英語リスニングが疲れるのはナゼ?元英語講師が解説します。

alt="孤独・絶望の画像"

元英語教師のまのともです。

英語のリスニング、疲れませんか?

リスニングテストの後は放心状態。

抜け殻です。

どうして、疲れるのでしょうか?

今回は、英語のリスニングが疲れる原因と対策法をご紹介します。

リスニングが楽になる方法もご紹介します。

英語のリスニング、らくらく聞き取れるようになると楽しいですよ!

リスニングで意味が理解できない理由とは

なんとか聞き取れるけれど、内容が頭に入ってこない…。

原因はいったい何でしょうか?

くわしくはこちらをごらんください。

英語のリスニングが疲れる理由とは

alt="疲れた少年"

英語のリスニングは、「聞くだけ」の単純作業ではありません。

実は、2つのことを同時に行っているのです。

英語の音を聞き取る

意味を理解する

あの速いネイティブの音声が流れている間に、同時進行です。

音を聞き取るだけでも大変なのに、意味も理解しないといけないです。

「あれ?今の単語の意味なんだっけ?」なんて立ち止まったら最後。

意味を考えている間に、次の英文の音声はどんどん流れてしまうのです。

どれだけ大変か、もう少し具体的に見てみましょう。

英語の音を聞き取るのが大変

英語のリスニングをする時、完璧に聞き取ろうとしていませんか?

単語ひとつひとつ、モレのないように聞き取ろうとする人がとても多いです。

なぜ、完璧にしようとするのでしょうか?

それは、学校英語が原因。

学校では、英文を読むとき、単語の意味をひとつひとつ確認します。

文法どおりに完璧に和訳しますよね。

学校英語が「クセ」になっているので、リスニングでも完璧に聞き取ろうとしてしまうのです。

「全部聞き取れないといけない」

「ミスはしたくない」

こんなプレッシャーで疲れてしまうのです。

意味を理解するのが大変

聞き取れた音から意味を考えますよね。

日本語に訳して意味を理解しようとしていませんか?

具体的には、こんなかんじです↓

聞き取れた音から単語を文字化する(スペルを頭の中で思い浮かべる)

聞き取れた単語を頭の中で順番に並べる(英語の文章にする)

日本語に訳すために「返り読み」をする

正しい日本語訳して意味を理解する

これらの4つのことを一気にやろうとしているのです。

返り読み」は、正しい日本語になるよう、英文の後ろから読み返す方法。

たとえば I gave him a present.という英文の場合。

英語の語順のままだと

「わたしは、あげた、彼に、プレゼントを」になってしまいますよね。

正しい日本語にするには、単語を並び替えなければいけません。

I him a present gave 

「わたしは 彼に プレゼントを あげた」

これで正しい日本語になりました。

なんと!!!

聞き取った単語を文字化して英文を作り、返り読みをして意味を理解しています

英文を読む方法と同じやり方でリスニングするので、頭がパニックを起こしているのです。

音を聞き取ってから、日本語に訳して意味を理解するするのはムリです

学校ではリスニングのやり方を習わないので、正しい勉強法を知らないのは仕方がないですよね。

そもそもムリなことをやっているので、疲れるのは当然のことなのです。

100日間の返金保証付き【JJENGLISHエクササイズ】

英語のリスニングで疲れる理由 ワースト2とは

alt="恐怖の画像"

シャドーイング、もしかしてあなたもやっていますか?

シャドーイングは、音声に少し遅れて、後から追うように発音していく方法。

「影のように」後からついて発音するので、シャドーイングといいます。

シャドーイングは、ハイレベルだってご存じでしたか?

なぜなら、シャドーイングは、もともとプロの通訳養成のためのトレーニング方法だから。

私は、通訳養成コースの学校に通っていたことがあるので、大変さは経験済みです。

なにが大変って、聞き取るのが大変なのに、発音もしなければいけません。

聞き取りながら発音します。

「聞く」「発音する」の同時進行なのです。

自分で発音するということは、聞き取れることが大前提です。

聞き取れないと発音できません。

聞くのに必死。

発音するのに必死。

ものすごく集中しないと、シャドーイングはできないのです。

負荷が高い訓練法なのに、学校でも「シャドーイングしましょう」言われます。

できなかったら「自分に能力がない」と思ってしまうのではないでしょうか?

心配しないでくださいね。

シャドーイングは、超ハイレベルなトレーニング法です。

リスニング力に不安がある時は、やらない方がいいのです。

英語のリスニングで疲れる理由 ワースト1とは?

alt="絶望"

シャドーイングよりも、英語のリスニングが疲れる原因があります。

それは、ディクテーション。

ディクテーションとは、聞き取れた英語を書き取る練習法。

自分の弱点(聞き取れないパターン)を見つける上では、効果的な方法です。

けれど、とっても疲れる勉強法なのです。

集中して聞き、聞き取れた単語をノートに書いていきます。

聞き取れないところがあると、聞き取れるまで何度も聞き続けます。

聞き取れるまで、です。

苦しくないですか?

ディクテーション自体は、素晴らしい方法なのですが、やり方を間違えている人がとても多いです。

リスニング力がない場合、聞き取れる単語より、聞き取れない単語の方が多いですよね。

たった1つの英文を聞き取るだけでも、1時間以上かかってしまうこともあります。

疲れるのは当たり前なのです。

ディクテーションは、リスニングに慣れてきてから・・・・・・・・・・・・・挑戦しましょう。

大体聞き取れるようになってきたけれど、「もっと精度を高めたい」そんなときにオススメです。

いきなり、ディクテーションは負荷が高すぎです。

シャドーイングと同様、やる時期に注意が必要です。

英語のリスニングで疲れないようにするには?

alt="努力の画像"

英語のリスニングで疲れるのは、背伸びをしている可能性が高いです。

自分のレベルよりもかなり上のものに挑戦しているかもしれません。

聞き取れないから必死になるのであって、かんたんなリスニングならリラックスしてても聞き取れちゃう。

むずかしい英文や速すぎる音声など、今の自分より上のレベルのリスニングをやっているので疲れてしまうのです。

まずは、自分のレベルに合わせて勉強することがオススメです。

かんたんなものから始めると、自信がつき調子が上がりやすいですよ。

100日間の返金保証付き【JJENGLISHエクササイズ】

リスニング力をつけるためには

alt="リスニングする女性の写真"

「リスニングができる」ということは、英語の音が聞き取れ、意味が理解できるということです。

具体的に、どのように勉強すればいいのか、お話しします。

英語の音を聞き取る方法

英語の音は、日本語にない音がたくさんあります。

発音の仕方を学ぶことで、正しい発音が出来るようになります。

正しく発音できないと、リスニングは聞き取れません。

自分が発音できる音しか、聞き取れないからです。

発音の勉強方法は大きく分けて、2つの方法があります。

①発音記号別の口の動かし方や、英語特有の音声変化を学ぶ

②マネして発音をマスターする

この2つは、どちらが優れているというわけではありません。

きちんと勉強しながら発音をマスターするか、

いきなり実践でマスターするか。

向き不向きがあるかと思います。

マネをするのが好きな人は、英語教材や洋画、海外のドラマを使ってどんどんマネしていきましょう。

発音記号別の発音や音声変化のついては、こちらの記事を参考にしてくださいね。

注意点がひとつあります。

聞き流すだけでは、リスニングは上達しません。

知らない音は、何度聞いても聞き取れないからです。

リスニングの勉強は、集中して聞かないと効果がありません。

1分でもいいので、集中して聞くようにしましょう。

英語の意味を理解する方法

わからない単語や文法が多いと、英文を読んでも理解できませんよね。

リスニングも同じです。

リスニングで意味を理解するには、まず単語力と文法力をつけることが必要です。

リスニングの英文レベルは、長文読解よりもかんたん。

会話文なら、ほとんどが中学レベルの英語です。

まずは、中学レベルの単語と文法をしっかりマスターしましょう。

「ゆっくりなら聞き取れるけれど、ネイティブのスピードにはついていけない」という場合は、英文を理解する瞬発力が不足している可能性が高いです。

あなたの長文の読解スピードはいかがですか?

読むスピードが遅いと、英文を理解するスピードも遅いので、リスニングでは聞き取れないのです。

読むスピードを速くする練習をすれば、リスニング音声を聞いた瞬間に意味が理解できるようになります。

リーディングとリスニングは、別物と思われがちですが、「英文を理解する」という点では同じです。

目で見て理解するのがリーディング。

耳で聞いて理解するのがリスニングです。

文字を見ないで耳だけで理解するリスニングの方が、はるかに難易度が高いです。

リスニングは一発勝負です。

英語をすばやく理解する方法については、こちらを参考にしてくださいね。

超高速にリスニング力をアップするには

alt="音読画像"

「発音できる音は聞きとれる」

この法則を知っていれば、リスニング力はすぐにアップさせることが出来ます。

具体的にどうすればいいのかというと、リスニングをする前に先にテキストを見て自分で発音してみるのです。

英文を見て、発音の仕方を確認する。

文字と音が一致すれば、リスニングは簡単に聞き取れるようになります

ここで、最速でリスニング力がつく効果的な方法をご紹介します。

「オーバーラッピングという方法を聞いたことがありますか?

テキストを見て、音声を聞きながら音読します。

音声を聞きながらマネして音読するので、発音が上手にできるようになるのです。

シャドーイングとの違いは、テキストを「見る」ということ。

テキストを見ていいので、負荷が少ないです。

英文と発音方法をマッチングさせ、音読しながら発音の練習をします。

発音パターンをどんどんインプット。

自分が発音できるパターンが増えるほど、リスニング力もアップしていくのです。

なかなかイメージできないかもしれないので、具体的な方法をご紹介します。

次の音声を聞いてみてください。

なんて言っているか聞き取れましたか?

正解は、「check it out」です。

聞き取れなかった場合は、もう一度音声を聞いてマネして発音してみてください。

そして、もう一度音声を聞きます。

いかがでしたか?

かんたんに聞き取れましたよね。

聞き取りにくい音声でも、自分が発音できれば聞き取れるようになってしまうのです!

ディクテーションのように、聞き取れるまで根性で頑張るのはツラいです。

それよりも、先にカンニングして覚えてしまったほうがはるかに楽だし効率的です。

ぜひ「オーバーラッピング」を試してくださいね。

オーバーラッピングについてくわしくは、こちらの記事をごらんください。

まとめ

alt="希望の朝"

英語のリスニングが疲れるのは、自分のレベルに合った勉強法をしていないことが原因です。

ムリせず、かんたんなものから挑戦していけば、疲れることなく聞き取れるようになっていきます。

洋画や海外のドラマの「生英語」は、聞き取りにくいことが多いです。

英語教材を使って勉強する方が、負担が少ないのでおススメです。

中学レベルの英文からリスニングの練習をしていきましょう。

リスニングに必要な「瞬発力」は、中学英語の音読でぐんとアップします。

中学英語の音読トレーニング教材「JJENGLISHエクササイズ」がおススメです。

今ならコロナに負けない【期間限定価格で販売中】です。

100日間の返金保証付きなので、もしあわなければ返品できるので安心です。

こちらの公式ホームページからお申し込みができます。

100日間の返金保証付き【JJENGLISHエクササイズ】

はじめた人がどんどん増えています。

あなたも、リスニングができる嬉しさをぜひ体験してくださいね。