英語リスニングのコツ|上級者だけが知っているリスニングアップの秘策を大公開!

こんにちは。高校・大学受験塾で英語講師をしている『まのとも』です。

「英語のリスニングが聞き取れない!」「がんばって勉強しているのに、ぜんぜん聞き取れるようにならない」と悩んでいる人は、とても多いです。

しかし、リスニングが聞き取れるようになった人はたくさんいます。

英語の上級者は、どのようにリスニングの勉強をしたのでしょうか?

わたしも同じように、リスニングが聞き取れなくて悩んだことがあります。

しかし、何度か試行錯誤していくうちに聞き取れるようになり、TOEICのリスニングで満点取れるまで上達しました。

リスニングの勉強方法は、学校では教えてくれません。

だからこそ、リスニング力をつけることが出来ず悩む人がとても多いのです。

いったいどのようにすれば、英語が聞き取れるようになるのでしょうか?

上級者にとっては常識ですが、初心者にとっては「目からうろこ」の勉強法で、リスニングで聞き取るコツをご紹介します。

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

初心者がおちいりがちなリスニング方法とは?

英語初心者の方は、単語をひとつひとつ聞き取ろうとします

「ひとつでも聞き逃したら、意味が理解できなくなってしまう」と心配になるのです。

しかし、そんなに完璧に聞き取らなくても大丈夫。意味は理解できます。

なぜ、多くの人が、単語をひとつも聞き逃さないよう必死になるのでしょうか?

その理由は、学校の英語の授業でついた習慣が原因です。

学校の授業では、わからない単語はぜんぶ意味を調べます。そして、文法を考えながら日本語に訳して意味を理解します。

この勉強法は「精読」といい、英文を丁寧にじっくり読むことでリーディング力をつけていくメリットがあります。

しかし、精読ばかりやっていると、完璧主義になる傾向があります。

単語を全部理解しないと安心できません。

わからない単語があると、その単語がどうしても気になってしまい、「どうしようわからない」と焦ってしまうのです。

リスニングもリーディングと全く同じです。

わからない単語があると、その単語が気になって「あれっこの単語って何だっけ?」と一瞬考えこみます。

その「一瞬」が命取り。

リスニング音声は一気に先に進み、「まったく聞き取れなかった…」とがっかりしてしまうのです。

完璧主義でないと気が済まなくなり、その結果大事なところをつかむことが出来なくなってしまっています。

学校の授業の影響はそれだけではありません。

学校では、日本語に訳すことで、英語を理解していきます。

日本語に訳すには「返り読み」をする必要があります。

英語と日本語では単語の並び順が違いますよね。

変な日本語ではなく、正しい日本語にするには、英語の並び順を日本語の並び順に変える必要があります。

英語の語順を無視して、英文の後ろから訳し上げるのです。

目線をあちこちに移動させるので、頭は混乱します。

そして、英文を2度も3度も読み直さないと理解できないので、読むのにものすごく時間がかかるのです。

しかし、リスニングはスピードが超重要です。

ネイティブはものすごい速さで話します。

頭の中で「返り読みの作業をして、日本語に訳して理解する

こんな大変なことをやっていたら、リスニングは永遠に聞き取ることはできません。

では、どうすれば、リスニングが聞き取れるようになるのでしょうか?

どんな方法なのか、早速みていきましょう。

英語リスニングができるようになるコツは3つだけ

英語のリスニングが聞き取れるようになるコツは、3つあります。

1.発音を勉強する

2.チャンクで理解する

3.日本語に訳さない

具体的にどのようにすればいいのか、ご紹介します。

1.発音を勉強する

発音の勉強は、「ネイティブのようにきれいな発音を目指すためのもの」と思っている人が多いです。

しかし、メリットは、発音を良くすることだけではありません。

リスニング力をアップすることができるのです。

なぜなら、リスニングは自分が発音できる音だけを聞き取ることができるから

どんなに聞き取る練習をたくさんしても、自分が発音できない音は聞き取れるようにはならないのです。

英語の音は、日本語とは違うところがとても多いです。

たとえば、母音や子音ですが、英語は日本語のように単純ではありません。「a」だけでも、色々な発音があるのです。

その上、英語には英語特有の音声変化があります。音声がくっついたり消えたりと変化し、文字通り発音しないことがあります。

たとえば、アナと雪の女王の主題歌の「Let It Go」ですが、単語をひとつひとつ読むと、「レット イット ゴー」ですよね。

ですが、実際は「レリゴー」と聞こえます。

音声が変化しているからですね。「レット・イット・ゴー」とはっきり言うのは、言いにくいです。

だから、音を変化させて、言いやすくしているのです。

日本語にも音声変化があります。

「せんたくき」→「せんたっき」

「たいいく」→「たいく」

など、本来の読み方とは違う言い方をします。

「せんたくき」は、「く」を「っ」に変えることで、言いやすくしているのです。

英語の音声変化を知ることで、リスニング力がぐんとアップします。

英語の音声変化は5つ

 

英語は音声変化があることがわかりましたが、それをひとつひとつ身につけていくのは大変です。

しかし、不安に思う必要はありません。

実は、英語の音声変化にはルールがあり、パターンを覚えることで音声変化をマスターすることができます。

ルールは、「連結」「同化」「弱形」「ら行化」「脱落」の5つあります

1.「連結」

単語がつながって音が変化します。

例:run away「ラン アウェイ」→「ランナウェイ」

2.「同化」

2つの単語がくっつき、まったく別の音に変わってしまいます。

例:「going to」→「gonna」(ガナ)

3.「弱形」

弱く短く発音されます。

例: call him「コール ヒム」→「コーリㇺ」

4. 「ら行化」

ら行化は、「t」や「d」の音が、日本語の「ら行」のような音になる音声変化です。

アメリカ英語でよくみられます。

例: noodle 「ヌゥドゥ」→「ヌゥロゥ」

little 「リトゥ」→「リロゥ」

5.「脱落」

あるべき音が発音されない、または聞こえにくくなります。

例:good day 「グッドゥ デイ」→「グッデイ」

以上が英語の音声変化の5つのルールです。

これらをマスターすることで、音声が変化した英語を聞き取れるようになります。

しかし、発音のルールを理解するだけでは聞き取ることはできません。

実際に自分でも発音をしてみることが大切です。

「耳で聴いて、自分で発音してみる

知識よりも「実践」することが、英語のリスニングを上達させるコツなのです

2.チャンクで理解する

初心者の方は、単語をひとつひとつ聞き取ろうとします。

その一方、上級者は「チャンク」で聞き取っています。

チャンクとは、ことばのかたまり、短いフレーズという意味。

決まり文句や、イディオム、コロケーションなどが、チャンクにあたります。

たとえば、「Thank you very much」という決まり文句は、「thank」「you」「very」「much」と単語ごとに分けては聞き取ろうとしませんよね。

 「Thank you very much」をひとまとまりにして、聞いているはずです。

チャンクで聞き取れるようになるには、どのようにすればいいのでしょうか?

具体的な勉強方法をご紹介します。

①単語を文章で覚える

単語を覚えるとき、単語をひとつずつ覚えるのが一般的な方法です。

たとえば、「contract」=「契約、契約書」のように、1つの単語と意味をペアで覚えます。

しかし、「contract」を1つだけで覚えるのではなく「sign a contract」(契約書にサインをする)とセットで覚えたほうが、効率よく覚えられます。

暗記しやすいだけではありません。リスニングで聞き取りやすくなるのです。

「sign」サインする、「contract」契約書、とバラバラで覚えるより「sign a contract」とかたまりの方が、リスニングは聞き取りやすくなるのです。

 

単語を文章で覚えるのは時間がかかるので、はじめは大変かもしれません。

しかし、記憶に残りやすいので復習する回数が減るので、あとが楽です。

「単語がなかなか覚えられない」という人は、ぜひこの機会に文章で覚えるようにしてみましょう。

②音でチャンクを覚える

単語を覚える時、「文字」で覚えていませんか?

単語帳で、スペルを見て意味を確認する。ほとんどの人が、文字だけで単語を覚えているかと思います。

しかし、単語は発音方法を知らないと、リスニングは聞き取れません。

自分が発音できる音だけしか、聞き取れないからです。

単語ごとの音声を聞いている人は多いですが、文章の音声まで聞く人はまだまだ少ないです。

単語ひとつだけでなく、文章の音声も聞くようにしていきましょう。

③中学英語の文法をマスターする

ネイティブの会話は、中学レベルの文法がほとんどです。

むずかしい文法は、あまり使われていません。

ですので、中学レベルの英文法のパターンをチャンクとして覚えていれば、聞き取れるようになります。

中学英語は、問題集を解くだけでは、頭で理解しただけなので使えるようにはなりません。

実際に使えるレベルまで仕上げるには音読が効果的です。

何度も音読することで、文法を頭の中に叩き込むことができます。

すると、リスニングはどんどん聞き取れるようになります。

英文を暗唱できるほど音読すれば、飛躍的にリスニング力はアップしますよ。

④句動詞を覚える

句動詞とは、「動詞+前置詞(もしくは)副詞」で1つの動詞と同じ働きをするもの」のことをいいます。

たとえば、

「watch out」注意して

「call on」訪ねる

「look for」探す

「take after」似ている

「stand out」目立つ

などですね。

動詞に前置詞や副詞がくっつくことで、その動画本来持っていない意味を表すことが出来るのです。

句動詞を知っていると、リスニングですぐに聞き取れます。

 

句動詞も、文章の中で覚えるほうが効果的です。

必ず音声を聞いて、覚えるようにしましょう。

Simple English Magic 81/シンプルイングリッシュ

3.日本語に訳さない

初心者の方は、英語を日本語に訳して理解しようとします。

一方、上級者は英語を英語のままで理解しています。

「英語を英語のまま理解する」

これは、リーディングでも当てはまることですが、リスニングにおいては特に重要になります。

TOEICのリスニングテストの音声は、スピードが速く感じますよね。

問題文は1回しか聞くことができず、解答する時間も短いです。

じっくり考える余裕はありません。

リスニングは、日本語に訳していたらスピードについていくことはできないのです。

TOEICのような英語学習者向けの試験であれば比較的ゆっくりですが、ネイティブの生英語はもっと速いので、日本語に訳して理解するのは不可能なのです。

 

「日本語に訳さず英語のまま理解する」にはどうすればいいのでしょうか。

それは、「イメージ」で理解するということです。

例えば、This is a dog.という英文を聴いたとき、「これは犬です」といちいち日本語にしなくても理解できますよね。

聞いた直後に、かわいいワンちゃんのイメージが浮かんでくるはずです。

これが、イメージで英語を理解するということ。

簡単な単語や英文であれば、自分でも意識していないうちに、イメージで英語を理解できているのです。

少しずつ難しい単語や英文に慣れることで、英語のまま理解できる力がついていきます。

英語を英語のまま理解できる力をつけるには、「音読」が効果的です。

音読の具体的なやり方のついては、こちらの記事をごらんください。

まとめ

alt="成功への道"

英語のリスニングのコツは「英語の音声変化をマスターする」「基礎の文法をしっかり身につける」「英語をチャンクでとらえる」の3つであるということをお伝えしました。

リスニング力をつけるには、「聞く量を増やすことが効果的」と思う人がとても多いです。

しかし、ただ単に「量」を増やしても、リスニングはできるようにはなりません。

きちんとした方法で勉強しなければ、効果が期待できないのです。

今回ご紹介した勉強を、1つでもいいので、ぜひ試してみてください。

リスニングが聞き取れるようになる「ブレイクスルー」は突然やってきます。

効果が見えなくても、すぐにはあきらめないでください。

絶対だいじょうぶ! 結果は必ず出るので信じてくださいね。

 さいごに

「リスニングが速くて全然聞き取れない」

「英語長文を読むのに時間がかかる」

長文問題を読み終わった後、内容が頭に残らない…」

そのような経験はありませんか?

英語が「読めない」「聞き取れない」原因は、英語の処理能力が遅いから。

英語を英語の語順のまま理解できないので、英文を読むスピードが遅く、聞き取ることができないのです。

学校の授業では、英文を日本語に訳して理解します。

英語を正しい日本語に訳すには、「返り読み」が必要です。

たとえば、I play tennis.を日本語に訳す場合、英語の語順では、「①私は」「②する」「③テニスを」です。

日本語に訳すと「①私は」「③テニスを」「②する」です。

英文を頭から読んでいたのに、途中で目線を文の後ろに向けなければいけませんよね。

目線をあっちこっちに移動するので、頭の中はパニックです。

「英語長文を最後まで読んだけれど、内容が頭に残らない」というのは、「返り読み」の作業に集中して、意味を取る余裕がないからです。

 

リスニングが聞き取れないのは、何が原因でしょうか?

「ネイティブの速い音が聞き取れない」と思いがちですが、原因は「音」だけではありません。

リスニングもリーディングと同じように、聞き取った英文を頭の中で「返り読み」をして日本語に訳して理解しようとするからです。

しかし、リスニングは一発勝負。

日本語に訳していたら、間に合わないのです。

英語を英語の語順のままに理解する「英語脳」を身につけなければ、長文読解もリスニングもいずれ頭打ちになります。

英語脳を身につけるための具体的な方法は、こちらをご覧ください。

英語上級者にとっては「当たり前」の学習法ですが、初心者の方にとっては今まで聞いたことのない学習法かもしれません。

英語脳を身につけることが出来れば、英語力を飛躍的にアップさせることができます。

ぜひ、聞き取れる感覚を体験してくださいね。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ JJ ENGLISHエクササイズ