「英語の長文を多読しても読解力はつかない!?」その衝撃的な理由を英語講師がくわしく解説します

こんにちは。英語講師のまのともです。

英語長文が苦手な人は、とても多いですね。

大学受験やTOEICは、長文問題が占める割合がとても多いです。

長文ができないと、得点アップがむずかしい。

何としてでも、長文が読めるようになる必要があるのです。

英語長文ができるようになるには、たくさんの英文を読むこと、すなわち「多読」が効果的と言われています。

最近では、有名中高一貫校の英語の授業でも「多読」を取り入れる学校が増えてきました。

しかし、ただ大量の英文を読んでも、英語長文ができるようになるわけではありません。

「読書が好きな人が、必ずしも国語が出来るというわけではない」と同じように、英文をたくさん読んでも英語ができるようになるわけではないのです。

今回は、正しい多読の方法と、読解力がつく英文の読み方をご紹介します。

早速はじめましょう!

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

多くの人が間違った多読のやり方をしている衝撃の事実

大量に英文を読めば読解力がつく

そう信じて英文をたくさん読む勉強をしている人がとても多いです。

長文読解問題集を何冊も解く

TOEICの長文問題集も数多くこなす

このように試験に直結した長文をたくさん読み、効率よく勉強しています。

そして、「むずかしい英文を読めば読むほど読解力がつく」と誰もが信じているのです。

しかし、「多読」は、難しい英文を読んでも効果はありません。

なぜなら、むずかしい英文は、読むのに時間が掛かるから。

わからない単語や文法が多いと、英文を読むことができません。

辞書で単語の意味を調べたり、参考書で文法を調べたりする必要があるのです。

辞書や参考書で単語や文法を調べながら読むのは、多読ではなく「精読」です。

学校の授業でやっているのが、精読です。

精読を大量にやると、読む時間より単語や文法を調べる時間の方がはるかに多くなってしまいます。

何時間かけて調べて、理解して、やっと1つの長文問題が終了。

そして、また次の長文問題に取り組んでいく。

こんなことを続けていたら、英語の長文読解だけで1日が終わってしまいます。

大きな進歩がないので、達成感がなく、むなしさが残るばかり。

そして、だんだん疲れてやる気を失ってしまうのです。

英語が読めないのは学校英語が原因?!

多読をすることで、英語長文に慣れることができます。

英文を読むことに慣れれば、ドンドン読む進めていくことが出来る。

つまり、英文がスラスラ読めるようになるのです。

しかし、たくさん読めばいいということではありません。

ある問題を解決しないまま読み進めていても、英語長文は読めるようにはならないのです。

ある問題とは、学校英語。

学校では、英文を日本語に訳して意味を理解していきます。

正しい日本語に訳せるように、英文を一度読んだ後、今度は英文の後ろの方から読み直す。

英語の語順のまま読むと正しい日本語にならないので、順番を並び替えて読み直すのです。

英文を後ろから読み直すことを「返り読み」といいます。

この「返り読み」のクセがついたまま大量の英文を読んでも、スラスラ読めるようにはなりません。

なぜなら、返り読みをするために、1つの英文を何度も読み直しているから。

英文は、英語の順番のまま1回で読まないと、スラスラ読めるようにはならないのです。

学校の英語の授業は、単語と文法を解説し、日本語に訳して理解します。

それで終わり。

それから先が重要なのに、途中で終了しているのです。

英文がスラスラ読めるようになるには、精読した後の勉強が大切です。

それが、すっぽり抜けてしまっているので、英語長文が読めない人がとても多いのです。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

英語長文をスラスラ読むために必要な重要項目とは

学校英語は、精読で終わり。

1冊か2冊程度の教科書の英文を読むのに、1年もかけて勉強します

これでは、英文を読む量がぜんぜん足りません。

日本語なら、国語以外の教科書も読むので、読む量が必然的に多くなります。

また、勉強以外に小説やマンガも読みます。

ネット検索やSNSでも日本語をたくさん読みますよね。

私たちは、こうして自覚せずに、大量の日本語の文章を読みこなしているのです。

その一方、英語の場合は、英語の教科書か英語の問題集だけです。

むずかしい英文を、時間を掛けてじっくり読むだけでは、量をこなすことができないのです。

英語長文がスラスラ読めるようになるには、精読の後の「多読」が必要です。

精読することで、ひとつ上のレベルの英文が読めるようになります。

精読で読めるようになった英文と同じレベルのものを大量に読むことで、英文がスラスラ読めるようになるのです。

ポイントは、今の自分に合ったレベルの英文を読むということ。

むずかしいものは、読むのに時間が掛かるので、量をこなせません。

むしろ、かんたんな英文をドンドン読む方が効果的なのです。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

 

読解力を一気にアップさせる多読の具体的な方法とは

alt="速読"

では、実際に多読のやり方をご紹介します。

多読をスタートする時期に注意

まず、注意していただきたいのが、多読をスタートする時期です。

文法力や単語力が不足している場合、いきなり多読をしても効果がありません。

知らない単語や文法が多いと、英文を読むことができません。

単語はしっかり覚えていないと、意味を思い出すのに時間が掛かります。

読むスピードが落ちるので、結果的に読める英文の量が少なくなってしまうのです。

多読をスタートする目安は、「中学レベルの英文法を理解している」「中学レベルの単語を暗記している」この2点が大切。

単語は、単語を見て1秒以内に意味が思い浮かべるよう、何度も繰り返し暗記することが必要です。

文法も問題を解いて理解するだけでは、英文が早く読めるようにはなりません。

日本語に訳さず、英文を英語でダイレクトに理解することが大切なのです。

そのためには、文法をしっかり理解することが必要です。

文法書の例文を何度も音読して、文法を体で覚えていきましょう。

まずは簡単な長文からスタートすることが大切

英語の長文を早く読めるようにすることが、多読の目的です。

英文を大量に読むことが必要なので、むずかしい英文では多読はできません。

かんたんな英文からスタートしましょう。

自分のレベルに合った英文を読むことが大切です

自分のレベルに合った英文とは、知らない単語がほとんどないもの、むずかしい文法がないものです。

かんたんな文なら、スラスラ読めますよね。

読むスピードを上げて、どんどん読み進めるのです。

本をたくさん読めば、今読んでいる本がかんたんに感じるようになります。

そうしたら、レベルアップの時期が来た証拠。

もう少しむずかしい本に挑戦し、また同じように本をたくさん読んでいきましょう。

ネイティブ向けの本はオススメしない理由

かんたんな英文なら、ネイティブの子どもが読む絵本や児童書がいいと思うかもしれません。

実際によんでみるとわかるのですが、ネイティブ向けの本は絵本でも読めないものが多いです。

私たちが知らないネイティブならではの会話表現や、学校では習わない単語がたくさん使われています(ネイティブは日常的に使っています…)。

その場合、英文がかんたんで短くても、理解できないことが多いのです。

そのため、多読をスタートしたばかりの時期は、かんたんそうな英文でもネイティブ向けの本はオススメできません。

ネイティブ向けのものではなく、「英語学習者用の本」を使いましょう。

レベルが今の自分より低めの本から始めると、スラスラ読めます。

多読では、「スラスラ読める」というスピード感が大事

どんどん読み進めて、英文を読むことに慣れていきましょう。

効率的な多読をするためのおススメの本とは

多読をするには、Graded Reader’sがおススメです。

ネイティブではない英語学習者向けに、語彙を制限して書かれた本のシリーズです。

代表的なのが、Penguin ReadersOxford Bookworms

自分のレベルに合わせて本が選べるので、無理なく多読に挑戦できます。

デメリットは、本の価格が高いということ。

一冊1,000円程度するので、たくさん読みたくても費用が掛かってしまいます。

また、英語の本は読みたいけれど、忙しくて時間がないという人が多いです。

忙しいけれど、どうしても長文の読解力をアップさせる必要があるという人が多いのです。

その場合は、英語の本でなくてもだいじょうぶ。

効率的に勉強するなら、目的に合った英文を読めばいいのです。

読む英文は、リスニングのスクリプトがおススメです。

大学受験なら「共通テスト」のリスニング問題の英文

社会人の方なら、TOEICのリスニングパートの英文です。

リスニング問題の英文は、聞き取ることが目的です。

聞き取るのは難しいかもしれませんが、読めばかんたんにスラスラ読めるものが多いのではないでしょうか?

文法も単語もそう難しくはないので、基礎力があれば読むことはできます。

  • 受験対策に専念したい
  • 多読する時間がない

という方には、オススメの多読方法です。

ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

今回は英語長文の多読についてご紹介しました。

英語の長文が読めないのは、文字に対する拒絶感がある場合が多いです。

長い英文を読み慣れていないことが原因ならば、多読をすることでリーディング力をかなりつけることが出来るのです。

大学の英語の入試問題やTOEICのリーディングは、長文の占める割合がとても多く、「速く英文が読めること」「内容を正しく理解できること」が必須です。

英文を速く読むには、速読のテクニックは必要ありません。

大量に英文を読むことで、スピードは自然にアップしていくのです。

日本語の本を読む感覚で、ぜひ英語の多読に挑戦してみてください。

まずは、1冊の英語の本を読み終えることが大切です。

「最後まで読むことができた!」という経験が、あなたの自信を取り戻すのです。

さいごに

「リスニングが速くて全然聞き取れない」

「英語長文を読むのに時間がかかる」

「長文問題を読み終わった後、内容が頭に残らない…」

そのような経験はありませんか?

英語が「読めない」「聞き取れない」原因は、英語の処理能力が遅いから。

英語を英語の語順のまま理解できないので、英文を読むスピードが遅く、聞き取ることができないのです。

学校の授業では、英文を日本語に訳して理解します。

英語を正しい日本語に訳すには「返り読み」が必要です。

単語の並び順が英語と日本語では違うので、日本語に訳すには英文を後ろから読み直す必要があるのです。

英文を頭から読んでいたのに、途中で目線を文の後ろに向けなければいけませんよね。

目線をあっちこっちに移動させ、日本語に訳す作業に必死です。

「英語長文を最後まで読んだけれど、内容が頭に残らない」というのは、余裕がないから。

「返り読み」の作業でいっぱいいっぱいになり、理解した英文の内容を忘れてしまうのです。

リスニングが聞き取れないのも、返り読みが原因です。

「ネイティブの速い音が聞き取れない」と思いがちですが、原因は「音」だけではありません。

聞き取った英文を、頭の中で和訳しようとしてしまうからです。

日本語に訳さず、英語のまま理解するには「英語脳」を身につけることが必要です。

英語脳が育てば、英語長文はスラスラ読め、リスニングは聞いた瞬間に理解することが出来るようになるのです。

英語脳の身につけ方やおススメの教材については、こちらの記事をごらんください。

英語力を身につけるためには、妥協しない、あきらめないことが大切。

本来の能力を取り戻して、人生を輝かせましょう!

JJ ENGLISHエクササイズ