勉強やる気がしない時はどうすればいい?対処法を英語講師が解説します!

alt="こたつでくつろぐ女性"

みなさま、こんにちは。英語講師のまのともです。

新たな目標を見つけて「がんばろう」って思うけれど、なかなか続かない。

がんばりたくても、がんばれない時ってありませんか?

それは、「悪い習慣」にどっぷりつかっている証拠。

最悪なことに、本人の自覚がないので、簡単には抜け出すことが出来ません。

知らないうちに、どんどん気力が奪われているのです。

いったいどうすれば、気力がわいて頑張れるようになるのでしょうか?

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

やる気がどんどんなくなる原因とは!?

alt="ボーっとしている女性"

「頑張ろうと思っているのに頑張れない」

「続けることが出来ない」

そう悩む人はとても多いです。

せっかく目標を決めてこれから頑張ろうと思っているのに、早くも挫折…。

「自分は意志が弱い」と、ますます自信を失うことになってしまいます。

しかし、「意思の力があればやり遂げられる」というわけではありません。

どんなに強靭な精神の持ち主でも、頑張れないこともあるのです。

やる気をなくす原因とは何でしょうか?

今回は、6つのパターンをご紹介します。

①睡眠不足

alt="猛勉強の画像"

生徒さん

ショートスリーパーって憧れだな。
だって、寝る時間が少なければ、趣味に使う時間が増えるもん。

スティーブ・ジョブスは4時間、ドナルド・トランプは3時間、孫正義さんも3時間から4時間のショートスリーパーだそうです。

フランス皇帝のナポレオンも3時間。野口英雄も3時間です。

なにかを成し遂げた人は、寝る時間を惜しんで頑張ったのですね。

私も短時間睡眠に挑戦したことがあります。

しかし、やってみるとやっぱり難しい。

疲れてしまって考える力がなくなり、体力もガタ落ちになりました。

実際に試してわかったことは、短時間睡眠には向き不向きがあるということです。

必要な睡眠時間は、人それぞれ違います。

体質なので、「睡眠時間が少ないのは優れている」というわけではありません。

ビル・ゲイツは7時間、イチローは8時間です。

睡眠時間を削ってまで努力すれば成功する、というわけでないですよね。

睡眠時間を減らしてまで頑張るのではなく、何気なく過ごしているムダな時間をなくしたほうが、心身ともに健康的です。

塾の生徒さんにも、睡眠の大切さをいつも教えています。

睡眠時間を減らしてでも勉強することが必要だと思っている方が多いのです。

 

勉強に集中すると、そのまま寝ないでやり続け、徹夜状態を続ける子もいます。

寝不足ですが、本人たちは「勉強頑張った」という満足感が高いのです。

しかし、当然ながら、体がもちません。

体調を崩し、勉強した時間より、寝込む時間の方が長くなってしまうこともあるのです。

睡眠不足は、体のダメージだけではありません。

気力も無くなり、勉強する気が無くなってきます。

目標を達成させるには、気力・体力が大切。

睡眠時間をしっかりとることが、やる気を出すために必要なのです。

②栄養不足

「栄養が足りない」というと、多くの人は「しっかり食べています」と言います。

しかし、きちんとした食事を摂っている人でも、栄養不足になることもあります

食べすぎでも、栄養が足りないことがあるのです。

まのとも

ストレスがあると、無性に食べたくなる時がありませんか?

お腹がいっぱいで苦しいのに食べてしまう。

ストレスを食べ物で発散しようとするのです

実際に何を食べるかというと、お菓子や菓子パン、カップラーメン、油っぽいもの。

甘いものも、猛烈に食べたくなります。

ストレスがある時ほど、体に悪いものばかり食べたくなりますよね。

ストレスでの食べ過ぎで、ビタミンやミネラルを大量に失うことになるのです。

栄養不足になると、イライラしがち。

心が不安定になり、あれこれ余計なことばかり考えるようになります。

かなしいですよね(´;ω;`)

思っている以上に、食事は重要です。

栄養のバランスを考えて、体に良い食事を摂るようにしましょう。

③運動不足

alt="やる気がしない女性"

運動不足も、気力がなくなってしまう原因です。

筋力が弱ると、体力も落ちて姿勢が悪くなります。

猫背になると、どうしてもうつむき加減になりますよね。

まのとも

下を向いていると暗いことを考えがち。
前を向くようにすると、気持ちも前向きになります!

また、運動不足は睡眠不足につながります。

頭や心は疲れているのに、体は疲れていないので眠れない。

これでは、心身ともに不調になってしまいます。

ちょっと体を動かすだけで、脳の血流はよくなります。

脳が活性化され、思考力や記憶力も高まります。

運動することによって、セロトニンが脳内に増えることがわかっています。

まのとも

セロトニンは、幸福感や安らぎをもたらす神経伝達物質。
ストレスを解消するのにとても効果があります。

朝、10分でもいいので散歩をしましょう。

朝の太陽の光を浴びれば、エネルギーがチャージされるようで元気がわいてきます。

散歩がむずかしいなら、ラジオ体操でもだいじょうぶ。

ラジオ体操でも本気でやれば、けっこうな運動量です。

ご自分で出来ることから始めていきましょう。

④会話不足

人と話さない期間が長くなると、精神的につらくなります。

私は子育てに忙しい時、だれとも話さず1日が過ぎる時もありました。

子どもはかわいいですが、やっぱり大人同士で会話がしたい。

話したいことが話せないと、どうしても我慢することが増えてしまいます。

私は、言葉には力があると思っています。

言霊って言いますよね。

まのとも

「話す」という言葉は、「離す」とも言えます。
つまり、悩みを話すことで、自分の苦しみを「離す」ことができるのです。

苦しい時は、1人で悩むことなく、誰かに話すことも大切です。

友達が近くにいなくても、お店の店員さんと話すだけでも気分転換になります。

ぜひ、1日に1回は外出するか、電話するなどして、コミュニケーションを取るようにしましょう。

 

⑤人と比べてしまう

友達が幸せなとき、妬ましくなることがありますよね。

「なんであの子ばっかり恵まれているんだろう」「なんで自分は才能がないのだろう」

と悩んでしまいます。

しかし、そう考えるのは、よくないです。

「類は友を呼ぶ」という言葉を聞いたことありますよね。

自分の周りには、同じような人が集まるということわざです。

自分の周りが運のいい人ばかりなら、あなたも間違いなく強運の持ち主です。

“You are the average of the five people you spend the most time with.”

「あなたは、最も多くの時間を共に過ごしている5人の平均になる」

これは、31歳で億万長者になったアメリカの起業家ジム・ローンの言葉です。

年収や思考、運勢などあらゆる面で周りの人の影響を受けています。

自分の周りがすごい人ばかりなら、あなたも同じレベルの人間です。

間違いなくあなたも、人からうらやましがられるような存在なのです。

だから、自信を持ってほしいです。

今は、辛いことが多くてもきっと幸せがめぐってくるので安心してくださいね。

⑥感謝の気持ちがない

感謝は大事と言われますよね。

当たり前すぎて、なかなか周りに感謝することを忘れてしまうこともあります。

とくに家族には「ありがとう」なんて言わないことが多いのではないでしょうか?

「ありがとう」の反対の言葉って何だと思いますか?

「当たり前」です。「有難い」の反対です。

おいしい食事が出てくるのは当たり前。

洗濯してきれいな洋服がそろっているのは当たり前。

毎日のことだから慣れてしまっているけれど、それは当たり前ではないですよね。

やっぱり、うれしい気持ちを伝えることは必要です。

主婦は、感謝されることがほとんどありません。

だから、「ありがとう」って言ってもらえるだけで救われるんです。

まのとも

感謝は、周りの人を幸せにします。
「ありがとう」をたくさん言えるようになりたいですね。

まとめ

alt="ガッツポーズの女性"

今回は、心をダメにしてしまう悪い習慣をお伝えしました。

どれも当たり前なことなのですが、意外に忘れていることが多いと思います。

今回ご紹介した内容を実践することで、やる気が自然にわいてくるはずです。

そうはいっても、実践することはむずかしいですよね。

意識を向けるだけで、少しずつでも変わることはできます。

疲れている時は、休むことも大事なこと。

悩んでいる時は、思いっきり悩むことも必要です。

花が咲く春を迎えるには、寒い冬の時期が必要です。

じっくり気力・体力を養ってくださいね。

JJ ENGLISHエクササイズ