試験は、英語長文が占める割合がとても多いです。

難関校ほど長文が多く、長文が読めなければ合格できません。

TOEICも、短時間で大量の英文を読まなければならないです。

高得点を取るためには、英語のリーディングスピードをアップさせることが必要です。

英文が速く読むことができれば、問題をじっくり解くことができます。

どうすれば、英語を速く読むことが出来るようになるのでしょうか?

ただ速く読めるようになるだけでは意味がありません。

「速く読んで問題の正解率を上げる」ことが、私たちの目指すところです。

では、具体的な勉強方法をご紹介します。

早速はじめましょう!

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

英語リーディングがスピードアップするコツは3つ

英語が速く読めるようになるには、コツが3つあります。

具体的に見ていきましょう

1.日本語に訳さない

英文を日本語に訳しながら英文を読む人がとても多いです。

その理由は、学校の授業でやってきた勉強法だから。

英文を文の後ろから「返り読み」をして、日本語に訳すことで英文を理解するのです。

授業では、訳した内容が不自然な日本語になるとダメ出しされます。

きれいに日本語になるよう注意されるので、いったい英語の授業なのか国語の授業なのかわからなくなります。

英文を速く読むためには、日本語に訳すクセを直さなければいけません。

返り読みをせず、英語を文の頭から理解する。

英語の語順のまま理解することが大切です。

2.英文を大量に読む

英語を速く読めるようになるには、英文を大量に読むことが大切です。

これは、英語に限ったことではなく、国語の読解力をつけるのも同様です。

わたしは受験塾で英語を教えていますが、同じように教えていても、生徒さんによってリーディングスピードに大きな差が出てきます。

その理由が知りたくて、生徒さんに質問したところ、ある共通点がわかったのです。

英語が速く読める人は、ほぼ100%本や新聞を読む習慣があります。

「読書が好き」という人が圧倒的に多いのです。

一方、速く読めない人たちは、本を読む習慣がありません。

情報を得るのは、ほとんどがテレビやネットの映像。

文字を読む機会が極端に少ないです。

本を読む習慣のない人は、文字に対しての抵抗感が大きい傾向があります。

長文を見るだけで威圧感があり、「読めるのかな…」と自信が持てないのです。

英語長文を読むには「慣れ」が必要です。

とにかく数をこなして、威圧感に負けないようにしましょう。

3.自分のレベルに合った英文を読む

英字新聞を読んでみたけれど、ちんぷんかんぷんで意味不明。単語も難しくて内容が全然理解できない、なんてことが今までありませんでしたか?

リーディングの勉強をしようと、いきなり英字新聞などの難しい英文を読む人がとても多いです。

英字新聞をつかって勉強するリーディング用教材がたくさんあります。

ビジネスマンにとっては、「英字新聞は英語を勉強しながらビジネスの情報を得ることができるので一石二鳥の勉強法」と思いますよね。

英字新聞がベストな教材と思ってしまいます。

しかし、「英字新聞はむずかしくて理解できない」と思っている方は要注意!

英語リーディングをスピードアップさせるには、英字新聞はかえって逆効果なのです。

英文を速く読めるようにするには、「自分のレベルに合った英文を読むこと」が大切です。

自分のレベルに合った英文というのは、内容がほとんど理解できる英文のこと。

知らない単語があっても、文脈から意味を想像できる程度の英文がおススメです。

英文が速く読めるって、どのようなイメージですか?

スピードに乗って、スラスラ読めることですよね。

「単語がわからない」「文法がわからない」と、何度もつまずいてしまう英文は、おそらく今の自分にはレベルが高い英文です。

リーディングスピードを上げるには、スピードに慣れることが大切です。

ストップすることなく、一気に読み進めていくのです。

日本語の本であれば、意味がわからない単語があっても気にせず読み進めていけますよね。

意味がわからない単語がいくつかあっても、文章の意味は理解できるものです。

英文も同じです。

自分に合っていない高いレベルの英文は、スラスラ読めないので「スピード」を意識した勉強には向いていません。

わからない単語が全体の1割から2割程度の英文であれば、無理なく読めるでしょう

はじめは、短めの英文から挑戦し、慣れたら長文にしていくのがコツです。

「いけるかも」という手ごたえが、勉強を続けるモチベーションにつながります。

無理せず、焦らず、少しずつ慣れていきましょう。

多読と精読どっちが大事?

英語の読解力をつける、リーディングスピードを上げるには「多読」が必要だとお伝えしました。

たくさん読むことで、読む力がついてきます。

では、「精読」は必要なのでしょうか?

精読は、1つの英文をじっくり読むこと。

わからない単語は調べて意味を把握し、文法もチェックし英文の構造を理解することを重視します。

学校の英語の授業でやっている勉強法です。

「学校であんなに英語を勉強したのに、全然英語が速く読めるようにならない。だから精読は意味がない」と思う人も多いでしょう。

しかし、精読は大切なステップです。

正しく英文を理解するには、単語の意味を理解し、文法(文の構造)を把握する必要があるのです。

精読で正しく理解できるようになったレベルの英文をたくさん読む(多読)。

精読と多読を組み合わせることで、無理なく読解力をつけていくことが出来ます。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

 

TOEICで時間が余る人の共通点 高速で英文が読めるようになる方法はたったの1つだけ

TOEICは問題量が多いため、時間内に終わらない人がとても多いです。

とくにpart7の長文問題は読むだけで大変。

問題を解くのもひと苦労です。

「せめて時間内に解き終えたい…」そう思いますよね。

英語リーディングのスピードをアップするためにやるべきこと

それは文法です。

文法といっても、難しいものは必要ありません。

難しい文法が必要なのは、大学受験の文法問題だけでしょう。

リーディングは、基礎的な文法だけでOKです。

英語が速く読めない原因は、英語の文構造を理解していないからつまり基礎力が不足しているのです。

英語が速く読める人は、文法力があり、英語の文構造をつかむのがとても早いです。

1つの文がとても長い英文でも、主語と動詞がどれなのか、修飾している部分はどれなのかがすぐにわかるのです。

リーディングスピードをアップさせるには、基礎の文法をしっかりやることが大切です。

まずは、中学英語を「使える」レベルまで勉強しましょう。

問題集を解くだけでは不十分です。

英文を音読することで、英文法を頭に叩き込むことができます。

暗記できてしまうくらい何度も音読すると、英文を一度見ただけで文の構造がハッキリわかるようになります。

おススメのテキストは、「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」です。

英文がシンプルなので、すぐに覚えることができます。

音声がついているので、必ず音を確認して音読しましょう

これが終わったら、「高校英文法をひとつひとつわかりやすく。」にも挑戦してみてください。

よりレベルアップした英文を速く読めるようになります。

さらにリーディングスピードを加速させる秘策とは!?

文法をマスターするだけでも英文を速く読めるようになりますが、もっと速く読めるようになる方法があります。

それは、「オーバーラッピング」という方法です。

オーバーラッピングとは、テキストを見て、音声を聞きながら音読する方法。

ふつうの音読は、自分のペースで読むことができますが、オーバーラッピングは音声に合わせて音読するので、強制力があります。

無理やり速く読まなければいけないので、必然的に速く読めるようになってしまうのです。

読む英文は、単語と文法をしっかり理解し、意味が理解できる英文を選びましょう。

オーバーラッピングをしながら、英文の構造を把握していくのがポイントです。

意味が理解できない英文は、音読しても効果があまり出ないので注意が必要です。

実際にやってみると、はじめは音声についていくことができないかもしれません。

口が回らず、疲れてしまうこともあるでしょう。

しかし、何度もやれば慣れてきます。

必ず、音声と同じスピードで音読できるようになるので、諦めずに挑戦し続けてください。

おススメの音読テキストは、「速読英単語」です。

長文の中で覚える単語帳なので、わからない単語はすぐに単語帳で調べることができます。

また音声付きなので、オーバーラッピングに最適なのです(必修編はCDは別売りです)。

これらがスラスラ読めるようになれば、必ず音読スピードが上がります。

ぜひ、オーバーラッピングでスピード感を体験してみてください。

さいごに

「リスニングが速くて全然聞き取れない」

「英語長文を読むのに時間がかかる」

「長文問題を読み終わった後、内容が頭に残らない…」

そんな経験はありませんか?

英語が「読めない」「聞き取れない」原因は、英語の処理能力が遅いから。

英語を英語の語順のまま理解できないので、英文を読むスピードが遅く、聞き取ることができないのです。

学校の授業では、英文を日本語に訳して理解します。

英語と日本語では語順が違います。

英語を正しい日本語に訳すには、「返り読み」が必要です。

たとえば、I play tennis.を日本語に訳す場合、英語の語順では、「①私は」「②する」「③テニスを」です。

日本語に訳すと「①私は」「③テニスを」「②する」です。

英文を頭から読んでいたのに、途中で目線を文の後ろに向けなければいけませんよね。

長い文章になると目線をあっちこっちに移動させるので混乱しがちです。意味が取れないと、1つの英文を2度も3度も読み直すこともあるのです。

「英語長文を最後まで読んだけれど、内容が頭に残らない」というのは、「返り読み」の作業に集中して、意味を取る余裕がないからです。

返り読みのせいで、英語ができない人が大量に増えています。

リスニングが聞き取れないのは、何が原因でしょうか?

「ネイティブの速い音が聞き取れない」と思いがちですが、原因は「音」だけではありません

音声を聞きながら、聞き取った英文を頭の中で「返り読み」をして日本語に訳しているからです。

英語を聞き取るだけでも大変なのに、英文を見ずに頭の中で日本語に訳すなんて、ありえないくらい無茶なこと。

無理なことをしているので、一生懸命勉強してもリスニングがぜんぜん聞き取れるようにならないのです。

日本語の訳さず英語をダイレクトに理解する「英語脳」を身につけなければ、長文読解もリスニングもいずれ頭打ちになります。

英語脳をマスターする勉強法については、こちらの記事をごらんください。

返り読みのクセ、日本語の訳すクセがなくなれば、英語長文を読むスピードは一気に加速します。

英語をダイレクトに理解できる感覚を、ぜひつかみ取ってください!

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ JJ ENGLISHエクササイズ