【主婦向け】英語の勉強は早朝にするのが最も効率的で効果が高い理由とは

こんにちは。英語講師のまのともです。

「毎日、忙しくて勉強する時間がない」とお悩みではありませんか?

勉強時間を確保するのは大変ですよね。

「仕事で忙しくて、帰りはいつも深夜」という社会人の方や、「子育てで忙しくて毎日くたくた。勉強どころではない」という主婦の方々がたくさんいます。

忙しいのは、みんな一緒です。

それなのに、英語の勉強を続けて、結果を出した人はたくさんいます。

生徒さん

いったい、いつ、どうやって勉強しているの?

まのとも

結果を出す人は朝型が多いのよ

夜型の勉強から朝型に切り替え、結果を出している人が続々と増えているのです。

今回は、「英語の勉強をしたいけれど時間が取れない」という社会人や主婦の方向けに、早朝時間を活用する勉強法をご紹介します。

英語の勉強は、夜よりも朝の方がメリットが多いです。

それどころか、夜型ではかえって不効率なことが多いのです。

いったい、どういうことなのか気になりますよね。

早速、はじめましょう!

英語長文が読めない理由とは

単語をたくさん覚えた

文法も勉強した

でも英語長文が読めない…。

なぜ、読めるようにならないのでしょうか?

くわしい理由はこちらをごらんください。

夜に無理して勉強するのは逆効果

忙しい社会人や主婦の方は、いつ勉強しているのでしょうか?

すきま時間を活用している人もいますが、夜に勉強している人がほとんどです。

しかし、夜は思うように勉強できないことが多いのではないでしょうか?

仕事や育児で疲れて勉強に集中できない

残業や飲み会が入って、勉強する時間が無くなってしまった

このように、「疲労感」や「急な予定」で、計画通りに勉強を進めるのが難しくなります。

疲れている体にムチをうって必死に勉強しても、頭に入ってきません。

「勉強がんばっている」という満足度は高くても、結果がついてこない。

成果が出ないと、しだいにやる気がなくなってきてしまいます。

努力・根性だけでは、英語は上達しないのです。

夜、思うように勉強出来ないのであれば、ムリをする必要はありません。

疲れた体では、朝起きれず、一日のパフォーマンスがガタ落ち。

かえって、逆効果になってしまいます。

優秀なビジネスマンは、朝型が多いです。

夜は早めに寝て、早朝の時間を有意義に過ごしている人がとても多いです。

まのとも

ある調査で、朝型の人の注目すべき結果が出ています。
詳しく見ていきましょう。

【100日間返金保証付き】JJENGLISHエクササイズ

朝型の人は夜型の人に比べて年収が多いという衝撃的な事実

ある調査によると、朝型の人の方が夜型の人より年収が高いという興味深い結果が出ています。

年収400万円未満では、朝型人間は3割程度であるにに対し、年収900万円では5割近くが朝型。

年収1400万では6割以上が朝型という結果が出ているのです。

貯金額の違いは、もっと露骨です。

貯金ほぼゼロ(100万円未満)は、朝型は2割で夜型が5割。

それに対し、貯金5000万円以上は、朝型が4割、夜型が2割と、朝型と夜型の比率が見事に逆転しています。

つまり、朝型の人は夜型の人に比べて、年収が多く、貯金額も多い」という傾向があるのです。

参照:プレジデントオンライン

また、有能な人ほど朝型が多いということも、有名な事実。

朝早くに起きて、ジョギングやウォーキングなどで体を鍛えたり、本や新聞を読んで情報収集するなど、時間の有効活用を欠かしません。

朝に英語の勉強をすると効率がいい理由

「早起きするのは苦手」という人も多いでしょう。

しかし、朝だけにあるメリットがたくさんあります。

活用しないともったいないですよね。

具体的にどのようなものがあるのかご紹介します。

自分だけの時間が確保できる

朝早い時間は、会社がまだ始まっていません。上司や取引先の人は、まだ寝ています。友人も同じですよね。

メールやラインの連絡がこないので、勉強に集中することができます。

また、家族も寝ているので、子どもにも邪魔されません。

聞こえるのは、新聞配達のバイクの音だけ。

本当に静かな時間を過ごすことができます。

おもしろい深夜番組がないので、テレビの誘惑もなし。

まのとも

スマホをいじってしまう可能性はありますが…。でも、せっかく早起きしたのだから、ムダに時間を過したくないですよね。

まとまった時間が取れるのは、思っている以上にうれしいです。

私も朝活をはじめたばかりのころは、「時間がこんなに貴重だなんて思わなかった」と感動しました。

まのとも

だれにも邪魔されない、自分だけの静かな時間。
ぜひ、味わってほしいです。

ものすごく集中できる

「夜あんなに頑張って勉強したのに、ぜんぜん進まなかった」という経験はありませんか?

夜は頭も疲れているので、集中して勉強できません。

効率がどうしても落ちてしまうのです。

眠くて我慢できない日は、思い切って寝てしまう方がいいです。

翌朝は疲れが取れているので、頭が冴えて勉強がはかどります。

朝は、一日のうちで、一番気力・体力が充実しています。

夜寝る前は疲れきっていても、ぐっすり寝れば夜のうちにエネルギーがチャージできています。

だからこそ、朝が一番元気

集中すれば、短い時間であっても勉強がかなりはかどります。

タイムリミットがある

朝の勉強時間には、タイムリミットがあります。

出社時間に間に合うように準備しなければなりません。

テキパキ勉強する必要があります。

主婦なら、子どもが起きてくるまでの時間が勉強タイム。

この時間しか勉強できないと思うと、気が引き締まり、ものすごい集中力が発揮できるのです。

まのとも

私がTOEICの勉強をしていた時は、朝4時に起きていました。子供が起きる6時半までの2時間半が勉強時間でしたよ。

TOEICは2時間の試験なので、本番と同じように時間を計って勉強したのです。

ものすごく集中するので、勉強を終えた後は、けっこうフラフラ(笑)

けれど、やりきった感がとてもあり、充実した時間を過ごすことが出来ました。

タイムリミットがあるからこそ集中できる

これは、朝型だからこその大きなメリットだと思います。

しかし、夜だと時間はエンドレスです。

いくらでも時間はあると思えば、気は緩みます(笑)

「ちょっと休憩してから勉強しよう」と思った瞬間に、スマホをいじっているということはありませんか?

お酒を飲みたくなったり、何か食べたくなったりと、夜は何かと誘惑が多いです。

私は、夜に勉強していた時は、お腹がすくので、お菓子をやたら食べていました。

当然ながら太ってしまい、体重がプラス3キロです。

飲み食いしたあとは、お腹がいっぱいで頭が働きません。

夜は誘惑が多いです…。

勉強がはかどるはずないですよね。

そこで夜の勉強は断念し、朝型に切り替えたのです。

その結果、ダイエットに成功し、体重は元に戻りました。

まのとも

朝からお菓子を食べようとは思いませんよね。
お酒も飲まないので、まったりしません。

誘惑のない朝が、勉強する環境が整っていると思います。

朝の英語学習を継続するコツとは

英語は、継続して勉強する必要があります。

せっかく朝型に切り替えても続けられなければ、結果は出ません。

続けるために、工夫することが大切です。

ここでは、朝型学習のコツをご紹介します。

勉強内容をあらかじめ決めておく。

勉強内容をあらかじめ決めておくと、勉強がスムーズに進みます。

前日の夜に、やることリストを作っておきましょう。

達成できたらリストにチェックを入れていきます。

全部チェック出来たら、達成感がものすごい。

気持ちが前向きになるので、仕事も家事もがんばれます。

一日が充実して過ごせるので、段取りは大切だと思います。

リストは、あれもこれも入れてしまうと達成できない可能性が出てきます。

目標を高くし過ぎると逆効果。

自信をなくし、やる気をなくしてしまうので注意が必要です。

机に向かうだけが勉強ではない

勉強というと、問題集をひたすら解くイメージがありますよね。

勉強は机に向かってするものと思いがちです。

しかし、机以外でもできる勉強は、たくさんあります。

まのとも

せっかく早く起きるのであれば、ウォーキングがオススメ。
朝のウォーキングは気持ちいいので、気分をリフレッシュすることができます。

体を動かすと脳が活性化し、気持ちが前向きになる効果があります、。

朝のウォーキングが習慣になれば、健康的で頭が冴える毎日を過ごすことが出来るでしょう。

ウォーキングしながらの勉強は、リスニングがオススメです。

リスニングは自分のレベルに合った内容を選ぶことが大切です。

難しすぎると出来ないので、やる気が失せるので注意しましょう。

読んでも意味が理解できない英文は、耳で聞いても理解できません。

読んで意味がわかる英文を選びましょう。

リスニングは英語教材だけでなく、英語の歌も勉強になります。

ぜひ、英語の勉強を楽しんでくださいね。

まとめ

今回は、朝に英語を勉強するメリットをご紹介しました。

忙しいと、まとまった時間が取れないと悩む人が多いです。

朝少し早く起きるだけで、時間が作れます。

朝は、誰にも邪魔されない静かな時間。

短時間でも集中力が違うので、結果をどんどん出すことが出来るでしょう。

朝型に切り替えれば、リズムが変わります。

ムリと思っていた目標が、自然に叶う方向に進んでいくから不思議です。

明日から、朝型に切り替えてみませんか?

いつもより、30分早起きするだけでもずいぶん違います。

きっと、明日は、充実した一日が遅れるはずですよ。

さいごに

「ネイティブの会話が聞き取れない」

「英語では言いたいことの半分も言えない」

「オンライン英会話がだんだん苦痛になってきた…」

あなたも、そう悩んでいませんか?

英語が話せない原因は、「話す練習が足りないから」と言われています。

だから、英会話教室やオンライン英会話が大人気。

入会者がどんどん増えています。

しかし、入会する人が増える一方で、退会者も増えているそう。

「結局英語が話せるようにはならなかった」と辞める人が後を絶たないのです。

話す練習をしているのに、なぜ話せるようにならないのでしょうか?

それは「機械的な丸暗記が原因」です。

高校受験・大学受験で、大量の英文を丸暗記した人が多いはず。

それなのに、英語が話せる人がほとんどいないのです。

英会話は、「自分の想いを英語で伝えること」です。

受験勉強で暗記した難しい文法や単語は、英語を「読む」ために必要なもの。

話すための言葉ではありません。

「嬉しい」「楽しい」「悲しい」「悔しい」そんな感情が1ミリも感じない受験英語を丸暗記しても、英語が口から出てきてはくれないのです。

話すために必要なのは、中学英語です。

中学レベルの英語を、長期記憶に落とし込むことが必要

「覚えた英文」と「感情」がつながることで、英文が口からスラスラ出てくるようになります。

具体的にどのように勉強をすれば、英語が話せるようになるのでしょうか?

詳しい勉強方法と、おススメの教材については、こちらの記事でご紹介しています。

学校では、英語の使い方を教えてくれません。

英語のルールを教わるだけなので、どうすれば使えるようになるのかわからないのです。

JJENGLISHエクササイズは、半年かけて基礎力をつけていきます(早い人の場合は2か月)。

具体的な勉強方法がわかるので、安心して迷いがなくなります。

先の見通しがつくと、やる気が出るので、英語の勉強がどんどん進みます。

半年後には、見違えるほどの英語力がついているはず。

自分の成長を楽しみに、充実した毎日を過ごしていきましょう!

JJ ENGLISHエクササイズ