【英語の聞き流し】効果ありってホント?!英語講師が解説します。

英語講師のまのともです。

「聞き流すだけで英語がペラペラになれる」というあの教材、ものすごく売れているそうです。

英語の聞き流し、学習効果があるかどうか気になりますよね。

期待するだけの効果があるのでしょうか?

結論から言うと、英語の聞き流しは、効果「あり」です。

ただし、正しい勉強方法でなければ、期待するような結果を得ることはできません。

どうすれば、英語を聞き流すだけで、英語力をつけることができるのでしょうか?

今回は、「きちんと効果が出る」英語聞き流し方法をご紹介します。

聞き流しには、コツが必要です。

では、早速はじめましょう!

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

ただ聞くだけの「聞き流し」でどのような効果があるの!?

alt="リスニングをしている女の子"

聞き流しのメリットは、「英語に慣れる」ことです。

日本に住んでいると、英語に触れる機会はほとんどありません。

学校を卒業したら、ほぼゼロ。

意識して勉強しなければ、英語に触れる機会がないのです。

私が塾で教えている生徒さんたちは、英語が苦手な人が多いです。

とくに、リスニングは難しいと感じているようです。

「英語は難しい」→「英語が苦手になる」→「英語を拒絶する」

こうして、どんどん負のスパイラルに陥ってしまいます。

そんな時に、役に立つのが「聞き流し」です。

意味がわからなくても、聞き流すだけでいいのです。

大切なことは、聞き取ろうとしないこと。

聞き取ろうと意識すると、聞き取れないことがストレスになります。

意識しないで英語を聞き続けていると、英語を音楽にようにリズムでとらえることが出来るようになります。

英語を聞いていると、アクセントやイントネーションなどがあり、波のように流れていきます。

この波のようなリズムを感じ取ることが大切です。

まずは、

英語の音に慣れる

英語を音楽にようにリズムでとらえる

これができると、英語の対する抵抗感が少なくなります。

聞き流しは、英語力をつけるための第一歩なのです。

聞き流しでしっかりとした学習効果を出したい人向けの勉強法とは!?

英語を音楽のように聞き流せば、英語に対する抵抗感をなくすことが出来るとお伝えしました。

しかし、それでは物足りないですよね。

きちんと効果が出る、おススメの勉強方法があるのでご紹介しましょう。

 

英語の聞き流しをしても効果がないと言われるワケ

海外に住んだことがある友人知人が、私の周りにいます。

旦那さんの海外赴任についていくケースがほとんどなのですが、彼女たちには「ある共通点」があります。

それは、「英語が話せない」「英語が聞き取れない」ということ。

海外生活が3年以上でも、英語が話せないのです。リスニングもあまりできません。

海外だから、英語に触れるチャンスが多いはず。

英語漬けの環境なのに、どうして英語ができないのでしょうか?

その理由は、単語・文法の基礎力が足りないからです。

単語がわからなければ、読めないし、聞き取れません。

文法がわからないと、長い文章は理解するのが難しいです。

まのとも

基礎力がなければ、英語をシャワーのように大量に浴びても、聞き取れるようにはならないのです。

効果がない聞き流しの具体例

英語の聞き流しは、英語への抵抗感をなくすことや、英語のリズムをつかむには効果的であるとお伝えしました。

しかし、英語力をアップするには、単に聞き流すだけでは効果が期待できません。

たとえば、何かをやりながら聞く「ながら聞き」。

同じ「ながら」でも、効果がある「ながら聞き」と、効果がない「ながら聞き」があります。

具体的にご紹介しましょう。

①動画を見ながらBGMのように聞き流し

テレビやYouTubeなどの動画を見ながら、英語の聞き流しをしている人もいます。

動画を見ている時は、映像に集中しています。

そのため、英語はまったくと言っていいほど耳には入ってこないのです。

映像を見ながらのリスニングの勉強は、勉強した気分は味わえますが、学習効果がほとんどありません。

②読書しながら聞き流し

本を読みながら、英語の聞き流しです。

こちらも同じように、文字を読むことに集中しているので、音声は耳に入ってこないのです。。

読書に夢中になっているときは、英語の音声さえも気がつかないでしょう。

③宿題しながら聞き流し

学校の宿題をしながら聞き流しをする人もいます。

宿題に集中している時は、英語は耳には入ってきません。

集中できない時は、英語の音声が耳障りになることもあるでしょう。

宿題は集中して勉強すべきこと。

かけ流しをしても、単なるBGMになり、耳にはほとんど入ってこないのです。

④友達とおしゃべりしながら聞き流し

カフェのBGMと同じ状態です。

おしゃべりに夢中になり、英語の音声は心地よいBGMのようです。

もしかしたら、英語の音声自体も聞こえないかもしれません。

以上が、効果のない聞き流しの事例でした。

共通していることは、作業に集中しているということ。

他のことに集中している時は、英語の聞き流しをしても、学習効果はありません。

おなじ「ながら作業」でも、効果のある聞き流しはどのようなものがあるのでしょうか?

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

効果が高い聞き流しの具体例

①通勤・通学時間の聞き流し

聞き流しで効果を出すには、集中する必要がない作業を行なう場合です。

通勤・通学中は、集中する必要はないですよね。

会社や学校につくまでの、1時間や長くても2時間程度の時間なので、飽きずに無理なく聞き流しに集中できます。

最近は、スマホでゲームをしている人や、ネットサーフィンしている人がほとんど。

その中で、英語の勉強をする人は、間違いなく得るものが多い人生を歩むことが出来るでしょう。

②運転しながら聞き流し

車の運転は、集中していないと危ないのですが、運転中ずっと集中しっぱなしというわけではありません。

リラックスできるときは、英語の聞き流しのチャンス。

密室なので、発声練習もできるのが大きなメリットです。

単に聞き流すだけでなく、音声を真似して発音することも英語力をアップするには効果的です。

③ジョギングしながら聞き流し

ジョギングも聞き流しにはぴったりの時間。

多くの人は、音楽を聞きながら走っていますよね。

音楽の代わりに、英語の音声を聞き流せば、リスニングに集中することができます。

④家事をしながら聞き流し

私もよくやる方法です。

とくに、お皿を洗うときや、掃除をしているときは集中して聞き流しができます。

しかし、料理をするときは、英語が耳に入ってきません。

包丁を使うときは切ることに集中します。

レシピを見ながら料理を作る時も、分量をはかったり調理方法を確認しなければいけないので、考えながら作業するので、英語が耳に入ってきにくいです。

以上のように、集中する必要がない作業をしているときは、効果的な聞き流しができます。

掃除しながら、運転しながら、ジョギングしながら、であれば、英語の音声を聞く余裕があります。

 

何かをしながらの場合、集中して聞き取れないから「聞き流しは効果がないのでは?」と心配する方もいらっしゃいます。

たとえば、「車の運転に集中してしまうので、英語が聞き取れない。」

「食事の用意をするときは、聞き取りに集中できないから、余計イライラする。」

と相談を受けたこともあります。

これは、私もそう思うことがたくさんあります。

車の運転が得意ではないので、緊張しっぱなし(泣)

英語を聞こうとすると、運転に集中できない時があるので、車では聞き流しはあまりしません。

料理をする時も、聞き流しをしません。

料理をするとき、けっこう頭を使いますよね。

オムレツをひっくり返す時や、ケーキのデコレーションをするときは集中したいので、英語を聞いているとイライラしてしまうのです。

聞き流しがストレスになってしまいます。

どうして、聞き流しがストレスになるかというと、「勉強しなきゃ」という気持ちが強いからだと思います。

「やるからには結果を出したい」と思ってしまうのです。

聞き流しは、本来はもっと気軽にできる勉強のはず。

それならば、「ストレスを感じるときは聞き流しをしない」決めました(笑)

集中する必要がない時に、聞き流しをすればいいのです。

歯磨き・お風呂・掃除・洗濯・皿洗い・アイロンがけ、通勤通学がベストですね。

もっと気軽に、聞き流しに挑戦できればいいなって思います。

聞き流しの学習効果をアップさせる方法とは

今回は英語の聞き流しについてお話ししました。

聞き流しをするだけで英語がペラペラになることはありませんが、やり方によっては英語力をアップさせることは十分可能です。

まのとも

自分のレベルに合った英語を聞くことが聞き流しのコツです

ネイティブの生英語はかなり難しいので、はじめは「英語学習用の音声」を聞き流すことをおススメします。

英文を見て意味がわかる

知らない単語がない

文法が理解できる

これらの条件を満たした英文を聞き流せば、学習効果が高くなります。

忙しい毎日で、英語を勉強する時間がない方も多いでしょう。

すきま時間をうまく活用すれば、聞き流しで学習時間を増やすことができます。

英語は積み重ねが大切。

気軽に聞き流しをはじめて、英語力をどんどん高めていきましょう。

JJ ENGLISHエクササイズ