ネイティブの速いスピードの会話が聞き取れ、英語が自然に口から出てくるようになるトレーニング方法とは!?

「ネイティブの会話が聞き取れない」

「英語では言いたいことの半分も言えない」

「オンライン英会話がだんだん苦痛になってきた…」

このような経験がありませんか?

英語が話せないのは、丸暗記が原因です。

中学・高校で、大量の単語や構文を丸暗記させられました。

たくさん覚えたら、英語が話せるようになれそうですよね。

しかし、実際は、話せる人は、あまりいません。

そうなると「話せないのは、話す練習をしていないから」と思います。

「たくさん話せば喋れるようになる」と、英会話教室やオンライン英会話が大人気。

英会話レッスンを始める人がどんどん増えています。

しかし、「結局英語が話せるようになれなかった」と辞めてしまう人が多いのも事実です。

話すための練習をしているのに、話せないのはなぜなのでしょうか?

英会話は、「自分の想いを英語で伝えること」です。

暗記させられた英文は、自分が話したい言葉ではありません。

テストのために、仕方なく覚えた英文。

興味のない英文を機械的に丸暗記しても、話せるようにはならないのです。

生徒さん

それなら、自分が話したい英文を暗記すれば話せるようになるんじゃない?

まのとも

丸暗記しただけでは、言いたいことが口から出てきてくれないの

英語が「話せない」「聞き取れない」原因は、英語の処理能力が遅いから

英文を日本語に訳しているので、理解するのに時間がかかります。

英語を理解するには、日本語に訳してはいけません。

英語で理解する必要があるのです。

しかし、なぜ多くの人が英語をわざわざ日本語に訳して理解しようとするのでしょうか?

なぜなら、学校でそう習ったから

英文を読んで、日本語に訳すことで意味を理解してきたのです。

しかも、自然な日本語になるよう「意訳」しなければいけません。

生徒さん

英語なのに、国語のセンスが必要っておかしいよね

正しい日本語に訳すには、「返り読み」が必要です。

返り読みは、英文を文の後ろから、訳し上げる方法です。

具体的にどういう方法か、みていきましょう。

次の英文をごらんください。

Through your books, you’ve probably done more than almost anybody to help promote the idea of Japanese culture being cool, but what was your first encounter with Japan?

参照:法政大学 経済学部・社会学部入試問題

法政大学の会話型長文読解問題です。

日本語訳は、

「著書を通して、あなたは、おそらく他の誰よりも日本の文化がクールだという考えを広める活動をされてきていますが、日本との最初の出会いは何ですか?」

という内容です。

 

この英文を日本語に訳すには、目線をあちこち移動させなければいけません。

Through your books, /you’ve probably done /more than almost anybody/to help promote /the idea of /Japanese culture being cool,/ but what was your first encounter with Japan?

英語の語順通りに理解出来れば、文のはじめから終わりまでサーっと読めばOK。

しかし、日本語で理解するとなると、そうはいきません。

数字の通りに読まないと正しい日本語にはならないのです。

を読んだらを飛ばしてに進む。⑤④を飛ばしてに進み、④⑤に戻る。

①⑥②⑤④③⑦という順番に読まなければ、正しい日本語に訳すことはできないのです。

こんな難しいことを、中学生、高校生がやっているのです。

返り読みには無理があると思いませんか?

こんな複雑なことをするより、英語を英語の語順のまま読む方が簡単です。

 

残念なことに、日本語の「意訳」と「返り読み」のせいで、英語が読めない人が大量に増えています。

リスニングができない人は、もっと多いです。

まのとも

リスニングができないのも、読解力が足りないからなの。

生徒さん

えっ リスニングは聞き取る力でしょ? なんで読む力が必要なの?

「音は聞き取れるけれど、意味がわからない」

そう悩む人が、とても多いです。

その原因も、「英語をすばやく理解する力」が足りないからです。

リスニングは一発勝負。

聞いた「瞬間」に理解しなければいけません。

音を聞き取る

意味を理解する

この2つを、瞬間的にやるのです。

まのとも

リスニングが苦手な人は、頭の中で日本語に訳して理解しようとしているよ

生徒さん

だめなの? 日本語に訳さないと理解できないよ…

日本語に訳していたら、音声についていけません。

日本語に訳すということは、無意識に「返り読み」をしているということ。

頭の中で、聞こえた英文を「返り読み」をして日本語に訳しているのです。

まのとも

ものすごく、むりがあるよね

リーディングもリスニングも、鍛えるところは同じです。

リーディングは、文字を見て読む力。

リスニングは、文字を見ないで音だけで理解する力です。

まのとも

文字が見れないから、ネイティブの速いセリフを聞き取るのは、リーディングより大変。
リーディングをスピードアップしたものがリスニングだから、むずかしいの。

英語を速く理解するには、返り読みのクセをなくすことが必要。

英語を返り読みしないで、「英語の語順のまま」理解することがポイントです。

英語をダイレクトに理解するには、中学英語を徹底的にマスターすることです。

生徒さん

中学英語ならかんたんだよ

まのとも

テキスト読んで、問題集やればOKではないよ
理解するだけでは、ぜんぜん足りないの

頭で理解できるだけでは足りません。

すぐにアウトプットできる瞬発力が必要なのです。

学校での授業は、「理解する」まででストップ。

肝心の実践編の勉強をやらないのです。

学校で習わないから、勉強方法がわからない。

リスニングができないし、話せるようにはならないのです。

英語を瞬時に理解し、使えるようになるためのトレーニング方法については、こちらの記事でご紹介しています。

おすすめの教材「JJENGLISHエクササイズ」についての詳細ですが、英語の高速処理能力を身につける具体的な方法もご紹介しているので、ぜひご覧ください。

具体的な勉強方法がわかれば、あとは実践するだけ。

ピアノの練習のように繰り返すことで、ネイティブの生英語がききとれ、英語が話せるようになります。

半年もあれば、見違えるほどの変化が起こります。

ぜひ、本来の能力を引き出し、英語力をアップさせていきましょう!