英語のリスニングが上達しない人の共通点とは?原因と対策法を英語講師がくわしく解説します!

英語講師のまのともです。

英語のリスニングが苦手な人がとても多いですね。

英語のリスニングを毎日勉強しているのに上達しなければ、がっかりするのも無理はありません。

わたしは大学受験塾で英語講師をしていますが、英語のリスニングが上達しない生徒さんにはある共通点があることに気がつきました。

伸び悩む原因を突き止め、ピンポイントで対応すればリスニングは飛躍的にアップします。

今回は、英語のリスニングが上達しない原因と、上達に必要な具体的なコツについてご紹介します。

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

Contents

英語のリスニングが上達しない原因とは?

英語のリスニングが上達しないのは、必ず理由があります。

上達しない原因は、1つや2つではありません。人によっても違うので、自分自身の原因を見つけ出し、的確に対処することが大切です。

では、リスニングが上達しない原因はどのようなものがあるのでしょうか?

①知らない単語が多い

②単語の発音方法がわからない

③文法力が不足している

④英語の音が聞き取れない

⑤英語の音声変化を知らない

⑥単語ひとつひとつを聞き取ろうとしている

⑦日本語に訳している

⑧聞き流して勉強している

⑨リスニング内容が難しすぎる

⑩英語の処理スピードが遅い

リスニングが上達しない原因は、こんなにたくさんあるのです。

具体的に見ていきましょう。

リスニングが上達しない理由①知らない単語が多い

ふだんの会話(日本語)で知らない単語が出てきても、話の意味は理解できますよね。

そもそも、会話を完璧に聞き取ろうとしません。

適当に聞いていても、内容は理解できるのです。

しかし、なじみのない話題はいかがでしょうか?

専門用語が多いと、何を言っているのか分かりません。

まのとも

聞き慣れている日本語でさえ、知らない単語が多いと内容を理解することが難しいのです。

英語のリスニングも、まったく同じです。

知らない単語が多いと、話の流れで意味を想像することが出来ないので、リスニングが聞き取れないのです。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

リスニングが上達しない理由②単語の発音方法がわからない

「知っている単語なのに聞き取れない」という経験はありませんか?

しかし、聞き取れないのは、必ずしも耳が原因ではありません。

単語の正しい発音方法を知らないと、聞き取ることが出来ないのです。

単語を勉強する時、スペルと日本語の意味だけ覚えて、音声を聞かない人がとても多いです。

なぜなら、スペルを見れば、なんとなく発音方法がわかってしまうから。

ローマ字読みで、何とか読めてしまうのです。

スペルや意味を知っていても、発音方法を知らないと気がつかずにスルーしてしまいます。

単語を覚える際は、必ず発音方法も確認しましょう。

リスニングが上達しない理由③文法力が不足している

文法力が不足していると、音が聞き取れても意味を理解することが出来ません。

たとえば、次の英文はどんな意味だと思いますか?

“Excuse me. Do you have the time?” “Sure. It’s ten to ten.”

「あれ? 今お時間ありますか?と聞いているのに、なんで時刻を教えているのだろう?」って思いませんか?

正解は、「すいません、今何時ですか?」「9時50分です」です。

timeに「the」がつくと、「時刻」という意味になるのです。

Do you have time? なら、「時間ありますか?」です。

この違いを知らないと、意味がつながりませんよね。

「音が聞き取れるのに意味がわからない」というのは、文法力不足が原因です。

リスニングが上達しない理由④英語の音が聞き取れない

英語には、日本語にはない「母音」「子音」があります。

日本語の母音は「あいうえお」の5つだけですが、英語は以下のようにたくさんあるのです。

【æ】【ʌ】【ɑ】【ǝ】【i】【u】【e】【ɑ:】【ɑ:r】【ǝ:r】【i:】【u:】【ɔ:】【ɔ:r】【ai】【au】【ei】【ɔi】【ou】など。

母音の他に子音もたくさんあり、日本語に比べて音が多い分、聞き分けるのが大変です。

聞き取るためには、すべての音を認識する必要があります。

学校では、発音の勉強はほとんどしません。

そのため、発音の仕方がわからない、音の違いを聞き分けることができないというリスニングができない原因を作り出しているのです。

リスニングが上達しない理由⑤英語の音声変化を知らない

音が聞き取れないのは、単語の発音方法を知らないだけではありません。

英語には音声変化があります。

英語特有の音声変化を知らないと、聞き取れないのです。

英語特有の音声変化とは、リエゾン・リンキング・リダクションなどのこと。

隣同士の単語の頭とおしりがくっついて、音が変化します。

たとえば、「pick it up」は「ピックイットアップ」ではなく「ピキタプ」と聞こえます。

「fill out」は「フィルアウト」ではなく「フィラウト」。

ネイティブは、単語をひとつひとつはっきり発音しません。

言いやすくするために、音をつなげたり省略するなどして、音を変化させるのです。

音声変化はパターンがあります。

パターンを理解して、自分でも発音練習することで聞き取れるようになります。

リスニングが上達しない理由⑥単語ひとつひとつを聞き分けようとしている

長文読解は、わからない単語はぜんぶ調べて日本語に訳しますよね。

単語がわからないと、意味が取れません。

そのため、単語の意味をひとつひとつ確認して、内容を理解していきます。

この方法を、リスニングでもしてしまうのです。

まのとも

ひとつも逃さないよう聞くのに必死。
聞こえた単語すべての意味を日本語に訳して、意味を理解しています。

「ヒー」と聞こえたら「he」⇒「彼は」と日本語訳し、「ハズ」と聞こえたら「has」⇒「持っている」と日本語に訳していきます。

このように、全ての単語を日本語に訳していくのです。

知らない単語が出てきたら、止まってしまう。

意味を思い出そうと焦っているうちに、リスニング音声はどんどん先に進んでいってしまうのです。

単語をひとつひとつ日本語に訳していたら、英語のスピードについていけません。

単語を個別でとらえるのではなく、「意味のかたまり」で理解することが必要です。

リスニングが上達しない理由⑦日本語に訳している

単語と同じように、聞き取った英文を日本語に訳して意味を考える人も多いです。

たとえば、次の英文をご覧ください。

The key that my sister thought I lost was in her bag.

(私がなくしたと姉さんが思っていたカギは、姉さんのバッグの中にありました。)

関係代名詞thatがあるので、正しい日本語に訳すためには、文の後ろの方から訳し上げる「返り読み」をする必要があります。

リーディングでは、「返り読み」をする時間がありますが、リスニングは一発勝負。

日本語に訳していたら、ネイティブのスピードに追いつけません。

それなのに、ものすごい無茶なことをしているのです。

どれだけ無茶かというと、

音を聞き取る

頭の中で聞き取った英文を思い浮かべる

頭の中で返り読みの作業をする

日本語に訳して理解する

この4つの作業を、あの一瞬で終わってしまう速さのリスニングでやっているのです。

そもそも無理なことをしようとしているので、リスニングが出来なくて当然です。

返り読みで日本語に訳していたら、どんなにリスニングの勉強をしても聞き取れるようにはなりません。

リスニングが上達しない理由⑧聞き流して勉強している

音声を聞き流して勉強をしている人がとても多いです。

「リスニングができないのは聞く量が少ないから。大量に聞き続ければ聞き取れるようになる」と思うのです。

しかし、ただ単に聞く量だけを増やしても、効果はありません。

リスニングを上達させるには、集中して聞き取ること

試験本番と同じくらい集中して聞かないと、リスニングは上達しないのです。

リスニングが上達しない理由⑨リスニング内容が難しすぎる

読むのも難しい英文でリスニングの練習をしていませんか?

読むのが難しいのであれば、聞き取るのはもっと難しいです。

リスニングは、「音を聞き取る」と「意味を理解する」を同時に行います。

まのとも

リーディングよりも、ずっと難易度が高いので、読んで理解できる英文でなければ、聞き取ることはできないのです。

英語は自分のレベルに合った勉強をすることが一番効果的です。

むずかしい英文は音が聞き取れたとしても、理解が追いつかないので、負担が多く挫折しやすくなるので注意が必要です。

リスニングが上達しない理由⑩英語の処理スピードが遅い

音は聞き取れても、内容が理解できないケースがあります。

その原因は、英語の処理スピードが遅いから。

意味を理解する瞬発力が不足しているのです。

英文を読むスピードが遅い人は、リスニングも聞き取れない傾向があります。

ネイティブの音声より速く読める、少なくともネイティブと同じ速さで読めるようにならないと、リスニングのスピードについていけないのです。

まのとも

「リーディングとリスニングは勉強方法が違う」と思われがちですが、「英語を理解する」という点では根本同じです。

リスニングで聞き取り、意味を理解するには、読解力をつけることが必要です。

英語のリスニングが上達しない勉強方法とは

ここまでで、リスニングが上達しない原因をご紹介しました。

リスニングは単に聞く量を増やしても聞き取れるようにはなりません。

勉強方法を間違えると、せっかくの努力がムダになってしまうので注意が必要です。

英語のリスニングが上達しない勉強方法とは、どのようなものがあるのでしょうか?

代表例をご紹介します。

洋画・海外のドラマでリスニング

海外のニュースでリスニング

テレビや動画などの映像が中心の素材でリスニング

具体的にご紹介します。

洋画・海外のドラマでリスニング

海外のドラマや映画でリスニングの勉強は楽しいですよね。

実際に使える会話表現がたくさんあるので、やる気も違ってきます。

しかし、ネイティブの生英語は、初心者向けではありません。

発音の音声変化が多いので聞き取りにくく、話すスピードがとても速いからです。

また、日常会話の英文は、学校で習うことが少ないので、なじみがありません。

知らない表現が多いので、意味が理解できないのです。

テレビなどの映像が中心の素材でリスニング

テレビや動画などの映像を見ながらのリスニングには注意が必要です。

映像に夢中になり、意識を音声に集中することが難しいからです。

映像を見ながらの学習はイメージ化がしやすいので、英語学習の効果が高いです。

しかし、リスニングの勉強は、聞くことに集中する環境が大事。

映像に頼ることなく、耳で聞いた音だけで英語を理解するトレーニングが必要です。

海外のニュースでリスニング

 

海外のニュースでのリスニングは、時事的な話題にもついていけるようになるので、リスニング素材としては魅力的なもののひとつです。

ハッキリ発音するので、洋画やドラマより聞きやすいです。

しかし、ニュースは扱うテーマが幅広く、専門的な用語が多いです。

経済用語や政治的な問題、固有名詞など、単語を知らないと聞き取れないことが多いのです。

「音を聞き取る」「意味を理解する」をスピーディーにできるようにならなければ、リスニング力はアップしません。

難しい英文より、かんたんな英文で練習することで効果が出ます。

初心者の方は、英語学習用の教材でトレーニングするようにしましょう。

英語のリスニングがメキメキ上達する勉強方法とは

英語のリスニングが上達しない原因は、10個あるとお伝えしました。

  • ①知らない単語が多い
  • ②単語の発音方法がわからない
  • ③文法力が不足している
  • ④英語の音が聞き取れない
  • ⑤英語の音声変化を知らない
  • ⑥単語ひとつひとつを聞き分けようとしている
  • ⑦日本語に訳している
  • ⑧聞き流して勉強している
  • ⑨リスニング内容が難しすぎる
  • ⑩英語の処理スピードが遅い

これらの原因にそった対応策を見つけて実行していけば、リスニング力は必ずアップします。

具体的な勉強法として

①リスニングに特化した方法で単語を勉強する

②リスニングのためだけの文法を勉強する

③英語の発音方法をマスターする

④ディクテーションをする

⑤音読をする

⑥シャドーイングをする

以上6つのトレーニングをおススメしています。

具体的に見ていきましょう。

①リスニングに特化した方法で単語を勉強する

リスニングに必要なのは、大学受験の長文読解のための難しい単語ではありません。

基礎的な単語をしっかり覚えることが大切です。

まずは、中学レベルの単語を勉強しましょう。

単語の覚え方にコツがあります。

音声を聞いて発音方法を確認する

自分でもマネして発音する

意味をイメージで覚える(日本語に置き換えない)

これらの3つがポイントです。

単語を覚えるときは、スペルと意味をセットで覚える人が多いですが、リスニングは文字で理解しません。

音で理解します。

必ず、音声を聞いて正しい発音方法を確認して、自分でもマネして発音しましょう。

単語を覚える際は、紙にスペルを書く必要はありません。

学校の単語テストではないので、正しく書けなければ×ではないのです。

日本語に訳していると、スピードについていけません。

イメージで覚えたり、英語のままで理解するなどして、日本語に頼らないようにすることが大切です。

単語をイメージで覚える方法は、「trip」なら飛行機や列車に乗って移動している映像を思い浮かべるようにします。

文字ではなく、映像で記憶していく方法です。

もう1つは、英語のままで理解する方法。

何度も同じ単語に触れることで、日本語ではなく英語のままで認識できるようになります。

具体的な方法ですが、まずは皆さんがやっているように「trip 旅行」と、英語と日本語のセットで暗記します。

単語を見たら、1秒以内で意味が言えるようにしましょう。

リスニングで聞き取るには、これくらいの瞬発力が必要です。

今度は単語の音声を聞いて、意味が言えるようにしましょう。

文字は見ません。音を聞いて1秒以内に意味が言えるようにします。

まのとも

何度も何度も繰り返し練習しているうちに、短期記憶から長期記憶に変わります。
日本語の意味を考えなくても、英語のまま理解できるようになります。

リスニングでは、「この単語の意味何だっけ?」と思い出す時間はありません。

聞いた瞬間に意味がわかってしまうレベルを目指しましょう。

②リスニングのための文法を勉強する

リスニングで聞き取れるようになるには、文法力が必要です。

まのとも

知らない文法が使われた英文は、読むことも聞き取ることもできません。

リスニングに必要な文法は、基礎的なものでだいじょうぶです。

難しい文法は、高校受験や大学受験の文法問題を解くためだけなので、勉強する必要はありません。

リスニングに必要な文法の中で特に大事なのが、英語の文の構造です。

英語は日本語とは、文の構造が違います。

英語の語順をしっかりマスターすれば、英文を見た瞬間、聞いた瞬間に、英語を正しく理解できるようになります。

英文法のおススメの教材は、「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」です。

基本的な文法しか載っていません。

余計な情報がないので、大事なポイントがすぐにわかります。

このテキストの使い方は、問題を解いて終了ではありません。

次のステップで、文法を深く学ぶことが必要です。

①左ページの解説を読む。

②右ページの問題を解く

③音声を聞いて英文の発音方法を確認する(文字と音を一致させる)

④英文を音読する

⑤音声を聞きながらテキストを見て音読する(オーバーラッピング)

⑥テキストを見ないで音声の後からついて発音する(シャドーイング)

音読、オーバーラッピング、シャドーイングを繰り返すことで、英文を自然に覚えてしまいます。

覚えるまでトレーニングすることがポイント。

重要な文法を含んだ英文を覚えることで、日本語の訳さなくても英語のまま理解できる力がつくのです。

目で見て、耳で聞いて、口で発音する。

文法は、体で覚え込むことが大切です。

③英語の発音方法をマスターする

英語の発音は、早いうちに勉強することをおススメします。

なぜなら、正しく発音できない音は聞き取れないから。

まのとも

発音が悪いと、リスニング力は伸びないのです。

発音は、口の形や舌の位置が大切です。

発音記号ごとに、口の形や舌の位置を覚えていかなければいけません。

しかし、独学でこの練習をするのは難しいです。

なぜなら、間違っていても正してくれる先生がいないから。

間違ったまま覚えてしまう危険性もあるのです。

英語の発音は、「R」や「TH」などの発音も大事ですが、いちばん大事なのは英語のリズム。

アクセントやイントネーションをマスターすることで、ぐんとネイティブに近づくことができるのです。

発音の勉強について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

④ディクテーションをする

ディクテーションというのは、耳で聞いた音声をノートに書きだす勉強法です。

最近は、パソコンで書く人も多いですね。

英文が聞き取れないと、書き出せません。

ディクテーションをすることで、聞き取れないところがどこなのか、ハッキリわかるのです。

スペルがわからない場合は、聞こえたとおりカタカナで書いてもOKです。

聞き取れたら、テキストを見て自分が書きだした英文と比べます。

次は、間違えていたところや聞き取れなかったところを意識してリスニングするようにしましょう。

ディクテーションは、かなりの集中力が必要です。

聞き取った音を書き出すのも大変な作業なので、疲れてしまうかもしれません。

まのとも

長い英文よりも、かんたんで短い英文で挑戦する方が、ハードルが低くなり、やりやすいです。

何を言っているのか確認する必要がるので、必ず英語テキストがある音声を使いましょう。

⑤音読をする

英文を音読することで、英文の構造を頭の中に叩き込むことが出来ます。

まのとも

効果的な音読のポイントは、意味が理解できる英文を使うこと。
知らない単語や文法がほとんどない英文を音読しましょう。

リスニングのための音読なので、リスニング用のテキストを使うことをおススメします。

資格を取ることを目指すのであれば、TOEICや英検のリスニング用の英文で音読するといいでしょう。

TOEICなら、はじめはPart1や2の短い英文から始めるとやりやすいです。

慣れてきたら、Part3や4にも挑戦しましょう。

注意することは、TOEICはレベル別に分かれた試験ではないので、初心者から上級者まで同じ問題に取り組むことになります。

そのため、初心者にとっては難しい問題が多く、効果的な音読ができないこともあります。

黙読して、すぐに意味が理解できる英文で練習するようにしましょう。

一方、英検はレベル別に分かれているので、自分に合ったリスニングの勉強をすることが出来ます

自分に合ったレベルであること、何の資格を取りたいのかなど、総合的に判断して教材を選ぶといいですね。

音読することで、読解力も飛躍的にアップします。

TOEICのリスニングは、問題の先読みが必須。

次の問題の英文と選択肢を素早く読まないと、時間が足りなくなってしまいます。

読解力がパワーアップすれば、問題の先読みもスムーズにできるようになるのです。

リスニングが聞き取れ、問題の先読むも出来るようになるのが、音読のメリット。

音読は、英語力を底上げする効果的な学習方法なのです。

音読のおススメ教材

音読は、ただ単に声を出して読むだけでは効果が期待できません。

効果が出るようにするには、特別な方法があるのです。

さまざまな方法で音読トレーニングできる教材は、「JJENGLISHエクササイズ」です。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

4つの音読方法があり、鍛えたいスキルに合わせて使う音読方法を変えていくことが出来ます。

この教材の着地点は、英語が話せるようになること。

もちろん、リスニング、発音、リーディングにも対応でき、TOEICであれば800点近くを目指すことができるのです。

音読は、英語力を底上げする効果的な学習方法です。

しかし、方法が間違っていたら効果が期待できません。

きちんとしたメソッドで学習し、短期間で結果を出していきましょう。

JJENGLISHエクササイズについて詳しくは、こちらの記事もごらんください。

⑥シャドーイングをする

シャドーイングは、音声を影のように後から遅れて発音する方法です。

テキストを見ないので、耳だけがたより。

英文が聞こえたら、マネして後を追いかけていきます。

シャドーイングは、もともと通訳になるための訓練法です。

ですので、本当は難しい勉強法。

思うようにできないので、挫折する人が多く、わたしは初心者の人にはおススメしていません。

しかし、音が聞き取れ、意味が理解できる英文であれば、無理なくシャドーイングできます。

意味がしっかり理解できる英文は、わからない単語や文法がないので、テキストを見なくてもスラスラシャドーイングできるからです。

音声と同じ速さであとから追いかけて発音するので、英語を処理するスピードが速くなります。

音声をマネするので、発音もネイティブのようにうまくなるのです。

リスニング力がアップしてきたなと感じ始めたころに、挑戦してみてください。

楽しみながらシャドーイングするのが、勉強を長続きさせるコツなのです。

まとめ

今回は、英語のリスニングが上達しない原因と対策法についてご紹介しました。

中学レベルの単語と文法を瞬間的にアプトプットできるよう体で覚える

発音方法を勉強し、ネイティブの音声変化、リズム、イントネーションをマスターする。

この2点だけでも、かなりの学習効果が期待できます。

しかし、これらは学校の授業では経験していないことばかり。

だからこそ、自分自身でどんどん勉強する必要があるのです。

きちんとした勉強法でトレーニングすれば、リスニングは必ず上達します。

今回ご紹介した方法をぜひ試してみてください!

JJ ENGLISHエクササイズ