【英会話初心者向け】独学でマスターできる英会話勉強法|英語講師がくわしく解説します。

こんにちは、英語講師のまのともです。

「英語が話せるようになりたい。だけど、どうすれば英語が話せるようになるのかわからない」という人が多いです。

それもそのはず。

中学・高校で英語を6年間も勉強したのに、話せる人はほとんどいないのです。

話せないだけでなく、「リスニング力がない」と悩む人も多いのです。

外国人に話しかけられても、何て言っているのか聞き取れなかったら、返事ができません。

返事ができないと、会話がストップしてしまうのです。

わたしも、英語初心者のころに英会話スクールに通いました。

しかし、話せるようになるどころか、かえって自信を失ってしまったのです。

レッスンでは、話したくても口から英語が出てきません。

頭の中で必死に英作文をして、やっとの思いで英語を話しても、ネイティブの講師はすぐに返事をします。

その返事に、答えなければいけないけれど、英文が作れない、単語がわからない。

私からの返事待ちで、気まずい沈黙が続きます。

焦りと緊張で疲れてしまい、結局英会話スクールを辞めてしまったのです。

 

英会話スクールは初心者向けではない」ということを、ずいぶん後に知りました。

もっと早くに知っていれば、時間とお金を失うことはなかった。

自信も失うことはなかったのです。

みなさんには、「私のようになってほしくない」という思いで、この記事を書きました。

私の失敗談が、参考になれば幸いです。

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

初心者ほど挫折しやすい英会話レッスンの仕組みとは?!

「独学で英会話をマスターしたい」

そう思う人は、もしかしたら少数派かもしれません。

格安のオンライン英会話がどんどん増えているので、入会する人がとても多いです。

「英語が話せるようになりたい」と思う人が、気軽のレッスンを始めています。

しかし、せっかくレッスンを始めたのに、辞めてしまう人がとても多いのです。

その理由は、次の3つです。

ハッキリとした目的がない

レッスンの効果を感じない

レッスンがつらくなる

具体的に見ていきましょう。

ハッキリとした目的がない

最近では、英会話レッスンは、気軽に始められるようになりました。

オンライン英会話なら自宅で受けられますし、料金が安いからたくさんレッスンが受けられます。

「英語が話せるようになったら楽しいな」「ちょっと試しに始めてみようかな」と気軽に英会話レッスンを始める人がとても多いのです。

はじめのうちは新鮮なことばかりで楽しく感じますが、レッスンに慣れてくるとワクワク感は少なくなります。

思うように話せなかったり、相手が言っていることが聞き取れないと、レッスンがだんだん苦痛に感じはじめます。

そして、「レッスンはまた今度にしようかな」とレッスンを休むことが増え、最後は退会することになるのです。

しかし、英会話レッスンを受ける目的がハッキリしていたらどうでしょうか?

「海外旅行で英語が話せるようになりたい」「仕事で外国人スタッフともっとうまくコミュニケーションできるようになりたい」という気持ちが強ければ、レッスンで上手く話せなくても、「次はがんばろう」と思えますよね。

「なんとなく楽しそう」という気持ちで英会話レッスンを始めると、壁にぶち当たった時に乗り越えることがむずかしいです。

レッスンを続けるには、ハッキリとした目的を持つことが必要です。

小さなことでも大丈夫なので、「英語ができるようになったら何をしたいのか」を考えると、やる気も出てきますよ。

レッスンの効果を感じない

はじめのころは、緊張してもレッスンは楽しく感じるかと思います。

しかし、慣れてくると、余裕が出てくるので、今の状況を客観的に見ることができるようになります。

「レッスンを続けているけれど、あまり上達していないかも」「いつまで続けたら話せるようになるのだろう」と、現状に対しての不満が出てきます。

そして、「このままレッスンを続けていても話せるようになる気がしない」と不安になるのです。

「話せるようになってきた」という達成感がないと、どこまでがんばればいいのか心配ですよね。

英語は、レッスンを受けるだけでは話せるようになりません。

もし、オンライン英会話を週2回受けたとすると、1回のレッスンが30分なら、1週間で1時間。

1年間で52時間です。

52時間というと多く感じますが、52時間は丸2日間と4時間だけです。

たった2日間ちょっとで、英語は話せるようになりませんよね。

会話表現を勉強して、実際に話す練習をするのは、30分程度では足りないです。

短いレッスン時間内で、出来ることは限りがあるのです。

レッスンの効果を出すには、事前に会話表現を自分で練習することが必要です

練習した英文を、実際に使ってみることで、だんだん話せるようになるのです。

「レッスンの効果を感じない」と思う人は、話したいテーマをあらかじめ決めて、使いたい会話表現を練習してからレッスンに参加することをおススメします。

 

Simple English Magic 81/シンプルイングリッシュ

レッスンがつらくなる

レッスンで思うように話せなかったり、相手の言うことが聞き取れないと、つらいですよね。

言いたいことがあっても英語でなんて言っていいかわからないときは、気まずい沈黙が続きます。

私も、話せなくて黙ってしまうことが何度もありました。

「間違ってもいいからどんどん話すことが大事だよ」と講師から励ましてもらうけれど、間違うことが怖いわけではありません。

頭の中に英文がぜんぜん浮かばないのです。

頭が空っぽすぎて話せない。

毎回この調子なのでつらくなり、退会することにしたのです。

当時は、レッスンに参加するだけで英語が話せるようになると思っていました。

ネイティブ講師には「予習してきてね。復習も大事だよ」と言われたことがなかったので、予習が必要とは気がつかなかったのです。

「初心者でもだいじょうぶ」という英会話レッスンはたくさんあります。

しかし、なにも準備せずにいきなりレッスンを受けても、話せる言葉はほんのわずか。

頭の中に英文のストックがないと、アウトプットするものがないのです。

話せるようにならないのは、インプットが不足しているだけです。

「英会話レッスンがつらい」と感じる場合は、インプットをたくさんしていきましょう。

毎日5分続ければ英会話力が向上する。ありそうで無かった英語を話すトレーニングアプリ【トーキングマラソン】

初心者がやってはいけない英会話の勉強法とは?

ここまでで、英会話レッスンを受けて挫折する理由をご紹介しました。

いきなり英会話レッスンを受けても話せるようにはなりません。

話す練習をしても、話せるようにはならないこともあるのです。

話すためは、レッスンを受けるよりも独学で勉強することが効果的です。

英語が話せるようになるには、レッスンだけでは勉強時間が足りないので、自分でも勉強する必要があるのです。

しかし、独学でどのように勉強すればいいのかわからないですよね。

そのため、間違った方法で勉強している人がとても多いのです。

間違った独学の勉強方法とは、どのようなものがあるのでしょうか。

洋画や海外のドラマを見る

単語帳で勉強する

英字新聞を読む

海外のニュースを見る

英語の聞き流しをする

文法を勉強する

以上の6つです。具体的に見ていきましょう。

 

洋画や海外のドラマを見る

楽しみながら英語の勉強をすることは、とても大切です。

好きな映画なら何度見ても飽きないので、勉強を続けられそうですよね。

しかし、洋画や海外のドラマは、ネイティブ向けのもの

会話のスピードが速く、音声変化が多いので、聞き取ることが難しいです。

また、ネイティブならではの会話表現やスラングも出てくるので、英語を勉強するノンネイティブにはハードルがとても高いのです。

せっかく楽しみながら勉強できると思ったのに、聞き取れないのはつらいですよね。

リスニングを勉強するには、いきなりネイティブ向けのものではなく、英語学習用の音声を活用することをおススメします。

ハッキリとゆっくり発音しているので、聞き取りやすいです、

ちなみにTOEICも英語学習者向けの試験なので、リスニング音声はネイティブの生英語よりハッキリゆっくり發音されています。

「速くて聞き取れない」という人が多いのですが、あれでも「生英語」よりは聞き取りやすいのです。

 

単語帳で勉強する

英語を話せるようになるには、単語力は必要です。

しかし、単語を覚えるのに単語帳で勉強していませんか?

単語帳を使うこと自体は、間違いではありません。

単語帳の使い方に注意が必要です。

ノートに書いて覚える

単語を見て覚える

このように受験やテストのための勉強と同じ方法で勉強しても、効果はあまりありません。

話せるようになるには、まず単語の正しい発音方法を知ることが必要です。

 

スペルを見ると、ローマ字読みで発音できそうな単語がたくさんあります。

そのため、「わざわざ音声を聞かなくても発音できる」と思う人がとても多いのです。

しかし、正しい発音方法を知らないと、リスニングでは聞き取れません。

たとえは、virus」という単語ですが、「ウィルス」とは発音しません。

ヴァイルス」と発音するのです。

間違った音で暗記してしまうと、聞き取ることができません。

必ず音声を確認しましょう。

また、音声を聞いて発音することも大切です。

実際に発音できないと、英語を話すことができません。

学校での単語テストの勉強方法がクセになっていて、どうしても書いて覚えがちです。

音声を聞いて、発音する。

この方法で単語の勉強をしていきましょう。

 

英字新聞を読む

社会人や大学生の方は、TOEICの勉強もかねて英字新聞で英語の勉強をする人もいます。

英字新聞を読むのは、リーディングの勉強にはなりますが、話すための練習にはなりません。

また、英字新聞は専門用語が多いので、難しい単語ばかり。

初心者にとってはハードルが高く、挫折する可能性が高いです。

 

海外のニュースを見る

リスニングの勉強のために、CNNやBBCなどの海外のニュースを見る人も多いです。

しかし、英字新聞と同じように、ニュースは難しい単語が多いので、初心者にとってはハードルがとても高いです。

また、海外のニュースはネイティブ向けに作られたもの。

話すスピードが速いので、リスニングの教材としては不向きです。

リスニングの勉強をする場合は、ネイティブ向けではなく、英語学習者向けの音声教材を使うことをおススメします。

自分より上のレベルの勉強をして負荷をかけたほうがいいと思われがちですが、かえって逆効果になります。

自分のレベルに合った勉強をすることが大切です。

「少しかんたんかな?」と思うものでも大丈夫です。

基礎の勉強は、かんたんな勉強の繰り返しです。

いきなり難しいものをやるのではなく、基礎力をつけることが英語上達の近道です。

 

英語の聞き流しをする

英語が聴きとれるようになるには、「聴く量を増やせばいい」と思う人もいるでしょう。

英語のシャワーを浴びればリスニング力が伸びると思い、聞き流しをする人も多いです。

しかし、英語の聞き流しは、上級者レベルの勉強法。

「意味がわからない英文」「音が聞きとれない英文」をたくさん聞き続けても、聞きとれるようにはならないのです。

私たちは、中学・高校の6年間も英語の勉強をしてきました。

それでも英語が聞き取れないのは、「聞く量が足りないから。大量に聞けば耳が慣れて聞き取れるようになる」と信じている人が多いです。

しかし、聞き取れないのは、「慣れ」の問題ではありません。

聞き取れない原因は、「英語特有の音声変化を理解していない」「英語の意味を理解する力(読解力)が不足している」「理解するスピードが遅い」などがあるのです。

リスニングが聞き取れない原因と対策方法について、詳しくはこちらの記事もご覧ください。

文法を勉強する

英語を理解するには、文法力が必要です。

しかし、学校での勉強方法が習慣になってしまい、問題集で難しい勉強することが正しい勉強方法だと信じている人がとても多いです。

しかし、会話に必要な文法は中学レベルで十分。

受験のために勉強した、むずかしい文法はいらないのです。

中学レベルの文法は、理解してOKというわけではありません。

実際に使えるまで、何度も英文を音読して頭に叩き込むことが必要です。

中学・高校と6年間も勉強しても話せないのは、使えるまでの反復練習が不足していることが原因です。

英文がスラスラ口から出てくるよう、何度も音読をして練習しましょう。

Simple English Magic 81/シンプルイングリッシュ

初心者が独学で英会話を勉強する具体的な方法とは

初心者の方が勉強する際、やってはいけない方法をお伝えしました。

どれもが、中級者以上の人がやる勉強法。

初心者にとっては難しくて、挫折する可能性が高いものばかりです。

どの方法もオススメの勉強法を紹介されることが多いので、戸惑った方も多いのではないでしょうか?

英語は自分のレベルに合った勉強をすることが大切です。

基礎力をつけることが、独学での勉強で必要なのです。

基礎力をつけるには、リスニング、文法、単語、発音の勉強をしましょう。

英会話を習うのは、独学で基礎力をつけてから後が効果的です

英会話スクールに行く前に、まずは独学で「聞く」「話す」の力をつけましょう。

 

リスニングを鍛える方法とは

相手が話していることが聞き取れないと、会話はできません。

いくら会話文をたくさん覚えても、英語が聞き取れなければ会話は成り立たないのです。

しかし「勉強の仕方がわからない」という人が多いですね。

学校の授業ではリスニングを十分にやっていないので、勉強方法がわからないのです。

リスニングは「慣れ」だとよく言われます。

たくさん聞いたら聞き取れるようになるということですね。

しかし、量だけこなしても聞き取れるようにはなりません。

まずはじめは、自分のレベルに合った音声を聞くことが大切です。

初心者の方におすすめのリスニング方法は、「意味がわかる英文」で練習をすることです

かんたんな英文からはじめましょう。

長い文章は、集中力がもたないので、まずはひとつの英文だけに挑戦します。

慣れてきたら少しずつ量を増やしていきましょう。

オススメの教材は、NHKラジオ英会話です。

レベルごとに分かれているので初心者でも安心です。

放送時間に合わせて勉強をすれば、勉強を習慣化することができます。

大切なことは続けること。繰り返しの勉強が必要です。

NHKの語学講座アプリ「NHKゴガク」を使えば、音声を何度も聞くことができるので、復習もしっかりできます。

「単語マスター」を使えば、3500個の単語が覚えられます。

会話に必要な単語にフォーカスしているので、ムダなく学べるのが嬉しいですね。

くわしくは、こちらの公式ページをご覧ください。

もう1つのおすすめは「スタディサプリENGLISH」です。

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

もっと、本格的に学びたいという方向けです。

はじめに簡単なテストを行い、今のレベルを測定します。

そして、自分のレベルに合ったコースからレッスンを始めることができます。

「日常英会話コース」は、7つのレベルにわかれています。

  • レベル1英検5級
  • レベル2英検4級
  • レベル3英検3級
  • レベル4英検準2級
  • レベル5英検2級 TOEIC600点程度
  • レベル6英検2級 TOEIC700点程度
  • レベル7英検準1級 TOEIC800点程度

これだけこまかく分かれているので、より自分に合うレベルでレッスンできますね。

大切なことは、自分のレベルに合った学習をすることです

私の友人で、英会話スクールに通っていた人がいるのですが、「まったく聞き取れない、話せない」状態でスタートしました。

「プライベートレッスンだからたくさん練習できる!」と楽しみにしていたのですが、「聞き取れない・話せない」から会話にならない。

そこで、友人は「通訳アプリ」を使ってレッスンを受けていたのです。

言いたいことを入力して、アプリが代わりに話してくれる。

ネイティブ講師が何て言っているかわからないから、アプリを使って通訳してもらう。

またアプリを使ってお返事する。

これの繰り返しです。

これはレアケースかもしれませんが、「言いたいことが英語で言えない」「ネイティブ講師が何て言っているかわからない」という人はとても多いです。

自分のレベルに合っていないと、レッスンはとてもつらく感じてしまいます。

自分のレベルをチェックできるスタディサプリENGLISHは、初心者が挫折しないように設計されているのです。

また、会話の内容も魅力的。

大ヒットドラマ「ごくせん」「ナースのお仕事」などを手掛けた脚本家、江頭美智留氏によるドラマ式レッスン。

リアルな場面にもとづくストーリーなので、実際に使える会話がもりだくさん。

飽きずに楽しく学べるのが魅力です。

楽しみながら学習できるプログラムがたくさん紹介されています。

くわしくは、こちらのホームページからご覧ください。

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

 

基礎的な文法力をつけるには中学英語でじゅうぶん

文法が苦手という人はとても多いです。

分厚い参考書、難しい問題。見るだけでも拒絶感を起こしてしまいそうですよね。

しかし、英会話に必要な文法は、中学英語でじゅうぶんです。

難しい文法は必要ありません。

英語の語順をマスターすることが大切です。

単語がどういった順番で並べられているのかを知らなければ、英語を話すことができません。

英語の語順を説明しているのが「5文型」です。

Sは主語、Vは動詞、Oは目的語、Cは補語です。

この5文型が、英会話では大事な文法なのです。

英語と日本語は語順が違うので、英語の語順をしっかり理解することが必要です。

英語は、「主語+動詞+目的語」ですが、日本語は「主語+目的語+動詞」です。

たとえば、次の文章をごらんください。

私はテニスをします.

I play tennis.

英語の場合は、「私は、します、テニスを」になります。

もっと違うのが否定形。

私はテニスをしません

I don’t play tennis.

日本語は否定がいちばん「最後」に来ますが、英語は「主語のすぐ後ろ」です。

英語は、結論を先に言うルールがあるのです。

日本語は話を最後まで聞かなければ、結論がわからないですよね。

テレビ番組で、タレントにその商品を買うか買わないかを決めるときのセリフが、日本語の特徴をとらえています。

「かいまーーーーーーーーーーせん!」

じらして、最後に結論を言うのです。

日本語に慣れている私たちは、無意識のうちに文の最後に意識を集中させがちです。

英語は結論を先に言うので、リスニングの時は、文の頭に意識を集中させて聞くことがポイントです。

会話ができるようになるには、文型の他に受動態、不定詞、関係代名詞など、そう多くはありません。

集中して勉強すれば、短期間で文法の勉強は終わるので安心してくださいね。

 

語彙力を増やす

単語の勉強というと、どうしても単語帳で必死に覚えるイメージがありますよね。

日常会話で必要な単語は、約3000語。

中学で習う単語でじゅうぶんだと言われています。

海外の映画やドラマで使われている80%以上が中学で習う英単語なのです。

「話す」ことを優先するのであれば、難しい単語を覚えるのは逆効果。

話すために必要な単語をまず覚えましょう。

ここで注意したいのが、単語の覚え方です。

単語を覚えるとき、紙に書いて覚えませんでしたか?

話すことが目的なので、書くのは逆効果です。

単語を見て、意味が理解できればOK。

書いて覚える方法は、時間が掛かる割には覚えにくいので、おススメできません

大切なのは、単語の読み方です。

必ず音声を聞きながら覚えるようにしましょう。

発音をマスターする

ネイティブみたいにきれいな発音ということではありません。

英語のリズム、イントネーションをしっかりマスターすることが大切です。

海外旅行に行ったら、ショッピングやレストランで食事をする際、英語で話したいですよね。

とくに、レストランで注文する時がドキドキ。

定員さんに「通じなかったらどうしよう」って不安になります。

こちらの動画は、「water」の発音の仕方を説明しています。

「water」の発音、かんたんそうで、けっこうむずかしいです。

動画を見ながら、ぜひ挑戦してみてください。

英語は聞き取るのが難しいと感じる人が多いですね。

発音が苦手という人は、もっと多いです。

しかし、自分が発音できない音は聞き取れません

正しい発音方法を身につけなければ、リスニングの練習を何度しても聞き取れるようにはならないのです。

発音はとても大切なので、基礎からしっかり勉強しましょう。

発音の勉強方法について、くわしくはこちらの記事をごらんください。

さいごに

「ネイティブの会話が聞き取れない」

「英語では言いたいことの半分も言えない」

「オンライン英会話がだんだん苦痛になってきた…」

このような経験がありませんか?

英語が話せない原因は、「話す練習が足りないから」と言われています。

だから、英会話教室やオンライン英会話が大人気。

入会者がどんどん増えています。

しかし、入会する人が増える一方で、退会者も増えているそう。

「結局英語が話せるようにはならなかった」と辞める人が後を絶たないのです。

話す練習をしているのに、なぜ話せるようにならないのでしょうか?

それは「機械的な丸暗記が原因」です。

実は、ネイティブの会話は、中学レベルの英語がほとんどです。

むずかしい英文を暗記しても、会話には役に立ちません。

高校受験・大学受験で、難しい英文ばかり丸暗記したので、英語が話せる人がほとんどいないのです。

中学英語を、使えるレベルまでトレーニングする必要があります。

しかし、中学レベルの英文を「暗記」したり「音読」するだけでは、英語は話せるようになりません。

話せるようになるには、ネイティブのスピードについていける「高速処理能力」を身につけることが必要なのです。

「高速処理能力」を身につけるには、どうしたらいいのでしょうか?

くわしい勉強方法やおススメの教材については、こちらの記事で紹介しているのでごらんください。

高速に英語を処理できる「英語脳」を身につけることが出来れば、リスニングが聞いた瞬間に聞き取れるようになります。

口から英語がスラスラ出てくるようになるのです。

英語脳が身につけば、英語力は飛躍的にアップします。

ぜひ、自分の力を試してみてください!

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ JJ ENGLISHエクササイズ