【英語長文】「精読」で読解力を確実にアップさせる方法|英語講師がくわしく解説します。

alt="本を読む真面目な女性"

英語講師の「まのとも」です。

「読解力がない」と悩んでいる人は、とても多いです。

大学入試の英語は、難関校ほど長文問題の割合が多いので、読解力は入試の合否を左右する大きなポイントになっています。

読解力を上げるには、どうすればいいのでしょうか?

結論から言うと、「精読」が効果的です。

精読とは、学校の授業でやっている勉強法。

しかし、読解力を底上げするには、学校と同じ方法では通用しません

単に、日本語に訳すだけでは、読解力はつかないのです。

今回は、入試で差をつける「精読」のやり方をご紹介します。

やるとやらないでは大違い。

それだけ、効果のある方法です。

では、早速はじめましょう!

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

英語長文の内容が理解できない原因とは?

alt="思い悩む女性の画像"

長文問題が読めても、内容が理解できないことがあります。

その原因は、以下の通りです。

単語の意味や概念がむずかしい

漠然と読んでいるだけで、内容を整理していない

思い込みが強く、都合のいいように解釈してしまう

入試の長文読解は、英文が難しいです。

読んでも、よく内容を理解できないと、感覚で答えを出す人が多いのです。

「なんとなくこっちの方が正しそう」と直感で選んでしまうのです。

問題を解き終わって答え合わせをした後、なぜ正解なのか、不正解なのか、理由を理解しないまま放置してしまう。

「なんとなく」の感覚なので、勉強しているのに英文が読めないのです。

英語長文の読解力を上げるには、「なんとなく」や「直観」「思い込み」を取っ払って、客観的に読むことが大切。

英文の読み方そのものを、改善する必要があるのです。

なぜ精読が読解力をアップさせるのか

alt="音読画像"

精読をすると、細かいところまで注意深く読むことが出来ます。

学校の授業では、一文ずつ単語と文法の解説をしてもらい、日本語に訳して意味を理解しましたよね。

そのおかげで、英文の内容を正しく理解できたのです。

一文ずつ正確に読み取ることで、客観的に英文を読むことが出来ます。

自分の思い込みや都合のいい解釈がなくなるので、正しく内容を理解し、正しい答えを導くことができるのです

じっくり読む「精読」よりも、量をこなす「多読」が大事とよくいわれますが、どちらも同じように大切です。

ただし、精読ばかり続けていても、英文はスラスラ読めるようになりません。

精読で正しく英文を読めるようになった後に、多読が必要。

精読が先で、多読は後です。

まず、質を極めることが重要なのです。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

読解力がバク上がりする精読のやり方とは

alt="大喜びの子ども"

はじめは、かんたんな英文から始めるとスムーズに読めるようになります。

ポイントは、自分のレベルに合っている英文を選ぶこと。

いきなり難しい英文に挑戦すると、読むだけで必死になってしまいます。

今回の精読の目的は、英文を客観的に読めるようにすること。

少しずつ難易度を上げて、レベルアップしていきましょう。

それでは、具体的なやり方をご紹介します。

音読する

まず、1つの英文を音読します。

正確に読むことが重要。

読めない単語がある場合、

意味を調べる

発音の仕方を確認する

この2つを必ず行います。

なぜ発音の仕方を確認するかというと、適当に発音していると、単語が覚えられないから。

なんとなく覚える程度の浅い記憶にしか残らないので、また同じ単語が出てきても理解できないのです。

リスニング対策のためにも、発音は重要です。

音読をして、すべて正しく読めるかどうかを確認しましょう。

Simple English Magic 81/シンプルイングリッシュ

日本語訳先読み必勝法とは

alt="スタートダッシュの画像"

精読の次のステップとして、日本語訳を先に見てしまう方法をおススメします。

題して、「日本語先読み必勝法」(笑)。

生徒さん

えっ、いきなり和訳を見ていいの?

英語講師
まのとも

いいんです!

なぜなら、

自力で全部訳していたら時間がいくらあっても足りない

訳すので精いっぱい。内容を深く理解するまでたどり着けな

先に正解を知ってインプットする方が効果的

このような理由があるのです。

自力で全部訳すと時間がかかるので、英文を読む量がものすごく少なくなってしまいます。

しかし、先に和訳を読めば、あっという間に内容が理解できるので、大量の英文を読むことができるのです。

生徒さん

先に日本語訳を見てしまったら、かんたんだよ。
勉強にならないんじゃない?

まのとも

実際にやってみるとわかりますが、意外にむずかしい。
すぐには理解できません(笑)

具体的なやり方は、

まず全体の内容を確認する

1文ずつ英文と日本語訳を照らし合わせながら、意味をとっていく

この順番で行います。

日本語訳を見ても理解できない場合、原因は3つあります。

単語がわからない

文法が理解できていない

文章の内容が難しくて理解できない

単語や文法は、調べれば理解できます。

問題は、③の内容が難しくて理解できない、ということ。

この解決策をご紹介します。

英文を読んでもわからないのは日本語の運用能力の問題?!

alt="勉強に苦しんでいる女性"

単語も文法もわかって日本語にも訳せるけれど、「意味がハッキリつかめない」というケースがあります。

日本語訳を見ても理解できないのは、

内容が抽象的

難しすぎる

背景知識を知らない

などが原因。

英語の学力ではなく、日本語の運用能力不足が原因のことがよくあります。

内容が抽象的

抽象的な文章の場合、漠然としていてわかりにくいですよね。

その場合は、理解できるよう、わかりやすくしましょう。

小学生にも理解できるように「つまり、これはこういうことを言っているんだよ」など、かみ砕いて内容を整理します。

また、具体例を出すのも効果的。

「抽象⇔具体」なので、具体的な例を考えることで、何が言いたいのかを理解しやすくなります。

難しすぎる

内容が難しすぎて理解できない場合、英文が自分のレベルに合っていない可能性が高いです。

その場合は、いきなり難しい問題に挑戦するのではなく、少しずつ難易度を上げることで慣れていきます。

国語が出来るようになると、英語力も比例します。

テクニックよりも慣れが必要。

英文だけでなく、日本語でも難しい文章をドンドン読むことも効果的です。

背景知識を知らない

大学入試問題は、色々なテーマの英文が出てきますよね。

自分が得意なテーマならスラスラ読めますが、苦手なテーマは理解できません。

背景知識があるだけで、すぐに内容を理解できてしまうこともあるので、得意な分野を増やすことがいちばんの対策法です。

得意分野を増やすのも「慣れ」です。

大量の英文を読むうちに、理解できることが増えてきます。

話の展開パターンがわかってくるので、理解するスピードが速くなってきます。

英語と日本語の両方の文章を大量に読むようにして、知識をどんどん増やしていきましょう。

まとめ

alt="飛躍の画像"

今回は、英語長文の読解力を上げるために、精読の方法をご紹介しました。

英文の内容が理解できない原因は、単語力不足、文法力不足、国語力不足の3つです。

英語長文は、英語の総合学習なので、単語や文法などの基礎力がないと読むことが出来ません。

中学英語からのやり直しなど、基礎力をつけることが大切です。

そして、英文の内容を自力で和訳せず、先に日本語訳を見てしまう方法をご紹介しました。

先に日本語訳を見ると、不思議なことに、複雑な文法がひも解くように理解できてしまいます。

「なるほど!そういうことか!」という「アハ体験」がたくさんでき、勉強することが楽しくなってきます。

長文読解が苦手な人は、少しでも負担を少なくした方が、勉強が進みます。

日本語訳先読み学習法」をぜひ試してみてください!

こちらの記事もあわせてごらんください。

JJ ENGLISHエクササイズ