【初心者向け】英語リーディングが楽しくなる勉強法とは!?英語講師がくわしく解説します

みなさま、こんにちは。英語講師のまのともです。

「英語のリーディングが苦手」

「勉強しても全然出来るようにならない」

そう悩んでいる方がとても多いです。

リーディングの勉強はやりたくないけれど、入試問題は長文読解がメイン。

TOEICや英検もリーディング問題がたくさんあるので、避けて通ることはできません。

リーディングが大切なのはわかるけれど、勉強がつまらない。

一生懸命勉強しても上達しないから、やる気がなくなってしまうのです。

今回は、リーディングが苦手な初心者の方でも楽しく勉強できる方法をご紹介します。

「めんどう」「むずかしい」「つまらない」

そんな勉強は、今日限りでおしまいです。

具体的な方法をお伝えしますので、ぜひ試してください。

お役に立てたら嬉しいです。

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

英語のリーディングが上達しない理由

alt="絶望する男性"

英語のリーディングというと、ほとんどの方は受験英語を想像すると思います。

そのため、大人になっても長文読解問題集を使って勉強する方がとても多いのです。

私たちは、高校受験や大学受験で、リーディングの勉強をたくさんしてきました。

あれだけ勉強したのだから、英語を話すのは難しいかもしれませんが、読むことはある程度できそうです。

しかし、実際は、

英字新聞が読めない

英語の小説が読めない。

インターネットの英文記事が読めない。

こども向けの本も難しいと感じてしまう

これは、一体どういうことなのでしょうか?

「英文が読めない」と感じているのは、あなただけではありません。

東大や京大、早慶などの超有名難関大学に合格した人でも、読めない人が多いのです。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

あなたのリーディングスキルはどれくらい?

alt="本を読む真面目な女性"

難関大学の英語の入試問題はむずかしいですよね。

難関大学に合格した人は、「英語ができる人」と思われます。

TOEICのリーディング問題は、問題量が大量にあるので、読む力がないと時間内に解き終わりません。

TOEICで800点、900点持っている場合は、大量の英文を短時間で処理する力があるのです。

しかし、ネイティブがふつうに読んでいる英字新聞や英語の小説が「読めない」という人もいます。

ネイティブの大人向けの英文は、たしかに難しいかもしれません。

ならば、こども向けの英文なら読めそうって思いませんか?

次の英文を読んでみてください。

“Stupid things!” Alice began in a loud indignant voice, but she stopped herself hastily, for the White Rabbit cried out, “Silence in the court!” and the King put on his spectacles and looked anxiously round, to make out who was talking.

参照:Alice’s Adventures In Wonderland

「不思議の国のアリス」のお話です。

思った以上にむずかしくないですか?

しかし、これでも子供向けのレベルです。

受験勉強で難しい英文をたくさん読んだのに、スラスラ読めない人もいます。

いったい、なぜ読めないのでしょうか?

リーディング力がアップしない理由

alt="思い悩む女性の画像"

学校や塾で英語の勉強をたくさんしてきました。

英文はある程度読めるはずなのに、実際は思う以上に読めない人がとても多いです。

その原因は、2つあります。

①楽しめない

長文読解問題集でリーディングの勉強をしても読めるようにならない理由は、内容に興味が持てないからです。

長文問題なので、問題を解くための題材です。

問題を解くのが目的なので、おもしろみがないのです。

データや表から必要な情報を読み取るだけの英文

抽象的で何が言いたいのかわかりにくい英文

これでは、機械的に英文を読むようになってしまいます。

つまらない英文を読むのは苦痛です。

ムリして読んでいるとつらくなり、投げ出したくなる。

ただ志望校に合格するためだけに英語を勉強しているので、勉強効果があまり伸びないのです。

その逆に、楽しんで英語に触れている人はどうでしょうか?

私が中学生の時、英語がよくできる友人がいました。

海外のアーティストが好きで、とくにマイケルジャクソンが大好きです。

曲を全部覚えて歌えるし、マイケルジャクソンに関する情報を英語の雑誌を読んで集めていたのです。

だから、英文はスラスラ読めていました。

洋楽でも英語を勉強していたので、英語の発音も抜群だし、英語のリズムも身につけていたので、本当にかっこよかったです。

好きなことで英語を使えば、英語力が飛躍的にアップします。

リーディングで行き詰った時は、英語を使った楽しみを増やすのも一つの方法です。

気になるものがあったら、気軽に挑戦してみてください。

 

②読む量が少なすぎる

学校の授業で、リーディングはたくさんの時間を掛けて勉強してきました。

高校受験・大学受験で、塾でも著応分読解の勉強をしてきたのだから、大量の英語に触れてきたはずと思うでしょう。

しかし、読んだ英文の量はそれほど多くはありません。

学校のリーディングの英文は、1つの話が多くて4から5ページ程度。

長文問題も、長くて2ページ程度です。

授業1年分では、洋書1冊分にも満たないです。

読む量が圧倒的に足りないので、リーディングがスラスラ読めないのは当然のことでしょう。

わたしたちは、子どものころから本を読んできました。

どんなに少なくても、1冊以上は最初から最後まで読み切った経験はありますよね。

しかし、英語の場合、英語の本を1冊読み切った経験がない人がとても多いです。

英文が読めないのは、能力の問題ではなく、読む量が不足しているからです。

読む量を増やすことによって、英文はスラスラ読めるようになるのです。

リーディング力がつく勉強法とは?

長文読解問題集で勉強しても、リーディング力がつかないのは、

①内容がつまらない

②読む量が少なすぎる

この2つが原因とお伝えしました。

興味のもてる英文をたくさん読むことで、リーディング力はアップするのです。

まず、お料理、インテリア、ファッション、スポーツなどの情報を、英語で得るようにしましょう。

英語で検索すると、海外の情報はいくらでも出てくるので、題材選びに困ることはないでしょう。

勉強ではなく「楽しく読める」ということを、優先しましょう。

慣れるまでのコツは、テーマを1つに絞ることです。

たとえば、お料理に興味がある方は、料理の作り方を説明している英文をたくさん読むこと。

料理の作り方なら、何度も同じ内容の英文や単語が出てきます。

材料、分量、具体的な作り方などですね。

調理で使う単語と言えば、“cook”。

“cook”は、調理、料理をするという意味ですよね。

しかし、意外にみなさんが知らない使い方があるのです。

“cook”は、「熱を加えて調理する」という意味があります。

「焼く」「ゆでる」「炒める」などの加熱料理をする際に使うのですね。

まのとも

ですので、「サラダを作る」のは、熱を加えないので、”cook”を使えません。

まのとも

make a salad”になります。

単語の使い方がわかると、楽しいですよね。

こういった、小さな違いは、テーマを絞って「狭く」「深く」読むことで、身につけることが出来ます。

テーマを絞れば、同じような単語が何度も出てきます。

わからない単語でも読んでいるうちに、「こんな意味じゃないかな」とだんだん推測できるようになるのです。

日本語も同じです。

本を読むとき、わからない単語があっても、いちいち調べませんよね。

推測すれば、全体の内容は理解できるのです。

楽しみながらの勉強は、大量の英文を読むことが目的です。

わからない単語があっても、だいたいの意味がわかるのであれば、どんどん読む進めていきましょう。

一方、長文問題集でリーディングの勉強をすると、完璧主義になってしまいます。

わからない単語があると、どうしても全部調べなければ気がすみません。

問題を解くには必要なので仕方がないこと、受験勉強の影響です。

文法や単語をしっかり把握してじっくり読むことは必要ですが、そればかりでは読む英文の量が少なくなってしまいます。

「興味のない」「難しい」英文を「少し」読んだだけでは、リーディング力がつきません。

「簡単」で「楽しい」英文を「大量」に読むことで、リーディング力がつくのです。

英文を大量に読み進める前に注意すべき点とは

alt="独学の画像"

リーディング力をつけるには、多読が必要であるとお伝えしました。

辞書を使わなくても理解できる英文を大量に読むことが必要です。

しかし、単語力に自信のない方は、どうしても辞書が必要になってしまいますよね。

その場合は、先に基本的な単語力をつけましょう。

私が初心者の方におすすめしたい教材は、Z会の速読英単語です。

長文のなかで覚えていくタイプの単語帳なので、長文がたくさん掲載されています。

速読英単語は、知的好奇心がわいてくるテーマばかりなので、楽しく読めるものばかりです。

ネイティブ向けの英文は、見慣れない単語や文構造が多いので、けっこう読むのに大変です。

しかし、学習用の簡単な英文なら、読みやすい文体なので、ストレスを感じることなく読むことができます。

私も、塾で使用している単語帳です。

「単語がなかなか覚えられない」と悩んでいる生徒さんからも、「単語が忘れにくくなった」と好評です。

多読のススメ

alt="本棚の画像"

基礎的な単語力がついたら、どんどん英文を読んでいきましょう。

英文の選ぶポイントは、

①辞書を使わなくても理解できる

②楽しく読める

この2点です。

あともう1つ、大切なことがあります。

自分のレベルに合った英文を読むということ。

わからない英文を大量に読んでも、なかなか効果がでてきません。

この3つの条件に合っているものは、『ラダーシリーズ』や『Graded Reader’s』です。

ラダーシリーズとGraded Reader’sは、英語学習者向けに、語彙数を制限した本です。

自分のレベルに合わせて選ぶことが出来るので、ムリなく英語の本を読むことができます。

今まで、長文読解問題集でしか、英語長文を読んだことがない人がほとんどです。

長文といえども、ぶつ切りの英文です。

長い文章を読んだことがないので、持久力がついていないのです。

まのとも

「TOEICのPart7の長文が時間内に読めない」と悩んでいる人のほとんどが、持久力が不足しています。

英語の本を1冊読み切る。

まずは、1冊でもいいので最後まで読む経験をしましょう。

完読できると自信がつくので、リーディングが楽しく感じます。

多読については、こちらの記事に詳しく解説しているので合わせてご覧ください。

まとめ

今回は、初心者の方向けにリーディング力をつける方法をご紹介しました。

読解力をつけるためには、「長文読解問題集をやるのが効果的」と思う人が多いですが、実は逆効果なのです。

「リーディング力が不足している」と悩む人に共通していることは、「読書量が圧倒的に足りない」ということ。

長文読解問題集をていねいに解くだけでは、読書量が不足しています。

英語の本を、たくさん読むようにしましょう。

簡単でおもしろい英文をたくさん読むことが、リーディング力をつける近道です。

「勉強」という意識を捨てて、ぜひリラックスして英文を読んでいきましょう。

JJ ENGLISHエクササイズ