英会話初心者が英会話スクールに行ってはいけない理由|お金も時間もムダにしない勉強法とは

こんにちは。英語講師の『まのとも』です。

「英会話の勉強をしたいけれど、どうやっていいのかわからない」

そう悩んでいませんか?

英会話スクールに通ったり、オンライン英会話でレッスンを受けたことがある人も、いらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、初心者のうちに英会話スクールに通っても、ほとんどの方が英語が話せるようにならないのです。

私が英会話を始めたのは、大学を卒業して就職してからです。

新卒で航空会社に入社し、キャビンアテンダントとして仕事をしました。

お恥ずかしいのですが英語力がなかったので、慌てて英会話スクールに通いだしたのです。

しかし、英会話スクールに通っても、ほとんど話せるようにはなりませんでした。

お金も時間もたくさん使ったのに、話せるようにはならない…。

「私には語学の才能がない」と思っていました。

しかし数年後、あることがきっかけで、英語が話せるようになったのです。

今では、その経験を生かして中学生や高校生、そして社会人に英語を教えています。

中学・高校と6年間も勉強したのに、英語を話せるようになった人は、ほんのわずか。

「どうすれば英語が話せるようになるの?」

そう悩む人があまりにも多いのです。

この記事では、私が英会話を勉強してきた中で、結果を出せた方法をご紹介します。

基本的なことなのに、やっている人はあまりいないような気がします。

勉強方法さえわかれば、かんたんな会話なら、だれでも話せるようになります。

どんな方法か気になりますよね。

早速、はじめましょう!

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

英会話スクールは初心者向けではないってホント?!

「英会話スクールに通ってレッスンをたくさん受ければ話せるようになる」

そう思う人はとても多いです。

しかし、実際にレッスンを受けた人ならわかると思いますが、初心者レベルの場合、そもそも会話が続きません。

「何を話していいのかわからない」

「言いたいことが英語で言えない」

こんなことばかりで、「シーン…」と気まずい沈黙が続くのです。

「英会話スクールで会話表現を学んで、練習すれば話せるようになる」と思われますが、1回のレッスンで学べる会話表現はどのくらいでしょうか。

せいぜい、2つか3つの基本表現くらいです。

「フリートーク」がメインの英会話スクールであれば、話すテーマを自分で考えなければなりません。

レッスンの度に講師が違い、「毎回自己紹介ばかりで終わってしまう」という話は珍しくはないのです。

たった2つや3つのフレーズを練習するために、お金をかけるのはもったいないです。

2つか3つの英文であれば、暗記したほうが早いです。。

フレーズを覚えれば、話せるようになります。

英会話スクールは、練習したことを試すための実践の場です。

レッスンで覚えるのではなく、レッスンに行く前に覚えるのですね。

話せるようになるには、まず自分でたくさんの英文をインプットする必要があります。

では、どのようにインプットすればいいのでしょうか?

具体的に見ていきましょう。

初心者向けの効果的な英会話勉強法とは

初心者が英会話の勉強を始める場合、いきなり英会話スクールに通うのはオススメできません。

まず必要なのは「独学」です。

自分で、勉強して英文をインプットすることが大切です。

独学というと、「ひとりで勉強できるか不安」という方も多いです。

その場合、コーチング型のレッスンであれば、あなたに合った専用のカリキュラムを用意してくれます。

そして、実際に話せるようになるまで、コーチが一緒について指導してくれます。

すごく魅力的ですよね。

しかし、費用が気になります。

ちなみに、コーチング型英会話スクールは、

プログリットが2か月で約42万円

トライズは1年で約180万円。

ライザップイングリッシュは2か月で約42万円。

スタディーサプリEnglishパーソナルコーチプランは3カ月で74,800円です。

英語を身につけるには、本当に高額なお金が必要なのでしょうか?

私は、そうは思いません。

なぜなら、中学英語だけで英語は話せるようになるからです。

「えっ たったそれだけ?」

そうです、たったそれだけです。

中学英語だけで、ネイティブとの会話は出来るようになるのです。

「独学」で学ぶことは、次の3つです。

  • ①単語
  • ②発音
  • ③文法

この3つは基礎力をつけるためにはとても大切なことです。

どのように勉強をすればいいのか、お話していきますね。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

英語の勉強を続けるためのコツ

英会話の勉強は、中学英語だけで十分とお伝えしました。

しかし、話せるようになるには、勉強を続けることが大切です。

時間は、毎日1時間から2時間くらい。

少なくとも3カ月は必要です。

英語の勉強をする習慣がなければ、3カ月も勉強を続けるのはなかなか大変なことです。

そこで、挫折せずに英語の勉強を習慣化させるためのコツをご紹介します。

英語の勉強する目的を具体的にする

目的ははっきりしないと、挫折しがちになります。

「ネイティブと会話を楽しみたい」

これでは、まだまだ具体的ではありません。

だれとどんな話がしたいのか

このポイントは結構重要です。

会話とひとことで言っても、会話の内容はたくさんあります。

  • 学校でのこと
  • 会社や仕事のこと
  • 友達のこと
  • 趣味のこと
  • 楽しかったこと、辛かったこと

私たちは、日本語でも、かなり広い範囲のことを話しています。

幅広いテーマを英語で話せるようになるのは、たいへんです。

効率よく学ぶためには、「話す内容を絞ること」が必要です。

たとえば、まず「趣味だけ」に絞ってみます。

趣味について英語で話すことが出来れば、同じ趣味の外国人のかたと会話が大いに盛り上がりますよね。

アニメやスポーツ、音楽などなど、自分が話したいテーマであれば、楽しく勉強できます。

目的が具体的であればあるほど、自分が英語を話している姿がはっきりとイメージができるのではないでしょうか?

イメージができれば、挫折せずに勉強を進めることが出来るのです。

目的をはっきりさせることは、行き先を決める時と同じです。

 

車を運転する時、道がわからない場合はナビに行き先を設定しますよね。

すると、ナビは目的地をはっきりと示してくれます。

行きたいところが決まっているのに「東京の港区あたり」などとザックリとは設定しませんよね。

当り前ですが、目的地をはっきり入力しなければ、行きたいところにたどり着けません。

英語を勉強する目的をはっきりさせるのも、ナビと同じです。

目的があいまいであると、途中で勉強が面倒になった時が危険です。

「何のために勉強してるんだろう」「別に英語が話せなくても困らないからいいか」など、英語の勉強を辞める理由を探し始めてしまうのです。

もし、英語の勉強をする目的が弱いかなと思うのであれば、もう少し具体的に考えてみてください。

はっきりすればするほど、英語の勉強はどんどん進みますよ。

英語の学習計画を立てる

目的が決まったら、「いつまでに」「何の教材を使って」勉強するのかを決めましょう。

いつまでにやるの?!

期限を決めることは、モチベーションを保つためには大事です。

この先、2年も3年も勉強を続けるのは、気が遠くなりますよね。

しかし、3カ月、6カ月と短期間であれば、ゴールが見えやすいです。

どの教材を使うの?

どのような教材を使って勉強するのかも大切です。

そして、教材の数もだいじ。

いろいろな教材に手を出してしまうと、どれも中途半端になり、ひとつもやり遂げることができません。

最後までやり通すことで、大きな達成感を得ることが出来るので、教材は厳選することが必要です。

英会話の教材は、無限にありますよね。

無料アプリもたくさんあって、どれを使って勉強すればいいのか本当に迷ってしまいます。

迷っているうちに、なんだか疲れてしまって「英会話の勉強はまた今度にしよう」と思う人も少なくありません。

まずひとつの教材をやり遂げることを目標にしましょう。

「独学」の具体的な勉強方法とは

独学で勉強する内容は、次の3つです。

  • 単語
  • 文法
  • 発音

具体的に見ていきましょう。

単語は中学レベルでOK

単語の勉強というと、受験勉強を思い出す人が多いのではないでしょうか?

単語帳を使って、一生懸命勉強しなければいけないって思いますよね。

しかし、会話では難しい単語は必要ありません。

中学レベルの単語で、じゅうぶんです。

日本語も同じですよね。会話であれば、むずかしい言葉はあまり使いません。

しかし、そうお伝えしても、みなさん難しい単語を覚えようとします。

なぜなら、テストや受験のためにやってきた勉強が習慣になっているからです。

どうしても難しいこと勉強してしまう「クセ」から抜け出せないのです。

会話は「中学レベル」の単語で、大丈夫です。

しかし、単語は「見てわかる」「聞いてわかる」だけでは、英語を話せるようにはなりません。

使えるようになるまで、練習することが大切です。

すぐにアウトプットするには、瞬発力が必要です。

単語を見たら「1秒以内」に意味が言えるようにしましょう。

また、英語は単語の使い分けが出来るようになると、レベルアップします。

英語は同じ意味でも単語によって使い分ける必要があります。

たとえば日本語の見るは「見る」のひとつでOKですが、英語の場合は「look」「watch」「see」では意味が違います。

違いをかんたんにご紹介しますね。

[look]

lookは何かを見ようとして「目を向けるとき」に使います。

Look at me.

私を見てください。

「視線」が私の方に向けられているのがわかりますよね。

[watch]

watchは「じっと見る」です。

I watch TV every morning.

私は毎朝テレビをみる。

テレビをじーっと見ているイメージが浮かびませんか?

[see]

seeは、「自然に目に入る、みえる」です。

lookやwatchのように、意識して見るのではなく、自然に目に入ってくる感じです。

映画を見るもseeを使います。

I saw a movie yesterday.

このように同じような意味でも、使う動詞が違うのです。

「覚えなければいけない」と思うと大変ですが、違いがわかると楽しくなりませんか?

英文を読むだけでは、この違いに気がつかないことが多いです。

実際に使ってみようと思った時に、「あれ?lookとwatchとseeって違いがあるの?」と初めて気がつくのです。

「気づき」は英語力を大きくアップすることができます。

勉強をしていて「気づき」があったら、ぜひ自分をほめてあげてくださいね。

Simple English Magic 81/シンプルイングリッシュ

文法も中学レベルでOK

英会話に必要な英文法も、中学レベルで大丈夫です。

大学受験を経験した人なら、中学レベルは楽勝ではないでしょうか?

しかし、中学レベルの問題集を解くだけでは、まだまだです(;’∀’)

全問正解するくらい理解しても、話せるようにはならないのです。

話せるようには、中学レベルの英文をスラスラ言えるようになることが必要です。

例えば、次の文を英語にしてみましょう。

「あなたは、中国語を話せる人を誰か知っていますか?」

「彼女に折り返し私に電話するように伝えて頂けませんか?」

「これは、私が今まで見た中で、最高の映画です」

答えは、こちらです。

Do you know anyone who can speak Chinese?

Could you tell her to call me back,please?

This is the best movie that I’ve ever seen.

いかがですか?

「英作文」なら、できそうですよね。

しかし、スラスラ言うのは難しいかもしれません。

私たちがふだんしている日本語の会話は、頭の中であれこれ考えてから話すことはしませんよね。

考えた瞬間、言葉が口から出てきます。

英語も同じです。

頭の中で、英作文を作るのではなく、パッと話せるようにならなければならないのです。

中学レベルの英文法を勉強する方法は、

①テキストを見て理解する

②問題を解く

③英文を暗記する

この3つのステップで完成です。

③の英文を暗記するが一番大切です。

暗記というと、いいイメージがありませんよね。

丸暗記ではありません。

英語が「スラスラ口から出てくる」よう、何度も練習するのです。

俳優さんが、映画やドラマのセリフを覚えるのと同じです。

お風呂で台本を覚えたり、ブツブツ口に出して何度も練習したり。

何度も繰り返してセリフを覚えています。

俳優さんになったつもりで、英文を覚えてみてください。

シーンをイメージして、感情をこめて言うようにすれば記憶にも残りやすいですよ。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

英語の発音は下手でもいい?

英語は発音が悪くても通じるという人もいます。

確かに通じることもありますが、訳もなく通じるわけではありません。

相手の外国人が、聞き取ろうと一生懸命聞いてくれるから、通じるのです。

発音は、会話だけではありません

リスニング力をアップするにも、発音の勉強は必須です。

自分が発音できる音しか、聞き取ることができないからです。

リスニングができなければ、相手が言っていることを聞き取ることができません。

「何を言っているのかわからない」

このような状況であれば、いくら英文をインプットしても会話のキャッチボールができないのです。

発音が悪くても通じる場合、日本人のような発音でも、英語特有のリズムやイントネーションは身についています。

たとえば、ソフトバンクの社長で有名な孫正義さん。

発音はネイティブのようではありませんが、アクセントとリズムがきちんとできているので、外国人と対等に会話ができるのです。

発音は、コツさえわかればできるようになります。

発音が上手く出来るようになると、自分に惚れてしまいます(笑)

英語の勉強は、すぐに達成度が上がることはないのですが、発音は練習したらすぐに効果が出るので楽しく学習できます。

単語も文法もやる気がしないなって思っている方は、まず発音から演習してみてください。

きっと、「もっとやりたい!」って思いますよ。

発音の勉強について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

まとめ

今回は初心者の方に向けて、英会話の勉強法をご紹介しました。

中学レベルの単語と文法をマスターし、発音の練習が終わったら、いよいよアウトプットです。

英会話スクールやオンライン英会話を始めて、どんどん話す練習をしてみましょう。

英語は、話せるようになったら楽しみが増えます。

日常会話ができるようになったら、英字新聞を読んだりCNNやBBCニュースを見たり、字幕なしで映画を楽しむことに挑戦するのもいいでしょう。

英語はやればやるだけ上達します。

ぜひ、楽しみながら勉強を続けてくださいね。

さいごに

「リスニングが速くて全然聞き取れない」

「英語長文を読むのに時間がかかる」

「長文問題を読み終わった後、内容が頭に残らない…」

そんな経験はありませんか?

英語が「読めない」「聞き取れない」原因は、英語の処理能力が遅いから。

英語を英語の語順のまま理解できないので、英文を読むスピードが遅く、聞き取ることができないのです。

学校の授業では、英文を日本語に訳して理解します。

英語を正しい日本語に訳すには、返り読みが必要です。

たとえば、I play tennis.を日本語に訳す場合、英語の語順では、「①私は」「②する」「③テニスを」です。

日本語に訳すと「①私は」「③テニスを」「②する」です。

英文を頭から読んでいたのに、途中で目線を文の後ろに向けなければいけませんよね。

「英語長文を最後まで読んだけれど、内容が頭に残らない」というのは、「返り読み」の作業に集中して、意味を取る余裕がないからです。

「返り読み」のせいで、英語ができない人が大量に増えています。

リスニングが聞き取れないのは、何が原因でしょうか?

「ネイティブの速い音が聞き取れない」と思いがちですが、原因は「音」だけではありません。

聞き取った英文を頭の中で和訳しているので、リスニングが聞き取れないのです。

リスニングは一発勝負です。

聞いた瞬間に理解しないと、間に合いません。

日本語に訳さず、英語のまま理解できるようになるには、英語脳を身につける必要があります。

英語脳が育てば、英語長文がスラスラ読め、リスニングも聞いた瞬間に理解することが出来るようになるのです。

英語脳を身につける勉強方法とお勧めの教材については、こちらの記事をごらんください。

英語力を身につけるまで、妥協しない、あきらめない。

もっと欲張りな人生を送りましょう!

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ JJ ENGLISHエクササイズ