【元CAが解説】キャビンアテンダント採用試験に必要な英語力はどれくらい?手遅れになる前に早めに準備をしましょう!

TOEIC対策コース

こんにちは。元キャビンアテンダントで、現在は大学受験塾で英語講師をしている『まのとも』です。

「キャビンアテンダントになりたいけれど、英語力がないから不安…」そう思っていませんか?

国際線を乗務するなら、英語力は必要。

なんとしてでも、英語力をつけなければいけません。

具体的に、どのくらいのレベルが求められるのでしょうか?

今回は、元CAが、キャビンアテンダントになるために必要な英語力や、実際のフライトではどのように英語を使っているのかをご紹介します。

英語力をつけて、キャビンアテンダントになる夢を叶えましょう!

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

キャビンアテンダント採用試験では英語はどの程度必要なのか?

国際線はもちろん英語は必須ですが、国内線はどうかというと、やっぱり英語は必要。

国内線にも外国人のお客様はいらっしゃいますので、採用する際は英語力が求められるのです。

私は、日系の航空会社でしたが、筆記試験で英語の試験がありました。

大学受験を経験していれば、問題ないレベル。

ただし、大学4年生にもなると、大学で英語を使わない学部生は、英語力がかなり落ちてますよね。

早めに勉強を始めたほうがいいです。

キャビンアテンダントには応募資格がありますよね。

募集要項には、英語力について明記されています。

求められるレベルは、JAL とANAはTOEIC600点以上

スカイマークやスターフライヤーも、TOEIC600点程度が望ましいとされています。

つまり、TOEIC600点は必須であるということ。

キャビンアテンダントを目指すのであれば、TOEIC600点は絶対に取っておくべきなのです。

もし、今600点以上なくても大丈夫。そんなに不安になる必要はありません。

TOEICの受験者のうち、大学生の平均スコアは、どの回でも570点前後です。

平均点よりちょっと上をいけばいいので、必死に勉強しなくても大丈夫なのです。

そうはいっても、キャビンアテンダントの採用試験は倍率が高いですよね。

大勢のライバルたちと差をつけるには、TOEIC700点以上は持っていたい。

TOEIC700点あれば、航空会社以外の就活でも有利になるので、今の現状に満足せず、上を目指して欲しいなって思います。

TOEICは難しいと思われがちですが、思っている以上に簡単にスコアアップ出来ます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

キャビンアテンダントの採用試験は英語よりも重要なことがある

私が入社して気づいたことは、キャビンアテンダントとして採用された人は、「英文科卒の人がとても多い」、ということ。

私は、法学部でしたが、あまりいなかったです。

法学部が珍しかったのか、面接時に「法学部で学んだことを、キャビンアテンダントにどう生かせますか?」と質問されました。

私の答えは、「法律を含め社会情勢に興味があり、日頃から新聞やニュースで知識を得ています。お客様とお話をする際に、時事問題が話題になることもあるかと思います。そんな時にもすぐに対応できる力が身についていると思っております」でした。

もっといい答えができたかもしれません。

しかし、当時意識したのが、即座な反応

質問されて、3秒以内に答えました。

答えに迷うより、すぐに返事ができるほうが印象がいいと思ったのです。

作戦は成功!

私が答え終わった後、面接官のにこやかな表情は、今でも忘れません。

キャビンアテンダントは、一期一会のお仕事。

短いフライトタイムで、お客さまの心をつかむには「人間力が必要」だと思っています。

どれだけ、いい印象を持ってもらえるか、ということですね。

人としての魅力を磨いてほしいなって思っています。

実際に機内で使う英語力はTOEICは関係ない!?

入社してから、キャビンアテンダントとしての訓練を行います。

訓練中に、接客英語も学んでいきます。

搭乗案内、お食事の提供など、具体的な会話を練習していきます。

お料理やワインの説明も英語でします。

ちなみに、私の英語力はひどかった…。

ロールプレイでのこと。インストラクターがお客様役、私がCA役でした。

インストラクター:“Can I have some water?”

わたし: “Sure, I’ll bring it soon”

これでバッチリだと思っていましたね。

が、しかし、

お客様に“Sure”とは何事ですかっ!!!」と、ガッツリ怒られました。

Certainly”と言わなければいけないのです。

きっと、あなたは「あーこんなやつでもキャビンアテンダントになれるんだ」って思ったはず(笑)

そうです。なれます。大丈夫です。

英語を使う機会は、接客だけではありません。

外国人クルーと同乗するときは、全部英語でコミュニケーションをする必要があります。

外地では、お客様情報やミールの確認など、スタッフと英語でやり取りしなければいけないです。

会話力をつけるために英会話スクールやオンライン英会話を始める人が多いですが、おススメできません。

詳しくはこちらの記事に紹介しているのでご覧ください。

あとは、機内アナウンスも英語が必要ですね。

機内アナウンスは、発音がとっても大切。

ちなみに私は、英語のアナウンスはお客様に褒めて頂くことが多かったです(自慢)。

アナウンスが下手だと、お客様からクレームがきます。

ホントに怖いです…。

発音は、3カ月くらい集中して練習すれば上達するので、早目に練習することをおススメします。

まとめ

キャビンアテンダントになるには、英語力は確実に必要です。

英語力をつけるには時間が掛かるので、就活が始まる前に対策を取る必要があります。

TOEICでハイスコアを出す必要はありませんが、英語ができるようになると就活で有利。

TOEICで800点持っているとほかの学生に差をつけることができます。

自分に自信が持てるようになるので、面接では堂々と受け答えができるようになります。

面接は、自分が思っている以上に緊張します。

直前で自信を失うことがないよう、英語の勉強をしっかりやりましょう。

あなたが、見事キャビンアテンダントの採用試験に合格できることを願っています!!!