「英語が話せるようになりたい!」独学で英会話をマスターする具体的な方法とは|英語講師が解説します

みなさま、こんにちは。英語講師のまのともです。

「独学で英語が話せるようになりますか?」という質問をよく受けます。

答えは、もちろん「YES」です。

正しい方法で練習すれば、英語は誰でも話せるようになります。

しかし、独学の場合は、何から勉強したらいいのかわからないですよね。

今回は、「どうしても英語が話せるようになりたい」と思うあなたに向けて、独学で離せるようになる英語の勉強方法をご紹介します。

きちんと練習すれば、英語は話せるようになります。

早速、はじめましょう!

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

独学でも本当に話せるようになるの?

英語が話せるようになりたいと思う人は、大きく2つのタイプに分けることができます。

学校を卒業してから、まったく英語を勉強していない人。

そして、勉強はしていたけれど途中で挫折してしまった人です。

英会話スクールに通ったり、英語教材を試したり、会話文を一生懸命暗記したり…。

頑張って勉強してきたけれど、英語は話せるようにならなかった…という方も多いのではないでしょうか?

努力しても話せるようにならないのには、理由があります。

間違った方法で勉強をしても、英語は話せるようにはなりません。

正しい方法で勉強すれば、英語は話せるようになります。

勉強方法さえ間違わなければ、誰でも話せるようになるのです。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

 

独学でやりがちな間違った英語の勉強法とは?

独学の場合、ひとりで勉強するので、アドバイスをしてくれる人がいません。

間違った方法で勉強していても、気がつかないままずれた方向に進んでしまうのです。

間違った英語の勉強方法は、どのようなものがあるのでしょうか?

洋画や海外のドラマで勉強する

海外のニュースでリスニングの勉強をする

洋書や英字新聞を読む

むずかしい問題集を解く

大量のリスニングをする

詳しく見ていきましょう。

洋画や海外のドラマで勉強する

洋画や海外のドラマで、英会話やリスニングの勉強をする人がとても多いです。

楽しいので、勉強を続けることができますよね。

しかし、洋画や海外のドラマは、とても難しいのです。

なぜなら、英語ネイティブ向けのものなので、「生英語」そのものです。

教科書には出てこない表現が多いので、理解することがむずかしいです。

スラングや、欧米ならではの文化や習慣の違いは、日本人にとって理解するのはハードルが高いです。

発音も、教材のようにハッキリゆっくりではないので、聞き取りにくい。

聞き取りにくいし、意味も理解できないので、途中で挫折してしまう人があまりにも多いのです。

海外のニュースでリスニングの勉強をする

海外の「生英語」でリスニングの勉強をする人がとても多いです。

アプリを使えば、便利なので、海外のニュースでリスニングの勉強をする人がますます増えているのです。

しかし、洋画や海外のドラマと同様に、海外のニュース番組は、ネイティブ向けのものです。

発音のスピードが速く、なかなか聞き取ることができません。

また、ニュースは難しい単語がたくさん出てきます。

たとえば経済のニュースは、株や市場に関する専門用語が多いので、日本語でも理解するのが大変です。

政治・経済・スポーツ・天気など、ニュースは扱うテーマの数がとても多いので、全てを理解するのはとても難しいのです。

海外のニュースや、映画、ドラマは、英語学習者向けではありません。

TOEICや英検のような英語学習者向けの英語に比べて、難易度がとても高いのです。

実は、海外のニュースや映画・ドラマは、TOEIC900点より難しいのです。

この件については、こちらの記事で詳しくご紹介しているので、ご覧ください。

このハードルの高さをあらかじめ知っていたら、挫折せずに英語の勉強を続けることができたはずです。

勉強内容がのレベルの違いを知ることは、思った以上に大切なことなのです。

洋書や英字新聞を読む

リーディング力をつけるために、英字新聞や洋書を読む人もとても多いです。

しかし、洋書や海外の新聞もネイティブ向けです。

英語学習者向けではないので、とてもハードルが高い勉強法なのです。

ハリーポッターは英語ネイティブであれば、小学生も読んでいます。

そのため「自分にも読めそう」と挑戦したくなるのです。

しかし、小学生でも読めるといっても、英語を勉強する人にとっては、難易度が高いです。

挑戦したものの「むずかしい…」と挫折する人が多いのです。

いきなり洋書や英字新聞は難しいなら、子ども向けの絵本はどうでしょうか?

実は、子ども向けの絵本は、意外に難しいのです。

ネイティブなら誰でも知っている子どもが使う単語であっても、学校では習わないので理解できません。

会話型の英文も、ネイティブならではの言い回しが多く、むずかしい。

欧米ならではの文化や風習の話になると、さっぱり理解できないのです。

学校の英語の授業は、ネイティブにとっては当たり前の日常的な表現は勉強しないので、知らないことが多いです。

そのため、子ども向けの絵本はかえってハードルが高いのです。

むずかしい問題集を解く

自分よりレベルの高い問題集に取り組み、負荷をかけることが効果的だと信じている人が多いです。

しかし、基礎ができていない段階で、難しい問題に挑戦しても、英語はできるようになりません。

難しすぎると、問題が解けないばかりか、解説を読んでも理解できないのです。

英語の勉強というと、とりあえずTOEICや英検などの資格試験の勉強しようと思いがちです。

なぜなら、学校での英語の授業は、高校受験や大学受験が主な目的だから。

むずかしい問題集を解くことができれば、志望校に合格できる。

だからこそ、むずかしい問題を解くことが英語力をアップさせる方法だと思うのです。

しかし、英語を勉強する目的は人によってさまざまです。

「英語が話せるようになりたい」と思うなら、むずかしい勉強は必要ありません。

中学レベルの英語でじゅうぶんなのです。

受験の経験によって、無意識に難易度が高いことを目指しがち。

英語は、基礎が重要。

中学英語を理解し、使えるようになるまで繰り返し練習することが大切です。

 

大量のリスニングをする

「たくさん聞けばリスニングは出来るようになる」

そう信じている人がとても多いです。

しかし、ただひたすら聞く量を増やしても聞き取れるようにはなりません。

耳が慣れて聞こえるようになる」ということはないのです。

聞き取るためには、単語や英文の正しい発音方法を理解することが必要です

理解するだけでなく、実際に発音できることが大切。

ノウハウだけでなく、実際に使えるまでにならないとリスニング力をアップさせることは難しいのです。

また、リスニングは、音を聞き取るだけでなく、意味を理解する力が必要です。

意味を理解する力とは、読解力。

英文を読む力が必要なのです。

「リスニングなのに読解力ってどういうこと?」と疑問に感じますよね。

同じ英文を「読んで理解するのは読解力」、「聞いて理解するのはリスニング力」です。

理解するための方法が変わるだけで、元は同じ英文なのです。

リスニングで聞き取れない英文があったら、読んでみてください。

読んで理解するのに時間がかかる場合は、聞き取ることができません。

つまり、音が聞き取れないのではなく、読解スピードが遅いので、リスニングの音声についていけないのです。

意味が理解できない時は、大量にリスニングをしても効果がありません。

リスニングは、聞き取れない原因をはっきりさせて、原因に合った対策を取ることが大切なのです。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

英語が話せるようになるためには独学が絶対に必要な理由

「英語が話せるようになりたい」

そう思う人は、英会話スクールやオンライン英会話を始める人が多いです。

しかし、「ぜんぜん話せるようにならなかった」と挫折する人が後を絶ちません。

英会話スクールやオンライン英会話は実践の場、試合のようなものです。

話す練習をすれば、話せるようになるわけではありません。

基礎力が不足している場合、いきなり英会話レッスンを受けても話せるようにはならないのです。

インプットが足りないと、アウトプットができません。

何も見ないでスラスラ言える英文が頭の中に蓄積されていないと、口から英語は出てこないのです。

このインプットこそが、独学で勉強すべきことです。

独学よりも、スクールで教えてもらったほうがいいと思う人は多いでしょう。

しかし、1回30分から60分程度のレッスンを受けるだけでは、話せるようにはなりません。

英語は練習する量が必要なので、自分でも勉強しなければ力がつかないのです。

英語が話せるようになるには、独学は絶対に外せないステップ。

独学で勉強しなければ、英語は話せるようにはなりません。

 

英語が話せるようになる効率的な独学方法とは

では、英語を話せるようになるための勉強方法をご紹介します。

1.文法を勉強する

英文法といっても、学校で習ったような難しい文法ではありません。

話すための文法です。

話すための文法とは、英語の語順のこと

英語は、日本語とは文構造が全く違います。

次の英文をごらんください。

I have a friend who can speak English.

「私は英語が話せる友達がいます」という意味ですね。

この英文と、日本語訳の動詞の位置に注目して欲しいのです。

I have a friend who can speak English.

私は英語が話せる友達がいます

日本語は動詞が最後

英語は主語のすぐ後に来ます

これはどういうことかというと、「英語は結論を先に言う言語」ということ。

日本語の場合は、逆。

話を最後まで聞かないと、言いたいことがわからないのです。

では、こちらの文はどうでしょうか?

I 1have money.

I don’t have money.

英語の場合、結論がはじめに来ます。

英語の場合、お金を「持っている」「持っていない」がはじめにわかります。

しかし、日本語の場合は、

私はお金を持っています

私はお金を持っていません

最後まで待たないと、お金を持っているのか、持っていないのかがわかりません。

「買いまーーーーす」

「買いま――――せん」

芸能人がテレビ番組で言っているあのセリフ。

最後まで聞かないと結論がわかりませんよね。

これは日本語の特徴をよく表していると思います。

このように、英語が話せるようになるには、英語特有のルール(英文法)を知る必要があります。

Simple English Magic 81/シンプルイングリッシュ

2.話す練習だけに集中する

英語を話せるようになるためには、「話す」練習をしなければなりません。

何度も練習すれば話せるようになります。

子どもは、覚えたばかりの言葉を何度も何度も話します。

はじめは、たどたどしかったのに、いつの間にかスラスラ言えるようになっています。

大人が英語が話せるようになるステップも、子どもと同じです。

ポイントは、「しつこいくらい」同じことを繰り返し言うということ。

覚えてしまうくらい何度も繰り返し練習しましょう。

3.発音の練習をする

「発音が悪くても英語は通じる」とよく言われます。

しかし、実際は通じないことが多いです。

英会話スクールやオンライン英会話は、いわばサービス業。

外国人講師は聞きづらい発音でも一生懸命聞いてくれるのです。

間違った発音で練習したら、変なくせがついてしまうので注意が必要です。

発音の練習やおススメの教材については、こちらをご覧ください。

英語を話す目的をはっきりさせる 実はこれが一番大事!

英語が話せるようになるために大切なことは、目的をはっきりさせることです。

「英語を話せるようになって何をしたいか」を明確にすること、これがいちばん大事なのです。

・英語が話せるようになりたい

・TOEICで800点取りたい

これらは一見目標のように見えますが、実は「手段」です。

英語が話せるようになって何がしたいのか、TOEIC800点取って何をしたいのか、これが本当の目標です。

英語を話せるようになったその先の生活はどうなっていますか?

海外旅行で外国人と会話を楽しみたい

外国人と友達になりたい

通訳になりたい

このようにゴールを鮮やかにイメージしたほうがいいのです。

この目標設定がしっかりできていないと、勉強を続けることができません。

苦しくなってくると、「まあいいか」と簡単に挫折してしまうのです。

英語が話せなくても困ることはありません。

ほとんどの人が話せないので、ぜんぜん恥ずかしくないです。

練習サボっても、誰にも怒られません。

このような環境では、英語が話せるようにはならないのです。

 

英語の勉強を続けるには、目的をはっきりさることが大切です。

英語を使って何をしたいのか

もう一度、英語の勉強の目的を思い出してみましょう。

きっと、やる気が出てくるはずです。

 

まとめ

英会話ができるようになった日本人は、残念ながらあまり多くはありません。

なぜなら、学校での授業は、受験のための英語。

難しいことばかりやらせた結果、英語嫌いな人を増やす結果になってしまいました。

英語が話せるようになる正しい勉強方法がわからないから、多くの人が苦しんでいるのです。

英会話スクールやオンライン英会話も同じです。

初心者が、いきなり英会話レッスンしても話せるようにはなりません。

大切なことは、十分な基礎力をつけること。

中学レベルの文法と単語をしっかりマスターしたら、英語は話せるようになります。

大切なことは、くり返し練習することです。

何度も英文を口ずさんで、スラスラ言えるようになるまでトレーニングをしましょう。

さいごに

「ネイティブの会話が聞き取れない」

「英語では言いたいことの半分も言えない」

「オンライン英会話がだんだん苦痛になってきた…」

あなたも、そう悩んでいませんか?

英語が話せない原因は、「話す練習が足りないから」と言われています。

だから、英会話教室やオンライン英会話が大人気。

入会者がどんどん増えています。

しかし、入会する人が増える一方で、退会者も増えているそう。

「結局英語が話せるようにはならなかった」と辞める人が後を絶たないのです。

話す練習をしているのに、なぜ話せるようにならないのでしょうか?

それは、学校の授業でやった、日本語に訳すための「返り読み」が原因です。

日本語に訳して意味を理解するので、英語をダイレクトに理解できません。

日本語を使わないと英語を理解できないので、処理能力がとても遅いのです。

英語を話すには、ネイティブのスピードについていける「高速処理能力」を身につけることが必要です。

英語をすばやく瞬間に理解しなければ、一生懸命勉強しても英語力がアップしないのです。

英語の高速処理能力、すなわち「英語脳」を身につける方法や、おススメの教材については、こちらの記事をご覧ください。

英語脳をマスターできれば、英語がどんどんできるようになります。

まったく聞き取れなかった英語が聞き取れるようになる

英文がスラスラ読める

英語が自然に口から出てくるようになる

このようなことが、ふつうにできるようになるのです。

この喜びをぜひ実感して欲しいです。

ぜひ、英語脳をマスターして、英語の楽しみを増やしていきましょう!

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ JJ ENGLISHエクササイズ