英語の長文読解はスピードが命!頭の中で音読してしまうクセを直す方法とは?!

英語講師のまのともです。

英語の長文問題を解いている時、「つい頭の中で音読をしてしまう」という経験がありませんか?

TOEICは長文問題が大量にあるので、頭の中で音読をしていたら、時間内に問題を解き終えることができません。

大学入試も英語は、難関大学ほど長文読解問題の占める割合が高いです。

1点を争う大学受験では、長文を速く読まなければ、合格を勝ち取ることは難しいのです。

今回は、「頭の中での音読してしまうクセを何とかしたい!」という方に向けて、英語長文が速く読める方法をご紹介します。

音読のクセがなくなれば、長文はおもしろいようにスラスラ読めるようになります。

英語が速く読めるようになり、英語の苦手意識がなくなれば嬉しいです。

早速はじめましょう!

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

頭の中で音読せず英語長文が速く読める人の特徴とは

英語の長文が速く読める人には、ある共通点があります。

まのとも

それは、「読書の習慣がある」ということ。

生徒さん

なんだ、そんなことか…

まのとも

文字に慣れるって大事なんだよ

ふだんから本をたくさん読んでいる人は、英語の長文も速く読むことができます。

その逆に、本を読まない人は、英語の長文問題も苦手。

大量の英文に慣れていないので、、長文問題を読むのに抵抗を感じてしまうのです。

英語長文を早く読めるようにするには、まず本をたくさん読むことが大切です。

頭の中で音読するのは、その文章を「じっくり読もうとするとき」です。

じっくり読まないと理解できないような、「むずかしい」と感じる文章の場合、頭の中で音読する傾向があります。

また、小説やマンガなどで、登場人物の感情を味わいたいときも、頭の中で音読することが多いです。

その一方、かんたんな文章の場合はどうでしょうか?

たとえば、商品の広告文は、頭の中で音読せずに、ざーっと読み進めていきませんか?

自分が「かんたん」と思うレベルの文章は、頭の中で音読せずに速く読むことができるのです。

一気に読み進めて、必要な情報を見つけ出すことができるのです。

読書の習慣がない人は、文字に対する抵抗感が高いケースが多いです。

まのとも

大量の文字を読み慣れていないため、文字を目で追うだけでなく、頭の中で音読して、内容を理解しようとがんばっているのです。

英文をたくさん読むようにすれば、読むスピードが上がってきます。

学校の授業では、1冊の教科書を半年から1年かけて読んでいます。

これでは、読む量が足りないので、速く読めるようにはなりません。

英語が速く読めるようになるには、多くの英文を読むことが必要です。

難しい英文ではなく、かんたんで興味のもてる英文を大量に読むことが、読む習慣をつけるコツなのです。

頭の中で音読するクセが気になるなら音読スピードを上げるべし

alt="ストップウォッチの画像"

「頭の中で音読をしてしまうから英文が速く読めない」

この場合、そもそも本を読むスピードが遅いケースがほとんどです。

頭の中で音読するから読むのが遅くなるのではなく、読むスピードが遅いのです。

ネイティブの音声と同じ速さで読むことが出来たらどうでしょうか?

あれだけ速く音読できたら、頭の中で音読してしまっても、読むスピードはめちゃくちゃ速いはず。

頭の中で音読するクセが直らなくても、ぜんぜん問題にはならないのです。

それがわかれば、英語長文を早く読む方法は簡単。

音読のスピードを上げればいいのです。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

ネイティブと同じ速さで音読すれば読解スピードは飛躍的に速くなる!

alt="スピード出す車"

ネイティブ並みの早さで音読できるようになれば、頭の中で音読するクセが直らなくても、英文を速く読むことができます。

具体的な練習方法は、「ネイティブの音声を聞きながら音読する」。これだけです。

音読は、自分のペースで読むことができます。

無理なくゆっくり音読が進められる反面、スピード感が足りないのがデメリット。

意識して速く読む練習をしない限り、読むスピードはいつまでたっても速くなりません。

一方、ネイティブの音声を聞きながら音読するのは、ネイティブのスピードに合わせる必要があります。

まのとも

ゆっくり読んでいたら音声についていけません。
めちゃくちゃ速く読まなければならないのです。

この練習を繰り返し行うことで、頭の中で音読しても、英文を速く読めるのです。

ネイティブの速さで音読できるということは、単語をひとつずつ見ているのではありません。

2~3語のかたまりや1つの英文を、まるごと一気に見て理解できるようになるのです。

日本語の文章を読むとき、サーっと見るだけで内容を理解できること、ありませんか?

この時、ずっと頭の中で音読しているわけではないですよね。

英語を読むときも一緒。

音読スピードが上がれば、頭の中で音読することなく、英文を読み進めることができるのです。

ポイントは、簡単な英文で練習すること。

内容がわかる英文なら、難しい文法や単語がないのでスラスラ音読できます。

目安としては、中学英語。

中学レベルの英文を音読することがおススメです。

かんたんな長文に慣れてから、少しずつ難しくしていくといいですよ。

Simple English Magic 81/シンプルイングリッシュ

音読スピードが上がらないのは単語力・文法力が足りないから

英文をスラスラ読むには、かんたんな英文を読むことが大切です。

長文読解の問題集にある英文などは難しいので、いきなり音読をしても効果が出ません。

中学レベルの英文を読むようにしましょう。

しかし、中学レベルの英文といっても、単語力や文法力が不足していると、読むのが難しいと感じることもあります。

その場合は、まず、中学レベルの単語と文法を勉強することをおススメします。

おすすめの単語帳は、速読英単語 中学版です。

こちらは、中学レベルの単語帳ですが、長文の中で覚える形式の単語帳です。

単語を勉強しながら、長文にも挑戦できる、一石二鳥の単語帳です。

単語だけでなく、長文の音声も無料でダウンロードできるので、リスニングしながら音読する「スピード音読」をすることが可能です。

中学版がかんたんと感じる場合は、ワンランクアップした入門編がおススメです。

英語を久しぶりに勉強する方や、英語に自信がない方は、まず中学版を終えてから入門編に入るといいでしょう。

かんたんなものから勉強する方が、成果が出やすいので挫折することなく勉強を続けることができます。

速読英単語を使っての勉強法は、

①まず長文を読む

②わからない単語をチェックして暗記する

③音声を聞いて正しい発音を確認する

④音読をする

⑤ネイティブの音声を聞きながら後を追うように音読する(テキストは見る)

この順番で勉強しましょう。

はじめは、ネイティブのスピードについていくのが難しいかもしれません。

その場合は、まず自分のペースで繰り返し音読しましょう。

何度も音読していると、スラスラつっかえずに読むことが出来るようになります。

そこまで出来るようになったら、ネイティブの音声に合わせて音読してみましょう。

きっと、ネイティブの音声にあわせて音読できるようになるはずです。

もし、速読英単語の長文を読んでみて、文法力が足りないと感じたら、文法をしっかり勉強することをおススメします。

使用するテキストは、「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」です。

基礎から学び直すには、最適なテキストです。

ムダな説明は一切ないので、必要なところだけをしっかり勉強することができます。

イラストが多めなので、イメージしやすいです。

「学校の授業で文法がぜんぜんわからなかった」という方は、ぜひ試してみてください。

こちらも音声が付いているので、ネイティブの正しい発音が確認できます。

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」を使っての勉強法は、

①説明を読む

②問題を解く

③英文の音声を聞く

④英文を音読する

この順番で勉強を進めましょう。

注意して欲しいのは、問題を解いて終了ではありません。

しっかり音読を繰り返して、スラスラ読めるようにすることが大切です。

短い英文なので、音読しやすいです。

暗記できるくらい何度も音読して、英語のパターンを覚えこんでしまいましょう。

時間を意識して長文を読むクセをつける

 

長文を読むとき、時間を意識していますか?

自分のペースでゆっくり読んでいたら、読解スピードはアップしません。

時間をはかって読むことが大切。

今の自分がどれくらいの速さで読めるのかチェックしましょう。

そして、現在のタイムよりもっと早く読めるよう、何度も挑戦します。

短距離走で、もっと速く走れるようトレーニングをするのと同じ要領ですね。

どこまでタイムを縮めることができるか、自分との勝負です!

ゲームをしているみたいで楽しくなります。

やればやるほど速く読めるようになるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

まとめ

alt="英字新聞画像"

今回は、英語長文を読むとき、「頭の中で音読するクセが直らなくて困っている」という方向けにアドバイスをさせて頂きました。

時間を意識して速く読む練習をすれば、音読するクセは解消されます。

頭の中で音読すること自体は、悪いことではありません。

単語ひとつずつ、ぶつ切りで読むのではなく、スラスラ読めるのであれば、気にする必要はないでしょう。

しかし、英文が速く読めない根本的な原因は、文法力不足、単語力不足にあります。

基礎力がない場合、速く読む練習をしても、なかなか上達しません。

基礎力をつけることは遠回りのようですが、結局は近道なのです。

「基礎力が足りない」と思ったら、中学レベルの文法から学び直すことをおススメします。

文法は短期間で勉強が終わります。

がんばった分、効果が出やすいので、やる気につながるでしょう。

大変なのは最初だけ。

できるようになれば、英語は楽しいですよ。

JJ ENGLISHエクササイズ