英語ができない人がやってしまうある共通点とは?!英語講師がズバッと解説します!

みなさま、こんにちは。英語講師のまのともです。

「英語ができない」と悩む人がとても多いです。

塾に新しく来たばかりの生徒さんたちも、「がんばっているのに全然英語ができるようにならない」とおっしゃる方が多いです。

話を聞いているうちに、英語ができないと悩んでる人は「ある共通点」があることがわかりました。

それは、「間違った方法で英語の勉強をしている」ということ。

そして、間違いに気がつかないまま「できない」と悩み続けているのです。

勉強方法を間違えていたら、せっかく努力しても英語はできるようになりません。

努力がムダになるのは悲しいですよね。

間違った勉強方法とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

今回は、勉強した分きちんと効果が出る「英語の正しい勉強法」をご紹介します。

勉強方法を変えるだけで、英語はぐんと成果が上がります。

早速はじめましょう!

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

一生懸命勉強しているのに成果が出ない理由とは

一生懸命がんばっているのに、英語が全然できるようにならない…。

努力が報われないのは本当につらいですね。

英語ができるようになるためには、勉強することがたくさんあります。

  • 単語
  • 文法
  • 会話
  • リスニング
  • リーディング
  • 英作文
  • 発音

英語をマスターするには、「それぞれのスキルごとに勉強すべき」と思っている人がとても多いです。

「長文読解力がないから、読む量を増やさなきゃ」

「リスニングができないから耳を鍛えよう」

「話す練習をたくさんすれば話せるようになる」

このように、

話す力がない→「話す」勉強をする

読む力がない→「読む」勉強をする

聞く力がない→「聞く」勉強をする

と、考えるのですね。

まのとも

実は、これが間違いです。
英語のスキルは、別々のものではなく、それぞれが組み合わさっているのです。

ひとつのスキルに集中して勉強しても、英語は上達しません。

たとえばリスニングの場合、リスニングができない原因は「聞く力が足りない」というわけではありません。

「単語力不足」や「文法力不足」の可能性もあるのです

「聞き取れないけれど、英文を見れば意味がわかる」という経験はありませんか?

英語の音に慣れていないケースもありますが、文法の運用力が不足している可能性もあります

リスニングは、素早く英文の意味を理解できる力が必要です。

まのとも

「すばやく」がポイントです

リーディングは、自分のペースで読むスピードを調節できますが、リスニングはそうはいきません。

リスニング音声に合わせなくてはいけないのです。

生徒さん

ゆっくりじゃないと理解できないよぉ

まのとも

そうだよね。
でも、英文をめちゃくちゃ速く理解する力が必要なんだよ

読んですぐに意味が理解できる英文は、リスニングでも聞き取れます。

何度も返り読みをしたり、日本語に訳さないと理解できない英文は、聞き取ることが難しいです。

リーディングもリスニングも、英文の意味を理解するために必要なのは「読解力」です。

英文を目で見て」理解するのが「リーディング」。

耳で聞き取って」理解するのが「リスニング」です。

「目」で理解するのか「耳」で理解するかの違いだけ(リスニングは読解力+英語の音を聞き分ける力が必要なので難易度が高いです)。

根本は同じです。

すばやい読解力をつけるには、日本語に訳すための「返り読み」のクセをなくして、ダイレクトに英語を理解する瞬発力をつける必要があるのです

単語は1秒以内にアウトプットできるようにする。

英文を何度も音読して、英語の語順を体で覚える。

これらの練習が必要です。

リスニングは、聞くだけでは上達しない。

この事実を知らない人が、とても多いように思えます。


日常英会話はビジネス英語よりむずかしい

「日常会話くらい話せるようになりたい」と思いませんか?

そう思って、英会話スクールに通い始める人が多いです。

しかし、英会話は、TOEIC800点や900点よりも、もっとむずかしいってご存じでしたか?

英会話は、上級者レベル

「初級」「中級」を飛び越えて、いきなり「上級」レベルなのです。

しかし、英会話スクールでは「初心者でも大丈夫」と言われます。

「慣れれば話せるようになる」というのですね。

外国人を目の前にしたら誰でも緊張します。

しどろもどろになって、言いたいことが全然言えない…。

こんな経験ありますよね。

しかし、リラックスしたら、話せるのでしょうか?

外国人に慣れても、話せるようにはなりません。

単語や文法の基礎力がなければ、英語が口からは出てこないのです。

まのとも

英作文は得意ですか?

生徒さん

ちょー苦手だよ。

かんたんな英作文でさえ、意外に難しく感じるものですよね。

しかし、会話は、もっとむずかしいです。

英会話は、英作文をスピードアップさせたものです。

英作文は、じっくり考えて英文を作ることが出来ますが、英会話は会話のキャッチボールです。

すぐに返事をしなければ、会話が続きません。

英会話の方が、英作文よりはるかに難しいのです。

いきなり、英会話スクールに言っても、話せるようになれないのは当然のことなのです。

Simple English Magic 81/シンプルイングリッシュ

英語ができない人におすすめの勉強とは

 

英会話スクールで「沈黙」を経験したことがありませんか?

「○○って言いたいんだけど、英語でどうやって言えばいいんだろう」

「単語が思い出せない。どうしよう…」

外国人講師の前で何も言えずに「シーン…」

気まずい時間が続きます。

学校で単語も文法を勉強したのに、どうしてこんなことが起こってしまうのでしょうか。

学校での英語の勉強は、理解するだけです。

理解できたかどうかを、筆記テストで確認するだけ。

「わかる」だけでは、「使える」ようにはなりません。

実際に使えるような、トレーニングが必要なのです。

まのとも

私はいつも、「英単語は1秒以内に意味がわかるようにしてね」と生徒さんに伝えています。

単語の意味が1秒以内で思い出せないと、ネイティブの速いセリフは聞き取れません。

聞き取れないと、返事が出来ません。

リスニングができないと、会話のレッスンにならないのです。

英語は、勉強する順番が大切です。

「聞く」「話す」「読む」「書く」の順番で勉強すると、学習効果が高くなります。

生徒さん

この順番って、こどもが言葉を習得する過程と一緒だよね?

まのとも

そう、そのとおり!
学校では「読む」ことばかりだから、英語ができるようにならないの。
「聞く」練習から始めると、英語力はぐんぐんアップするのよ。

子どもは、周りの人たちが話している言葉を一生懸命聞いて言葉を覚えていきます。

大量のインプットをするのですね。

そして、実施に話してみる。

周りの反応を見ながら、正しい使い方をマスターしていくのです。

まのとも

しかし、大人の場合は、こどもと同じ方法は効率が悪いです

なぜなら、大人はすでに英文法を勉強しているから。

大量の英文をインプットすることで、自然に文法をマスターする子どもと違って、大人は学校で文法を勉強しています。

英語のルールを理解できているので、実際に使えるように何度もトレーニングすればいいのです。

リスニングで意味を理解するには、「すばやい読解力」が必要とお伝えしましたよね。

読解力は、文法の運用能力。

中学レベルの英語を、「読んだ瞬間」「聞いた瞬間」に理解できる力をつければ、リスニングはできるようになるのです。

どのようにすれば、英文をすばやく理解できるようになるのでしょうか?

具体的なトレーニング方法は、こちらの記事をごらんください。

学校では習わない、実践的な勉強方法を紹介しています。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

まとめ

alt="谷を飛び越える女性"

今回は、英語ができない人の共通点についてご紹介しました。

英語ができないのは、能力の問題ではありません。

勉強方法が間違っている可能性が高いのです。

「聞く」「話す」「読む」「書く」のすべてに必要なのは、中学レベルの英語です。

中学英語をマスターしなければ、一生懸命勉強しても効果が出ないのです。

中学英語を長期記憶に落とし込むことが出来れば、英語力は飛躍的にアップします。

ぜひ、この機会に基礎力をしっかりつけていきましょう!

JJ ENGLISHエクササイズ