3カ月で英語が話せるようになるコツを大公開!ちょっと変わった英会話勉強法とは?

こんにちは。英語講師の『まのとも』です。

「たった3カ月で英語が話せるようになる」

あなたは、この言葉を聞いてどう思いましたか?

たった3カ月で話せるようになるなら、日本中のみんながペラペラになっているはずです。

現実は、ほとんどの人が話せないですよね。

英語が話せないのは、学校で習わないから。

具体的な勉強方法がわからないので、英語ができないのです。

今回は、英語が3カ月で話せるようになる方法をご紹介します。

学校の授業とは、勉強の仕方がぜんぜん違うので、「ほんとにこの方法でいいの?」って思うかもしれませんね。

だいじょうぶです! それでは早速はじめましょう!

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

短期間で英語が話せるようになる3つの条件とは!?

英語を短期間で話せるようになるには、コツが3つあります。

  • 目的を明確にする
  • 自分の世界を狭くする
  • 気分は俳優、ひとり芝居を演じる

以上の3点が大切です。

ちょっと変わっているかもしれませんね。

けれど、効果バツグン!

短期間で英語をマスターするには、意識したいポイントがあるのです。

具体的に見ていきましょう。

英語が話せるようになりたい目的を明確にする

「何のために勉強をするのか」

英語の勉強する目的をはっきりさせることは、とても重要です。

「英語が話せるようになりたい」と思う理由をはっきりさせましょう。

「英語が話せるようになれたら楽しいだろうな」「英語が話せたらかっこいいな」と、なんとなくの気持ちで英語の勉強を始める人がとても多いです。

しかし、いざ勉強を始めてみると、楽しいことばかりではありません。

飽きてきたり、苦痛に感じ始めると、英語の勉強をやめたくなります。

「べつに英語が話せなくても困ることないし」「今勉強しなくてもいいかな」と、勉強をやめる理由を探し始めるのです。

しかし、目的がハッキリしていたら、挫折することはないですよね。

「同じ職場のクリスともっとうまくコミュニケーションできるようになりたい」

「もっといい会社に転職したいからTOEICで900点取りたい」

「こんどこそ次の海外旅行では、店員さんと会話を楽しみたい」

このように、具体的であればあるほど、前向きに勉強できるのです。

しかし、多くの人は

「海外旅行を楽しみたい」

「外国人の友達が欲しい」

「英語を生かした仕事がしたい」

と、目的が「ふわっ」としています。

英語の勉強だけでなく、夢や希望を実現するのに必要なことは、「明確な目的を持つ」ということです。

海外旅行で英語を話すことで、どのような結果を得たいのか?

どうして外国人の友達が欲しいのか?

英語のスキルをどのように生かしたいのか?

英語を使った仕事をしてどのような結果を得たいのか?

このように、つっこんで質問すると、もっと深く考えることができます。

話せるようになった人は、具体的な目的があったケースが多いです。

「今度外国人のホームステイの受け入れをすることになった。お互いの趣味について英語でコミュニケーションしたい。東京案内を英語でしたい。」

「外国人のお客様が多いホテルで仕事がしたい。おススメの観光地はどこか、おいしい食事が楽しめるところはどこかなど、おもてなしのために英語をもっと話せるようになりたい」

これくらいはっきりしていたら、勉強もはかどるでしょう。

はっきりイメージできるくらいに、目的を明確にすることがとても大切です。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

 

自分の世界を狭くする

「自分の世界を狭くすること」とは、どういいうことでしょうか?

さきほど、「英語を話せるようになりたい目的を明確にしましょう」とお伝えしました。

これは、言い方を変えれば、「ピンポイントな目的」をつくるということです。

目的がはっきりしている人は「話す英語の分野が限定されている」のです。

「英語が話せるようになれたらいいな」とふわっとした願いであると「何について英語で話したいのか」、あまり考えたことがないかもしれません。

その場合、勉強方法を絞ることができないのです。

いろいろな場面で英語が使えるようになれると一番いいのですが、短期間で英会話をマスターするには「仕事だけ」や「趣味だけ」など、まずは話すテーマを絞ることがポイントです

ダイビングコーチ ジャクソンの事例

ここで、外国語が話せるようになる方法として、具体的な事例をご紹介します。

私がグアムにダイビングのライセンスを取りに行った時の話です。

私たちのグループを担当してくれたのが、ジャクソンというアメリカ人の男性でした。

グループ全員が日本人だったので、ジャクソンはすべて日本語でダイビングの実習を行いました。

ジャクソンは、発音が日本人かと思うほど上手。

流ちょうな日本語で的確に指示してくれるので、命にかかわる危ない実習を行うときも、安心して指示に従うことが出来ました。

実習が終わって、休憩時間の時のことです。

ジャクソンと英語で話してみたくて、みんなでいろいろ話しかけました。

しかし、なんだか反応がいまいち。

「嫌われているのかな…」と思ったら日本語ができない」というではありませんか!

実習の時はあんなにペラペラな日本語なのに、「日本語ができない」ってどういうこと?

不思議に思って聞いてみると、「ダイビングは仕事。日本人のお客さんに説明できるようダイビングに関することは完璧に日本語で言えるよう勉強した。でもそれ以外は勉強していないから、何を言っているかもわからないんだ」と、英語で説明してくれました。

なんと…。

てっきり日本語ペラペラだと思っていましたが、違ったのです。

仕事で日本語ができれば、普通の会話も日本語でできると思いますよね。

しかし、仕事の英語と日常会話は「別物」だったのです。

海外で活躍するビジネスマンも同じような状況があります。

「商談はバリバリ英語でできても、パーティーでは話せない。」

何を話していいかわからなくて、輪に入っていけない、という話はよく聞きます。

日常会話とひとことでいっても、話すテーマは幅が広いですよね。

挨拶や天気のこと、子どものことや趣味のことなど、話すテーマは無限にあります。

多くの話題を英語で話せるようになることは、実はとてもハードルが高いのです。

短期間で英語が話せるようになるには、さきほどご紹介したダイビングコーチのジャクソンのように、話すテーマを絞ることが必要です。

英語を勉強する目的がハッキリしている人なら、テーマ選びに困ることはないでしょう。

しかし意外に「何を話せばいいのか困る」という人が多いです。

お天気の話題では、会話がすぐに終わってしまいます…。

趣味の話であれば盛り上がりますよね。

自分がワクワク楽しくなるようなテーマであれば、勉強もやる気が出ます。

 

気分は俳優 ひとり芝居を演じる

短期間で英語が話せるようになるには、話すテーマを絞ることでしたよね。

観光案内の英語

お料理の英語

自分の趣味の英語

これらのように話す英語の内容がわかれば、あとは話すためのトレーニングをするだけです。

具体的な方法は「話したいフレーズを何度も口ずさむ」ということ。

話したいフレーズを何度も練習するだけでいいのです。

インプットがなければ、話すことはできません。

インプット、すなわちスラスラ言えるまで、何度も繰り返し練習するのです。

暗記というと、嫌なイメージがあると思いますが(笑)

「俳優さんがセリフを覚えるのと同じ」と考えてみてはいかがでしょうか?

俳優さんたちは、撮影本番に向けてセリフを覚えなければなりません。

覚え方は人それぞれですが、「何度も繰り返し練習する」というのはみんなに共通しています。

同じセリフを何度も練習すれば、覚えるようになりますよね。

俳優さんになった気分でセリフの練習をしてみてください。

私は、英語講師になる前は、キャビンアテンダントをしていました。

英語ができなくて恥ずかしい経験は山ほどあります。

詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。

しかし、機内サービスの英語を何度も練習することで英語が話せるようになりました。

機内アナウンスも全部暗記しているので、スラスラ言うことができます。

頭であれこれ考えることなく口からスラスラでるようになるためには、何度も声に出して練習するしかありません。

大変そうに思えますが、話せるようになった自分を想像すれば、大変さも乗り越えることができます。

目的が明確であるから、乗り越えることができるのです。

インプット出来たら、実際に外国の方々と話してみてください。

会話が続くことのうれしさ」「理解しあえる喜び」を味わうことで自信を持つことができます。

自信がつけば、どんどん英語は上達します。

話すテーマを少しずつ広げていけば、色々な会話もできるようになり、外国人と英語で話すことが楽しくなります。

AIの登場で、英語が話せなくても自動翻訳できるから大丈夫っていう人もいるでしょう。

しかし、自分の言葉で気持ちを伝えたいですよね。

相手の言っていることを、「自分で」理解したいですよね。

やはり、直接コミュニケーションすることに勝るものはありません。

英会話の勉強に文法は必要ない!?

「英語ができるようになるには、単語がいちばん大事」という人はとても多いです。

確かに、単語を知らないと話すとき困りますよね。

たったひとつの名詞がわからないだけで、「何のことを話しているのだろう…?」とモヤモヤした気持ちになることもあるのです。

しかし、単語だけわかっていても、文章を作ることはできません。

単語を並べるだけでは、通じないこともあるのです。

単語を並べるだけで通じることもありますが、やはり大人として教養のある人とはみなされないでしょう。

英語は日本語のように「てにをは」がありません。

日本語は単語の並び順は特に決まっていません。

私は彼に本をあげた。

彼に私は本をあげた。

本を上げた私は彼に。

単語の並べ方がバラバラでも、意味は同じですよね。

日本語は「てにをは」を正しく使えれば、語順は自由なのです(不自然な文にはなりますが…)。

一方、英語は、単語の並べ方で意味が決まります。

「私は彼に本をあげた」は、「I gave him a book.」になります。

「I gave a book him.」や「Him gave a book I」とはできません。

主語+動詞+目的語と順番が決まっています。

「give」は、すぐ後ろに「人」が来ます。そして、「人」の後に「もの」が来ます。

「I gave him a book.」も、giveの後は「人」「もの」の順番になっていますよね。

「I gave a book him」とは言えないのです。

「もの」が先に来る場合は、「to」を加えて、「I gave a book to him」とすればOK.

このように、単語の並べ方がわかれば、英文を自由に作ることができるのです。

この英語の語順の勉強は、中学英語に含まれています。

他にも、疑問文の作り方や否定形、未来や過去のことを表す方法は、すべて中学英語です。

中学レベルの英文を何度も音読することで、文法を使えるレベルまでアップさせることができます。

文法は、問題集を解くだけではじゅうぶんではありません。

口から英文がスラスラでてくるまで、何度も練習しましょう。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

さいごに

「リスニングが速くて全然聞き取れない」

「英語長文を読むのに時間がかかる」

「長文問題を読み終わった後、内容が頭に残らない…」

そんな経験はありませんか?

英語が「読めない」「聞き取れない」原因は、英語の処理能力が遅いから。

英語を英語の語順のまま理解できないので、英文を読むスピードが遅く、聞き取ることができないのです。

学校の授業では、英文を日本語に訳して理解します。

英語を正しい日本語に訳すには、「返り読み」が必要です。

たとえば、I play tennis.を日本語に訳す場合、英語の語順では、「①私は」「②する」「③テニスを」です。

日本語に訳すと「①私は」「③テニスを」「②する」です。

英文を頭から読んでいたのに、途中で目線を文の後ろに向けなければいけませんよね。

「英語長文を最後まで読んだけれど、内容が頭に残らない」というのは、「返り読み」の作業に集中して、意味を取る余裕がないからです。

「返り読み」のせいで、英語ができない人が大量に増えています。

リスニングが聞き取れないのは、何が原因でしょうか?

「ネイティブの速い音が聞き取れない」と思いがちですが、原因は「音」だけではありません。

聞き取った英文を頭の中で和訳しているので、リスニングが聞き取れないのです。

リスニングは一発勝負です。

聞いた瞬間に理解しなければいけません。

日本語に訳さず、英語のまま理解できるようになるには、英語脳を身につける必要があります。

英語脳が育てば、英語長文がスラスラ読め、リスニングも聞いた瞬間に理解することが出来るようになります。

英語脳を身につける勉強方法とお勧めの教材については、こちらの記事をごらんください。

英語力を身につけるまで、妥協しない、あきらめない。

もっと欲張りな人生を送りましょう!

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ